本日の相場観

HOME  本日の相場観    バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
会員申し込みに関する問い合わせ 会員の申し込み及び案内
E-mail  info@ntl-pro.com    24時間 入金確認後即パスワード発行
月内途中入会可

日本トレンドライン
TEL  06−6352−0500    PM1:00〜PM6:00

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

     本日の相場観バックナンバー2003年7月分


2003年7月31日木曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
    
   731日(木)

 

730日 NYMEX

前日値

30.24

始値

30.20

高値

30.80

安値

30.00

終値

30.68

前日比

+0.44

731日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.70

高値

30.85

安値

30.65

(15:27)

30.80

(18:30)

30.65

30日のNY原油は続伸。米国石油在庫が発表され、ガソリン在庫が予想では110万バレル減となっていたところが330万バレル減と大幅に減少していたことが買い材料。また、OPECのアティーヤ議長は31日の総会で原油生産枠を変更する必要はないとのコメント、しかし、9月の総会では減産する可能性があると示唆したことと、ガソリン在庫が減少し、今後原油にも影響が出てくると素直に判断された様子。EIA週間在庫報告では原油27730万バレルの前週比100万バレル増、ガソリン2450万バレルの同330万バレル減、ヒーティングオイル4200万バレルの同130万バレル増。APIでは原油276567000バレルの同434000バレル減、ガソリン2631万バレルの同2065000減、軽質燃料115703000バレルの1902000バレル増と発表された。

国内は海外高を受け、大幅続伸。数日間閑散としていた相場も活気づき、出来高も増加した上、灯油主導での上昇相場になった。灯油は一時ストップ高の20円手前まで買われた。ガソリンは長い間26000円台で推移し、方向感がなかったがここに来て27000円台を突破。現在おかめザヤとなっている。原油の前場は様子見ムードが強かったが、製品高につられて上昇し、引けにかけては上げ幅を拡大しての高値引けで取引終了。

 本日は久しぶりに弾んだ相場でした。ガソリン在庫減少が買い材料となって買われた米国に素直に反応しました。ただ、国内のガソリン消費は伸びていません。厳冬の見通しで買われた灯油も本当に厳冬になるのかどうか、まだ予報もされていない状態です。明日から8月相場に入りますが、灯油に関して、今年は予想が1ヶ月ほど先回りしすぎているように思います。昨日、私自身今年は灯油に注目したいと書きました。これは9月中旬からのつもりでしたが、そんなに日柄が必要じゃなさそうです。早い時期から長期間に亘って灯油のトレードが楽しめそうです。

 さて、本日は今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚計算)を記載しました。もちろん7月中の未決済の建玉分はありますが、下記の表には含んでいません。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000



6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 買い方針!ビンゴ!でした。・・・  ちょっと下品でした。失礼しました。

しかし、久しぶりに熱かったですね相場は・・・ デイトレードも今日はガソリンだけでしたが、久しぶりにリミットいっぱいで勝利、7月は、相場が動かず、マイナスでしたが、今日でデイトレードトータル¥36000−プラスで、かろうじてプラスで終わりました。今月はある意味ウンザリしてましたが、やれやれですとりあえず。来月のデイトレードに期待しましょう。

プログラム室の報告での1〜7月の集計は今年も好調ですね、全商品プログラムで914万上がっているらしいですよ。

さてそろそろ本日の値動きに行きましょう。

 寄り付き、ガソリン先、NYの高騰からか、前日比220円高からのスタート。チャート(5分足)では、上に窓明けのスタートから2時近くまで上昇トレンドで角度キープ。その後は横ばいもみ合いで、最後は高値近辺で引けました。デイトレードはリミットいっぱい取りで勝利、最高でした。

 灯油の方は昨日、一昨日強い線が出ておりましたが、ガンガン来たって感じでした。先つなぎの日足チャートからは下降トレンドにはしばかれず、ぶちぬいた格好です。今後のプログラムの判断はいかに?

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、390円レンジ、+560円、370円レンジ+640円、170円レンジ +410円。昨日、今夜のNYと明日の値動きに注目したいっていいましたけど、大注目でした。

Cチャート、全商品、新規サイン有り。灯油手仕舞いサイン出てます。他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン、リミットいっぱい勝ち。
                 明日は、久々灯油含め、全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 本日で現ポジション含み益全プラス。上がったもんはいつかは下がる理屈です。引き続き、辺神経質に考えたいと思います。あくまでもポジションバランスは正確に再確認してください。

引き続きプログラム検証中


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



                   本日のコラム


 今日で、7月は終わりでした。涼しい日が続きますが、今日の石油相場は、熱かったですね、買ってる人にとっては。

ドーンと一発花火状態でないことを祈りますが、日本トレンドラインのプログラム全商品全プログラム合わせて、持ち玉では、今日の1日当たりの値動きで、含み益合わせて、今日だけで、¥756、000−
デイトレードで¥36、000−もプラスに動きました。最近は動きの静かな超退屈な相場が続いていただけに、久しぶりに熱かったですね、まだこれからわかりませんけどね。

反面また、売ってた方は、気の毒だったですね、チャートや逆張りや季節相場では、売りっぽかったですもんね。

今年の日本トレンドラインもおかげさまで好調です。7月こそ、不調なものの、7ヶ月で決済済みは、全商品全プログラム1枚ずつで¥9、145、000ー上がってます。すごいですね。このまま行きたいもんですね年末まで。

まあまあ今日は良い月末でした。


話は変わりますけれど、私はラッキョウが嫌いです。   ・・・話が変わりすぎですね。

カレーを食べるときなど、横にいつも付いてくるか、ビンに入れて横においてあります。

嫌いなものなど絶対に口にしない人が大半の中、私はちょっと変わってまして、お店が変わるたび毎回、必ず一粒食べてみるのです。そして味を確かめ、やっぱり口に合わないことを、再確認します。

気持ちの中では、このラッキョウはひょっとしたら、おいしいのでは?とか期待してしまうのですが、あのどうも甘酸っぱい酢の味と、ラッキョウ独特の変な匂いが口に合いません。

多分この調子で、一生おいしいラッキョウを探して、探しているわけじゃないですけれども、一粒づつ食べ続けるのでしょう。

多分あの甘酢が駄目かもしれません。塩コショウでラッキョウをごま油で炒めたらおいしいかも?今度いえでやってみようかな。ラッキョウの生なんか売ってるのでしょうか?なんか買うのもったいない気がするのですが。

 何を言いたいかと申しますと、物事は何でも食わず嫌いはだめ、かじりかけ嫌いはもっと駄目、ちゃんと噛み締めて判断したい。ということを、私は常々思っているのですが、どうでしょうか?

      そしたら本物もいつか見つかりますよ!

 
 しかし、毎日コラムを書くっていうのは大変な事ですね、出てこないですよ普通は。なんとか曲がりなりにも毎日書かしていただいてるのも、内容の良い悪い別として、僕の才能かな、なんて思ってしまう時があるのですが。

しかし、漢字の間違いが多いでしょう。言い訳になりますけれど、スケジュールパンパンなんですよ、それであわててキーボードたたいて、変換して、これがまた気の効かない変換機能で、間違いをおしえてくれりゃいいのにね。それで、更新時間に間に合うように、頑張って書いているのですけれど、他の追われている仕事もあるし、集計や問い合わせメールの対応などが入っている時なんかは、特に「今日は、コラム休んじゃおうッかな」なんて思うのですが、「いかんいかん、これでは楽しみに読んでくれている方に申し訳ない」なんて思いながら、頑張って書いてます。

でも、書いている時は、必ず、心を込めて書くように心掛けてますので、どうぞこれからも、本日のコラム、よろしくお願いしますね。

「だから、漢字を間違えてても、ゆるしてね!」すごい言い訳でしょ・・・また明日


                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年7月30日水曜日19:15更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
    
    730日(水)

 

729日 NYMEX

前日値

30.11

始値

30.10

高値

30.40

安値

29.76

終値

30.24

前日比

+0.13

730日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.20

高値

30.23

安値

30.13

(15:30)

30.20

(19:00)

30.16

29日のNY原油は小幅に反発。米国原油在庫統計発表とOPEC総会直前で様子見ムードの強い中、イラク原油生産の回復が弱材料とされ、売られる場面が見られた。しかし、30ドルを割ったところでは買い戻しが入り、根強く30ドル台を維持している。これは、31日のOPEC総会では生産枠を日量2540万バレルで据え置かれるという大方の予想からの動きと思える。イラク原油に関しては、現在日量100万バレルまでは回復している。しかし、戦前の同170万バレルまで回復するのは年内には不可能という予想が圧倒的で、年末時点で130万バレルほどまでとされている。

国内は全体的に上昇、ガソリンは当番月が堅調に推移していることで期先にも買い安心が広がり上昇。灯油は続伸、ここに来て厳冬を想定しての見直しが入り、期先中心に買われた模様。原油は12月限と期先1月限で、出来高が2分割されて値動きに寂しい感じがしたが、全月で続伸した。

本日はガソリンの出来高と比較すれば、灯油は出来高が多めでよく買われた感じがします。長期的な予想気温情報は発表されていませんが、市場では厳冬を想定して、需給面での見直しがされた感じです。ガソリンは長梅雨と低気温の日が続いているため、消費が伸びていません。無論、8月は一年間での最需要期になりますが、今後国内のガソリン在庫は増加する見込みです。原油は海外に素直な感じです。現在の原油価格に対してガソリン、灯油価格はつり合ってはいます。現在、ガソリンは期近ベース、灯油は期先ベースで推移していますが、灯油も9月の下旬辺りには期近ベースに変化してくると思われます。今年後半から来年3月くらいまでは灯油が例年以上に面白い相場を演出してくれそうです。ガソリンがメインでお取引されている方も、今年後半からは少し灯油に目を向けてみてはいかがでしょう。本当は原油を取り入れて、3商品でバランス良くお取引されるのが理想だとは思いますが・・・。

 
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 昨日灯油は強い線が出ておりました。本日も引き続きプログラムは一部を除き買い方針で来てはおりますが、本日の東京はどうだったでしょうか?

 寄り付き、ガソリン先、若干プラスの+80円からのスタート。チャート(5分足)では、昨日の10:15をそこに、角度をキープしながらの緩やかな上昇トレンドでした。昨日の総合的な見方は横ばいでしたが、トレンドを作っていたようです。最後引け前5分からはぶっちぎりの上がり方で、100円ほど上げて、終値は+260円とレンジは狭いながらも、デイトレードには、最高でした。

 灯油は昨日強い線が出ておりましたが、今日の値動きは、+10円変わらず近辺から、一方的に上げ、後場、多少も見合ったものの、結果的に、安値寄り付き、高値引けと、日足チャートは上下髭無しの大陽線で終わっております。本日もかなり強い線ですが、先つなぎの日足チャートからは下降トレンドに、しばかれる恐れありと見ますが、プログラムは、どう判断するでしょうか?

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、210円レンジ、+260円、250円レンジ+260円、90円レンジ +130円。今夜のNYと明日の値動きに注目したいです。

Cチャート、ガソリン、新規サイン有り。ガソリン、灯油手仕舞いサイン出てます。他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート ガソリン、再転換、他ポジション現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン、勝ち、原油は未約定で。
                 明日は、ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 本日で現ポジション含み益も大分良くなって来ています。引き続き、辺神経質に考えたいと思います。もう一段の動きが出て、相場に動きが出てくれば、面白くなってくると思います。ポジションバランスは正確に再確認してください


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン、手仕舞いサイン共有り、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ  
灯油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
手仕舞いサイン有り、現ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
サイン無し、現ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                  「心と体に栄養を」

 昨日は早くに眠ってしまいました。

眠るつもりはなかったのですが、食事を終えて、横になり、心地よい眠気が襲ってきました。風呂も入らなければいけないし、歯も磨かなければいけないし、と思いながら、眠気に負けて眠ってしまいました。

人間、眠るというのは、充電しているのでしょうか?良く眠った次の日は、何だか爽やかで元気になったような気がします。夜眠り、充電して、昼間仕事で放電する。そんな感じなんでしょうか。体力的、健康的にも充分睡眠は取った方が健康的ですね。

しかし、心の充電も大切です。皆さん私も含めて、「明日も仕事で朝が早いので早く寝なければ、」とか思いませんか日頃から。それと同じで心もエネルギーを欲しがっています。特に仕事仕事、家庭家庭、ストレスストレス、で、くたくたの方は、心はもっとくたくたです。自分自身でエネルギーを与えてあげなければなりません。旅行に行ってリフレッシュするとか、スポーツや趣味に没頭するとか、自分自身に、ごほうびや、プレゼントなんかも良いですね。休みを取ったり、時間を割いたり、お金の掛かる事ですけれど、心も体もベストコンディションにするには、とても大切な事です。

これは、私の心掛けのひとつなのですが、自分が自分自身の体を使わせてもらっていると思えば、自分の持ち物の中で当然一番大事なものですから、心も体も健康にしてあげなければ、かわいそうじゃないですか、過労死する人なんか、私から思えば考えられないんですけど。その人なりに事情はお有りでしょうけれど、やはり、いかなる事情があろうと、自分を可愛がってあげる事が、自分自信の義務だと思います。

 「だから遊びまわっても、ゆるしてね
!」   すごい理屈でしょ・・・また明日
                 
                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年7月29日火曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
    
    729日(火)

 

728日 NYMEX

前日値

30.17

始値

29.97

高値

30.35

安値

29.60

終値

30.11

前日比

-0.06

729日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.10

高値

30.10

安値

29.86

(15:30)

30.06

(18:05)

29.86

28日のNY原油は小幅続落。今月末のOPEC総会では現状維持になるとの予想から、材料視されていない感じ。しかし、イラクの原油輸出量が100万バレルを上回る水準に回復するとの見込みから弱含みした。また、米国の原油在庫の事前予想は、原油100万バレル増、ガソリン120万バレル減となっていることも売り材料とされた模様。ただ、未だ大きく相場を動かすような材料は見当たらないまま、出来高を減少気味になっている。

国内は全体的に閑散とした相場が続いている。米国が長い間30ドル近辺を行きかいしていることで、30ドル以上も以下も材料としては薄れてきた感じ。本日、ガソリンはマチマチ、灯油は期近以外で上昇、原油は1月限が発会され、全月で小幅に上昇となった。ガソリンに関しては、626日から26000円台が続いており、投資意欲が欠ける状態で出来高も国内外ともに減少気味である。

しばらく寂しい相場が続いています。私自身は今後発会されるガソリン34月限が発会後、買いからなのか、売りからなのかということをよく考えています。ガソリンは基本的に逆サヤですが、期近と期先との差が2000円を割っている限り、新規買いの意欲が湧かないという声も市場では聞かれていました。しかし、本日、2月限発会後初めて僅かではあるが、2000円以上の差が開きました。サヤが成長すればするほど、34月限は買われ易くなります。また、灯油は年内10月下旬から11月中旬までと年始1月中旬から2回のサヤの大きな調整があると思っています。これは実際冬の直前と冬の中盤から後半に差し掛かる時期が特に変動が大きいというデータから想定しています。面白いのは冬の後半です。意外に灯油の需要期が長く、意外にガソリンの需要期が先にあるのに、灯油売りのガソリン買いを各商社の営業マンさんに勧められて実際取引されている方が多いのです。毎年そうなるのなら、私もその時期しか先物を触りません。予想を覆すことが度々あるから面白いと言える様な気がします。気が早いかもしれませんが、先を予測するのが先物です。皆さんも現地点から半年後の値段を想定して半年後に実際に照らし合わせてみてはどうでしょう。理由は後からついて来るということがよくわかるかも知れません。


    


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 本日も連日に続き、動きが悪い相場でしたが、灯油が強い線が出始めました。値動きはどうだったでしょうか?

 本日は原油シンポの1月限が発会でした。

 寄り付き、ガソリン先、若干プラスの+30円からのスタート。チャート(5分足)では、ゆっくりで大きな上下の中、まったく横ばい状態、終値は±0で昨日より変わらず。日足チャートは十字型上に70円下に70円と、目面しい格好になりましたが上に2回下は2回でした。このような時は売りに転換するケースがよくあるのですが、プログラムの判断は?

 灯油は前日比変わらずからのスタートでチャート(5分足)では、綺麗な上昇トレンドで最後は高値引けでした。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油12月限の順で140円レンジ、±0円、240円レンジ+190円、90円レンジ +20円と灯油がしっかりいってはいますが、やはり全体ではパフォーマンス不足です。かなり日柄がかかってます。

Cチャート、新規サイン原油。手仕舞いサインは、ガソリン、出てます。他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン、原油、共、またまた動きがわるいため為、小額負け。
                 明日は、ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 本日もまたまたこんな感じで、いらいらしている人も多いかと思います。しかし動き出すときは、急激に来たりすることもありますので、その辺神経質に考えたいと思います。レンジの狭さからの、利益も少なさ、損金の小額も相場に動きが出てくれば、解消できると思います。ポジションバランスは正確に再確認してください


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
プログラムによっては
売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン無し、手仕舞いサイン有り、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ  
灯油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
サイン無し、現ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン有り、手仕舞いサイン無し、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                  「人生は巡りあわせ」


 昨日はプロのサッカー選手と喋ってました。その中でのお話をしようと思います。

彼が言うには、「この世界(サッカー界)人との巡り合いが一番重要」という様なことを言っておりました。
「いくら可能性や生まれ持った才能があっても、めぐり合わせによっては(教える力の無い指導者や、いじめをやるような先輩、不良仲間、チームなど)同じ時間同じように努力をしても、結果は月とスッポン、良くも悪くも伸びるもつぶれるもある。」ということです。

それは、私も同感です。同じような感覚をもっています。ただプロスポーツの場合は少年時代からの積み重ねと、年齢的に期間が限定されているので、特に巡り合わせなどは、宝くじのように、当てもん状態でしょうね、普通の家庭の子供は。

人生そのものも、同じような事が言えます。出会うのは、人に限らず、スポーツや遊びや学問や音楽、演劇、映画など、物や車など、良いものや、ためになるものに対して、自分を駄目にするものや、ためにならないものがあります。

大人になって、自分の判断で行動するようになれば、心がけ次第では、色んなものに出会えるし、自分自身どんどんと向上していきます。また、その可能性は、無限大に力を発揮します。しかし反面、悪い遊びや薬に手を出したり、悪い人間とつるんだるしたら、落ちる可能性も無限大です。

恋愛や結婚なんか、特にそうですよね。くだらない相手と過ごすと、自分自身くだらなくなりますし、人生も台無しでしょう。また、その前に、自分自身がくだらない人間にならないよう、心がける必要があります。

人生やはり何度も言うようですけれど、すべて心掛けなんでしょうね。

皆様に、「山本と出会って、また、日本トレンドラインに出会って、良かった。人生が変わった。」って思ってもらえるよう、これからも頑張っていきます。



   
                 
                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年7月28日月曜日19:15更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
    728日(月)

 

725日 NYMEX

前日値

30.22

始値

30.21

高値

30.45

安値

29.91

終値

30.17

前日比

-0.05

728日 夜間取引

(日本時間)

始値

29.97

高値

30.02

安値

29.80

(15:30)

29.97

(18:05)

29.80

25日のNY原油はほぼ動かずで取引終了。上値、下値双方を試したような相場でした。今月末に開かれるOPEC総会では生産枠、生産量ともに現状維持と予想されており、大きな動きはなさそうです。ただ、次回のOPEC総会がどういった内容の会合になるかが焦点になり、今回の総会の中で次回に対して非加盟国が何らかの提案をしてくるかどうか、また現在の生産枠に対しての各産出国のコメントが今後の方向性を決めてくると思われます。

国内相場は海外安に加え、夜間取引が続落していたことで、軟調な動きだった。ガソリンは期近3月限が上昇、期先3月限が下落。灯油、原油は全面安となった。月末にOPEC総会を控えていることから全体的に様子見ムードが強く、新規材料も不足気味で上にも下にも仕掛けにくい状態が続いている感じがします。

 世界的に原油の供給不安は拭ぐいきれないものの、国内は冷夏もあってか消費が伸び悩んでいるのが実情です。この状態で冬に対して、暖冬予報が出ると、需給面では緩和すると予想されて上値が重たくなってきそうです。昨年は暖冬予想がはずれたことで灯油の在庫調整のために値動きが荒っぽい相場になりました。そのため、今年は各社ともに慎重な動きと予想され、序盤での冬の気温予想で厳冬とでも予想されない限り、今のレンジ内では大胆に買ってくることはないと思われます。現在夜間取引では30ドルを割って推移しています。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 週のスタートが始まりました。動きが悪い状態が続いていますが、今日の値動きはどうでしたでしょうか。

 本日寄り付き、ガソリン先、-60円からのスタート。チャート(5分足)では、先週末に引き続き一日中のゆっくりな上下の中、まったく横ばい状態で、トレンドは描いていないように、私の目には見えますが、どうでしょうか?
最終終値は結局-80とほとんど始値とかわらず、パフォーマンスの弱さが感じられました。日足チャートは小さい陰線に髭が上に40円下に60円って格好です。

 前日比とレンジはガソリン、灯油、原油各先の順で120円レンジ、−80円、150円レンジ−120円、90円レンジ −160円と本日もレンジが狭いです。動き出すのはいつか?多少日柄がかかるかもわかりません。

Cチャート、新規サイン無し。手仕舞いサインガソリン原油出てます。他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート ガソリン転換なりました。ドテン仕込済、ここのところの、連続転換、しばし辛抱。
       
デイトレード本日は、ガソリン、原油、ほとんど動き無しの為、小額負け。
                 明日は、ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 本日もこんな感じ、ここ直近、当日当たりのレンジの狭さから、利益も少ないし、負けも小額という状態が続いています。相場に動きが出てくれば、解消できるでしょうが、しばし辛抱。本格的に動いてくると面白いのですが、しばらく日柄がかかるかもわかりません。ポジションバランスは正確に再確認してください

  レンジが狭く、動きの鈍い退屈な相場が続きますが、トレンドが出来てくれば解消できると思います。
  連日の微妙なライン、今ひとつバランス維持を心がけて下さい。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
プログラムによっては
売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン無し、手仕舞いサイン有り、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ  
灯油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
サイン無し、現ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン無し、手仕舞いサイン有り、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ



                   本日のコラム


 この土曜日に私、山本のページを設けていただきました。相場に関するお話の総集編ということなのですが、相場観などは、個々に違いが有りますので、ご自分の感覚とちょっと違う方なんかは、しっくり来ない人もいるかもわかりません。そういう方も参考程度に見てくださいね。

 さて、夏真っ盛りとまでは、いかない涼しい気候ですが、昨日は2週間ぶりにウエイクボードに行ってまいりました。 ここにきて、昨日は今までになく良い天気で、風もほとんど無く、水面は一日中凪状態で、ベストコンディションで、幸せに思いました。

 ウエイクボードは最近でこそメジャーになってきましたが、どういうスポーツかと申しますと、水上スキーのスキー板の代わりに一枚板で水面を走るもので、モーターボートにロープを付け引っ張ってもらい、その船の引き波で、ジャンプしたり回転したり、技を競うものです。

滑るぐらいは、誰でも出来ますが、そこから、思うように操ったり技を習得するまでは、けっこう研究と練習で、根気が要るものです。ひとつの技をクリアーするまでは、何度も練習します。何回こけても顔からこけて痛い目にあっても、出来るまで追求します。野球もゴルフのそうですよね、プロ野球選手でアウトコースのカーブが打つのが苦手でしたら、それを何百回もその玉を練習して、打てるようになります。ゴルフなどは、狙いどおりに飛ぶようになるまでは、かなりの忍耐が必要でしょう。そして極めたものが、プロということで、活躍できるのでしょう。プロになってからも、それをやりつづけると言うことでは、かなりの忍耐はいることうでしょうけど。

相場の世界でも「追求」、「忍耐」が必要です。極めなければ負けてしまいますから、そして大事なお金がなくなってしまいますからね。

相場もスポーツも人生にとって色んな事を勉強させてもらえます。

これからも新しい事にどんどんチャレンジしてみたいと思います。

   
                 
                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年7月25日金曜日18:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
    7月25日(金)

 

7月24日 NYMEX

前日値

29.67

始値

29.72

高値

30.25

安値

29.40

終値

30.22

前日比

+0.55

7月25日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.21

高値

30.38

安値

30.07

(15:30)

30.18

(17:48)

30.07

24日のNY原油は続伸。23日、30ドル台を試みて乗せられなかったが、昨晩は戻り場面で30ドル台回復。引き続き、前回の在庫統計が材料視された様子。ただ、回復の見通しがつかないことで買い材料として挙げられていたイラク産原油に関しては、ここにきて売り材料に一転。生産量が日量130万バレルまで回復しており、国際石油資本以外にも長期契約が進んでいるため、今後、米国原油在庫統計にも反映されてくると思われる。

 国内相場は続伸となった海外を受けて上昇。買戻しが先行し、高寄りして始まった。ただ、後場からは新規材料に欠け、週末前もあって閑散とした相場になった。期先ベースで見ると、ガソリンの上値が重く感じられる。これは、ドライブシーズンを見越しての買いが集まった後、予想よりガソリンの消費が伸び悩んでいることが圧迫要因となっていると思われる。今後、海外が30ドル近辺で推移し続けた場合、国内相場は海外値段よりも国内のガソリン消費量が新規材料として注目されてくると思われる。

 再び30ドル台を回復した海外に順応した国内相場でした。約1ヶ月弱の間、ガソリンは期先26000円台で推移しており、灯油、原油も1ヶ月間で約300400円ほどしか変化がありません。月末のOPEC総会も生産枠据え置きで織り込まれているため、大きな変化はなさそうです。また28日には原油7月限が納会日を迎えており、期近ベースで動いている原油相場には注目点ではあるが、ここ数日ポジション整理らしい動きが見られなかったことから、平穏納会と予想されています。

 本格的な暑さを感じられない7月です。心持、蝉の声もおとなしい気がするところは、今年の夏相場に似ている気がします。ただ、気候は冷夏であっても、相場はそうは続かないと思っています。 では、良い週末をお過ごし下さい。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 直近連日レンジが狭く、動きが悪い状態が続いてはいますが、プログラムは買い方針で来ています。本日の値動きは、いかに。
 本日寄り付き、ガソリン先、+150円からのスタート。チャート(5分足)では、一日中のゆっくりな上下の中、トレンドは緩やかな上昇トレンド。終値は結局+210と多少は上げました。灯油、原油共堅調です。日足チャートは小さい陽線。

 前日比とレンジはガソリン、灯油、原油各先の順で170円レンジ、+210円、250円レンジ+320円、140円レンジ +330円と本日もレンジが狭いです。ガソリンよりは灯油、原油が強い線が出ていますが、プログラムの判断は?

Cチャート、ガソリン、原油に新規サイン出ております、手仕舞いサインもガソリン原油です。他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート プログラムは、またまた転換です。こういう動きは、しばし辛抱。
       
デイトレード本日は、原油、未約定で休みでした。
                 来週月曜日は、ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

       ここ直近、当日当たりのレンジの狭さから、利益も少ないし、負けも小額という状態が続いています。
       相場に動きが出てくれば、解消できるでしょうが、しばし辛抱。

プログラムは買い方針で来ました。週末、上がりましたが、まだ鈍さが残っています。本格的に動いてくると面白いのですが、しばらく日柄がかかるかもわかりません。ポジションバランスは正確に再確認してください

  レンジが狭く、動きの鈍い退屈な相場が続きますが、トレンドが出来てくれば解消できると思います。
  連日の微妙なライン、今ひとつバランス維持を心がけて下さい。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   良い週末を
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞いサイン有り、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ  
灯油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
サイン無し、現ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞いサイン有り、他ポジションは現状維持 
                        タイミングは会員ページ



                   本日のコラム


 週末がやってきました。今週は大変忙しい週でした。仕事もプライベートも予定がパンパン、とても充実した一週間だったような気がしました。
 また、現在製作中の外国為替攻略プログラムの方も、順調に仕上がっております。今年に入っても、85%を超える勝率と、かなりの利益が出ております。間もなく完成、公開間近です。

この日曜日は、晴れるみたいなので、ウエイクボードに行って、またリフレッシュしてきます。皆様も良い週末をお過ごし下さい。一週間お疲れ様でした。

            
          今日は、大阪では天神祭りです。花火が綺麗でしょうねっ
   
                   また来週


                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会
2003年7月24日木曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月24日(木)

 

7月23日 NYMEX

前日値

29.49

始値

29.47

高値

29.83

安値

29.17

終値

29.67

前日比

+0.18

7月24日 夜間取引

(日本時間)

始値

29.72

高値

29.84

安値

29.71

(15:30)

29.73

(18:31)

29.75

23日のNY原油は小幅ながら反発、30ドル割れしたことで心理的に弱気な面と在庫統計で減少となったことで強気な面とが交錯した様子。最終的には在庫統計での減少報告が勝った感じ。ただ、イラクが国際石油資本(メジャー)と原油輸出の長期契約を結んだことと、ほかの石油会社とも契約交渉が進められているという報を受け、上げ幅は限定された。週間在庫統計はEIAが原油230万バレル減、ガソリン160万バレル減、APIでは原油65.5万バレル減、ガソリン110.3万バレル減と発表された。

国内はガソリンが3日続落となった。例年のこの時期と比較すると国内のガソリン消費量が減っていることから現物ガソリン価格が引き下げられる可能性が出てきたため、新規買いに乏しい1日だった。また、行楽ドライブシーズンを迎える限月が伸び悩んでいることも圧迫要因となっている。灯油は期近安の期先高、12月限以降が逆サヤとなっているため、売り手も慎重で積極的には売れない様子が窺えた。原油は期近高の期先安、来週28日に納会日を迎え、明日はポジション整理やサヤ修正が見られるのではという声が多く聞かれた。

国内は様子見ムードが強い1日で終わりました。在庫統計では事前予想より減少幅が大きかったが、国内のガソリン消費が減っているため、新規ではどちらも仕掛けにくい状態でした。灯油は未だに東北、北海道といったところでは需要があり、そのまま全国的に在庫の準備が始まることが予想されます。今後ガソリンは期近ベース、灯油は期先ベースで動いてくることが予想されます。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 直近連日レンジが狭く、もみ合いの状態が続いてはいますが、本日の値動きも静かで、出来高もかなり少なかった模様です。
 本日寄り付き、ガソリン先、前日比変わらず近辺-30円からのスタート。チャート(5分足)では、14:30近辺までは、緩やかな下降トレンド、その後角度が急になり、最後は結局前日比-140円でどどまりました。出来高も少なくレンジも狭いですが、日足チャートは陰線です。

 前日比とレンジはガソリン、灯油、原油各先の順で180円レンジ、−120円、150円レンジ+70円、70円レンジ −80円と本日もレンジが狭く出来高減少でもみ合い状態。脱出できるまでは、少し時間がかかりそうとの予想です。

Cチャート、灯油に新規サイン出ております、手仕舞いサインは無しで、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 全商品、現状維持、タイミング会員ページ。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持、
       
       

デイトレード本日は、ガソリン、原油、小額負け。
                 明日は、原油のみ、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持
       ここ直近、当日当たりのレンジの狭さから、利益も少ないし、負けも小額という状態が続いています。
       相場に動きが出てくれば、解消できるでしょうが、しばし辛抱。

  レンジが狭く、動きの鈍い退屈な相場が続きますが、トレンドが出来てくれば解消できると思います。
  連日の微妙なライン、今ひとつバランス維持を心がけて下さい。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
プログラムによっては
一部売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
サイン無し、現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、サイン有り、現ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ
原油 買い
プログラムによっては
一部売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
サイン無し、現ポジション、現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム


 強い志で何かに打ち込むというのは大変難しい事です。しかし、目標があればこそ、そういう不思議な力もわいてきます。逆に目標も、望みも無かったり、最初から「自分には無理」などのあきらめモードに入っている人は、強い志などというものは、あるわけが無いでしょう。

 ダイエットや美容などもそういうことです。恋をすれば綺麗になるという事がありますが、逆に恋に破れて、前向きに考える人なんかは、もっとパワーを発揮します。目標や望むものが出来るのでしょう。「絶対見返してやる。絶対後悔させてやる」じゃないですけれども、「振り向かせたい、自分を良く見せたい、好きにならせたい」という気持ちが、強い信念となって、行動させます。

また、矢沢永吉のように、幼少時代、かなりの貧しい暮らしの中で、「絶対ビッグになってやる」「金持ちになってキャデラックを乗り回してやる」などの強いハングリー精神から、強い信念となって、行動させました。

人間、強い夢と希望があれば、それなりに行動に移れるものです。勉強したり、色んな事を身に付けたり、遊びたいのを遊ばなかったり、朝眠たいのを早起きしたり、寝る間も惜しんで働いて資金を貯めたり、それは辛い事でもなく、我慢するようなものでもなく、夢に向かっての工程ですから。


        いくつになっても、少年の心で夢を追いかけていたいものです。


                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月23日水曜日19:10更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
    7月23日(水)

 

7月22日 NYMEX

前日値

31.78

始値

31.72

高値

31.73

安値

29.70

終値

30.19

前日比

-1.59

7月23日 夜間取引

(日本時間)

始値

29.47

高値

29.74

安値

29.36

(15:30)

29.71

(19:00)

29.41

22日のNY原油は8月限が納会日で手仕舞い売りが殺到し、大幅安となった。また、期近の限月が変わったことでチャート的にも買い方には好ましくない形を描いてしまいテクニカル的にも売られた模様。 フセイン大統領の息子二人が死亡したと報道されたことも、今後のイラク原油生産能力の回復の面で相場的には弱材料となった。しかし、大幅に急落したことで戻り場面が期待されることと、明日に発表される米国在庫統計を前に事前予想として、原油130万バレル減とされていることから、夜間取引では戻りの方向で推移している。

国内相場は海外安を受けて下落となった。ただ、NYMEXでの急落の原因の全てが需給面というわけではなかっただけに市場予想寄り付き価格(前日比−610)よりも高く始まった。単に数学的に計算される予想価格より高く寄り付いたことから、今後一方的に下げる展開を否定した上に、夜間取引で少し戻されていたことで後場からは買い戻された。

 海外が大きく下げたわりには、国内は冷静な動きとなった感じです。海外が今後戻り場面を作らずに下落することになれば、国内相場は大慌てとなるでしょうが、ここ1,2年は海外の動きを一手も二手も読んでいるのが国内相場の特徴の1つです。今回もその予想による動きとなりました。明日の在庫統計発表と月末のOPEC総会が注目です。

6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 本日寄り付きは大きく下げて始まりました。プログラムは買い方針で来ておりますが、この下げはどう判断するでしょうか。
 本日ガソリン、前日比−440と大きく下げからのスタートです。チャート(5分足)では、ぽっかり下に窓を開け、場中値動きは緩やかな一直線の上昇トレンドで、最後まで角度はキープしたものの、始まり値よりは、160円しか戻しませんでした。日足ベースでは、一応下からの陽線でおわってます。デイトレードガソリン原油には、よい動きで、2商品共勝利。

 前日比とレンジはガソリン、灯油、原油各先の順で290円レンジ、−280円、250円レンジ−260円、180円レンジ −270円と動きは少ないものの前日比はマイナス相場でした。

Cチャート、ガソリン、灯油新規サイン有り、ガソリン手仕舞い、各サイン有り、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 灯油が転換です。他ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日はまたまた転換でした。ドテン仕込済み。ここ直近、細かく転換しています
       
       

デイトレード本日は、ガソリン、原油、勝利。
                 明日もガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  微妙なラインに付き、各商品各プログラムも微妙なサインの出方です。今ひとつバランス維持を心がけて下さい。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
プログラムによっては
一部売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い各サイン有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い各サイン共有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ
原油 買い
プログラムによっては
一部売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                「人間心理と相場の関係」7、実践実行、強い信念、自制心

 人間心理とは、面白いもので、特に固定観念なるものは、良くも悪くもなかなかいったん頭で思い込んだものは、修正できないのが常です。思い続けている期間が長ければ長いほど、頭も頑固になって生きます。正しい情報やノウハウは思い込んでいて正解なのですが、間違った情報やノウハウを思い込んで、固定観念になり、やがて修正出来なくなることが、一番厄介だと考えます。

 例えば就職した会社の方針が、利益重視の会社で、「人を騙してでも、2万円の布団を50万で売って来い」などという仕事を長年やっていると、仕事とは騙して利益を上げるもの、いかに人を騙して買う気にさせるか、というノウハウが身に付いてしまうので、反面、誠心誠意、お客様の役に立つ、喜ばれるような仕事は、なかなか出来ないし、そういう感覚に修正するのは困難になります。その結果、一生そういう儲け重視の考えで通してしまう恐れがあり、またその人が育てた人間もそうなってしまうのでしょう。

 また、金の使い方でも、人それぞれ考え方が違い、給料前には、お金が無い人が大半で、貯金なども出来ません。中には金融やで借りて間に合わせ、給料日に支払う。そのうちずれてきて、一ヶ月後の給料日で返済する。というパターンになり、しまいには、「ここよりもあそこの方が金利が安い」などと訳のわからない理由で、借金を重ねていく人種がいます。私から言わせれば、一ヶ月もしくは決めた期間、節約して、遊ぶのも辛抱して帳尻を合わせれば、何の問題も無い事だと思うのですが、体が借金して高額の金利を支払う事に慣れていってしまって、頭の中で考えが修正できなくなってしまうのでしょう。

 これは極端な悪い例ですが、私も含めて誰しもが、そういった間違った感覚、固定観念は、多かれ少なかれ持っていることと思います。自分が生活していく中で、その間違った感覚や固定観念を、人から強制される事無く、自分自身で修正していくのは、かなりの強い信念と自制心がいります。

相場においては、その自制心なくしては、絶対に勝者になる事はありません。

あらためて、自分自身の生活や、考え方など、見つめなおしてみることが大切です。人生は自分が築き上げていくものです。




  さて、昨日の続きです。今日で最終段階に入りますが、ここがいちばん難しく、大切な部分です。


 「 4、プラン通りに決めた期間、変更することなく実践する。」というところに入ってきます。

1〜3までは、出来たけれども、プランどおりに実行しなければ、なにもなりません。プランを無視してやったとして、たとえ偶々買ったとしても、一番最初の、負ける原因の、ど真ん中にいることは、間違いないでしょう。ということは、いつかは大きくやられ、結局利益が上がらない結果となります。

プランどおりに実行するというのは、簡単なようで、非常に忍耐の要る作業です。「どう考えても、売りなのに、手法の指示は買い」というケースがよくありますが、そういうケースでも、負け覚悟でやりとおす必要があるのです。そういう時でも、大体自分の思っているのと逆で、手法の指示が当たるケースがよくあるものです。

そういうのをくりかえして実行し続けることで、トータル利益が上がるという理屈になります。しかし人間心理としては、やはりここまで極めるには、かなりの自制心と理解力とチャレンジ精神がなければ、誘惑と不安に打ち勝つ事が出来ません。

今までご紹介しました。4項目のポイントをクリアーできれば、相場に打ち勝つ事が出来ると思います。

 考え方や、いろんなやりかたは、人それぞれ違います。今までご紹介した考え方は、あくまでも私の考え方です。ひょっとしたらもっと素晴らしい考え方が有るかもわかりません。しかし情報源の無い一般投資家が、相場に打ち勝つ方法は、相場を極める意外に無いと思っております。相場の世界は、参加している人間全員が勝てるということも不可能です。中途半端に思いつきで、多少勝っている人は、いつか大きく負けるでしょう。そして痛い目にあって、反省し、極める方もいることでしょう。またいつまでたっても、ギャンブル的にしか出来ない人もいるかもわかりません。

 今まで、思いつきで、売買してきた損を、どうしても取り戻したい方や、本気で相場で利益を上げたい方は、一度、私の相場に対する考え方にしたがって、試してみてはいかがでしょうか。

                     2003年7月23日 日本トレンドライン 山本 一郎


       



              明日から通常のコラムに戻ります。


                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月22日火曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
    7月22日(火)

 

7月18日 NYMEX

前日値

31.41

始値

31.44

高値

32.00

安値

31.16

終値

31.96

前日比

+0.55

  7月18日のNY原油は低水準の原油在庫を背景に続伸。ガソリンの最需要期を迎えていることや、ハリケーン「クローデット」の影響で、23日に発表される原油在庫統計で再び在庫減の見通しが強まっていることから買われた模様。また、NY原油では期近の8月限より9限月で取組高が多くなっており、その9月限が31.03ドルと31ドルラインに乗せたことから、ガソリン9月限の買いにもつながった様子。

7月21日 NYMEX

前日値

31.96

始値

32.00

高値

32.10

安値

31.25

終値

31.78

前日比

-0.18

7月22日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.72

高値

31.73

安値

31.36

(15:52)

31.57

(17:43)

31.39

 21日のNY原油は小幅ながら反落した。オクラホマ州の製油所で爆発事故があったというニュースで1度は32ドルを超えたものの、利益確定の売りに押されての反落となった。またファンドの買い越し枚数が急増したことから、高値警戒感が出ているという声が市場では多かった。ただ、原油、ヒーティングオイル、ガソリン期近以外は反落となったが、ガソリン期近の方は続伸。夏場の最需要期らしく、底堅さを見せて買われた様子。

 22日国内相場は小幅高で寄り付いたものの、その後、夜間取引で弱含みしていたことで、原油はマチマチ、ガソリン、灯油は反落となった。21日のNYMEXは小幅ながら反落となったが、連休明けの国内からすると17NYMEXの終値31.41ドルからは小幅ながらに上昇していました。ただ、新規買いするには材料不足の面もあり、上げては確定売りに押され、反落となった感じです。

本日ガソリン、灯油の2月限が発会されました。前日のコメントで書いていましたが、2商品ともにサヤの形状に変化が表れました。納会前には当限と2番月間でサヤの修正場面が見られましたが、今後5番月の1月限と期先2月限間で行われてくると思われます。また、ガソリンの最需要期を終えると、灯油に目が向けられ、最需要期の1月、2月限が相場の鍵となり、エネルギー関連3商品に影響してきます。特に今年は原発問題で灯油の在庫には敏感なだけに私自身注目していきたいと思っています。

6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 本日連休明けの火曜日、昨日のNY原油は行って来いの上下大きな波でしたが、多少上げております。本日の東京の動きはどうだったでしょうか。
  
 本日ガソリン、灯油共、シンポの2月限が発会されました。ガソリンは1月限と同じ26710円からのスタートで、灯油は1月限に対し、−490円の28990円よりのスタートとなりました。ガソリン1月限はチャート(5分足)では、先週末の2:45を頂点に、下降トレンドを角度もキープしながら描いています。日足ベースでは、従事を描くような、上下で髭ありの小さな陰線です。

 前日比とレンジはガソリン1月限、灯油1月限、原油先の順で190円レンジ、±0円、130円レンジ−20円、150円レンジ −60円と動きの少ない静かな相場でした。

Cチャート、ガソリン新規、灯油手仕舞い、各サイン有り、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日は現状維持でした。細かく転換した後なので大きなトレンドを取りたいところですが。
       
       

デイトレード本日は、ガソリン、原油、各小額負け。
                 明日もガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  微妙なもみ合いで動きも鈍い退屈な相場ですが、今ひとつバランス維持を心がけて下さい。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
手仕舞いサイン共有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                
「人間心理と相場の関係」6、ルール作り

 学生や児童の皆さんは夏休みに入ってきました。日差しもジリジリと夏らしくなってきましたが、この連休は、いかがお過ごしでしたでしょうか。

私といえば、日曜日は、例の欧州車の走りを楽しみに、神戸までドライブに行ってきました。神戸といえば港町、久しぶりの神戸でしたが、いつ行っても良い景色ですね、同じ日本に住むのでしたら、神戸や横浜などが、良いですね。先月は東京のお台場というところに、行きましたが、また天気も良い日で心の洗濯とでも言いましょうか、日頃のストレスなども天日干で消毒されたようなきがしました。そして新宿で一泊して、六本木でサンドイッチを食べ、大阪に帰ってきました。今度は九州でも行ってとんこつラーメンでも食べてきます。

 今回購入した欧州車はドイツ製のオープンカーで、実用性こそ無いものの、風と一体になって、太陽を浴びて、港の町を駆け巡ると、それだけで心がウキウキしてくるものです。そういう意味では充分実用性があるのかも? 

 昨日は海の日、ゴルフに出かけました。途中でにわか雨も降りましたが、又すぐ晴れて、それもまた心地よいものでした。また、こういう心地良い生活が送れることにも、感謝したいものです。


 さて先週からの、相場のお話に入りましょう。先週までのお話で、数多くのご意見やご感想などいただきまして、大変嬉しく思っております。中にはさっそくの実行に移された方や、もう一度気合を入れなおしますとのトレンド会員の方もいらっしゃいました。中には、以前のコラムをお読みの会員様の中で、「おかげさまで、うまくいって、今までの損を取り戻す事が出来ました。」などのお礼のメールなんかいただいて、自分のことのように、とても嬉しく思いました。今回お話させていただいている内容は、以前のコラムの中で取り上げたお話と、ほぼ同じ内容で、より良くわかりやすくしたものです。残り後2回ですので、順序良く噛み砕いてお話していきますので、よろしくご理解下さい。

本題に入ります。

先週は「2、トータル勝ち越す手法を研究史、選ぶ」というところで終わりました。

今日は「3、売買ウエイト比率を計算し長期のプランを組む」というところに入ります。

皆さんの中に、持ち金無しで、収入ぎりぎりの生活をしてらっしゃる方は、いらっしゃるでしょうか?「30万円の給料に家賃と車庫で15万円車のローンで6万円、光熱通信費3万円、小遣い+食費6万円で閉めて30万円」なんてサバイバルはしていない事と思います。

ある程度予備の予算(貯金)と毎月いくらか残るようなプランを組みますよね。もし半年病気か怪我で仕事が出来なくても食べていける、もしくは、自分の過失による急な出費が必要になった時でも対応できるような状態を保っていることと思います。

これは自己防衛です。何かあった時でも耐えられ、通常通り生活できるようになれば、復活できるだけの余裕を持つということです。前者の30万円カツカツで生活されてるような考え方の人が、もしいたとしたら、相場はやめましよう、やめたほうが身のためです。

常識的な計算が出来る人なら、2割りは残す計算で生活を考えるでしょう。全部2割おとしたらいいんですよ、簡単な事なんですけどね。大半の方はこれくらいの事は出来ていると思いますが、中には考え方がおかしい方もいるかもわかりませんね。そういうかたは必ずパンクする時がやってきます。

相場のスタンスも同じことが言えます。業界用語で「満玉」(マンギョク)というのですが、相場が反対向いたら、アッちゅうまに、資金パンクを起こします。それと満玉までいかなくても、資金比率でかなりのウエイトがかかった状態では、冷静な判断が出来ず、最初に決めたルールどおり売買できません。

この世はすべて、計算です。計算の出来ない人間は損をします。お金も信用も信頼もすべて計算の中で成り立っています。すべての事を計算する癖を週間付けましょう。

さて相場のスタンスに対するプラン組みの方法です。

先ほどの手法を選らんで、資金とウエイト比率と期間を決めます。例えば、当社のSプログラムのガソリンを例に出しますと、次のとおりになります。

手法、日本トレンドライン、Sプログラム、ガソリン

資金、100万円

期間、1年間 


ウエイト、スタート時100万円に対しての1/5の、約20万円(2枚分)


という形になります。

これで1年間、各タイミングが来た時に、坦々と売買するわけですが、2002年一年間行ったとすれば、どうだったでしょう?

売り買い共で毎回かかさずトレードしたとすると、

トレード回数28回、利益金額2,152,000円×2枚=4,304,000円−(売買手数料56回分)

という結果になります。


Sチャート
年度 売り買い トレード回数 勝数 勝率 損益
2000 買い 16 12 75.0% 812000
売り 10 7 70.0% 805000
2001 買い 14 10 71.4% 711000
売り 12 11 91.7% 690000
2002 買い 15 15 100.0% 1446000
売り 13 11 84.6% 706000
2003 買い 7 6 85.7% 471000
1〜6月 売り 7 3 42.9% 365000
94 75 79.8% 6006000

 当社ホームページ 「過去の成績表」 より


今後こういう結果になるとは限りませんが、各手法を、シュミレーションしてみると大体の予想は出来るものですので、まず、安定的な利益を確保できる、手法を選ぶのが肝心です。

明日は、最後です。「 4、プラン通りに決めた期間、変更することなく実践する。」というところに入ってきます。


    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会
2003年7月18日金曜日19:30更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月18日(金)

 

7月17日 NYMEX

前日値

31.05

始値

31.03

高値

31.60

安値

31.00

終値

31.41

前日比

+0.36

7月18日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.44

高値

31.52

安値

31.43

(15:52)

31.44

(18:17)

31.50

   17日のNY原油は小幅ながら反発。昨日は原油在庫統計の発表により下落となったが、再び依然として低い在庫水準が材料視された模様。統計発表後のガソリン在庫は大幅に増加していたが、夏場の最需要期であるために引き続き売り材料にはならなかった。

 国内相場は堅調に推移。原油は海外高に反応して全月で反発。納会日だったガソリン、灯油の期近8月限は対照的な動きとなり、ガソリンは前日比760高の30690円と急騰して取引終了。30000円台での納会となったことから、再び見直しが入った感じで他の限月で後場から高値更新する場面も見られた。しかし、連休を控えて買い方の利食い売りによって上げ幅を縮小することになった。灯油はガソリンと反対に安納会。期近2限月は続落となったものの、それ以外は反発。今後最需要期を迎え、海外や他の商品との動きとは別で取引されてくることも考えられるため、22日発会の2月限に注目されている。

 明日から連休に入ります。週明け22日にガソリン、灯油の2月限が発会されますが、この時期辺りから一度サヤの形状が変わってくる可能性があります。限月間サヤ取り(スプレッド)でお取引の方は特に注目されているはずです。通常ガソリンは逆ザヤですが、発会される2月限は1月限より高い値段で取引されるかも知れません。5番月よりも6番月が高く取引される可能性は20%ほどです。また灯油の5番月(1月限)と6番月(2月限)との関係は95%逆サヤの形が予想されます。ただ、今年が例年と少し違っているのは12月限が1月限より高い値段をつけていることです。本来この時期のこの限月の関係は順ザヤが多いのですが、現在のところは例年と異なるようです。22日は連休明けの発会になることから、初値から大きく値が変動する可能性もあり、他限月も影響されることが予想されますので、日計りをされている方は普段よりも注意しておいて下さい。

 では、また来週お会いしましょう。良い連休をお過ごし下さい。     
    
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 本日連休前、プログラムは買い方針で来てはいますが、本日の動きはどうだったでしょうか。
  
 本日寄付き、前日比、ガソリン先+10円ほとんど変わらずからのスタート、チャート(5分足)では、昨日からの上昇トレンドで角度もキープしながら、2:45近辺まで上り続け、そこからは急激に下げに転じ、高値26860から一気に下がり結局終値は、前日比+80の26670円で終わりました。日足ベースで一応陽線ですが上髭が出来たような感じです。

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で290円レンジ、+80円、260円レンジ+70円、140円レンジ +180円。

Cチャート、全商品、新規、手仕舞い共サイン有り、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日全商品再再再転換、ドテン仕込み済み、連日の微妙な値動きにつき転換連発、こういうケースは過去にも珍しいです。
       
       

デイトレード本日は、ガソリン小額勝利、原油未約定で休みでした。
                 ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  来週は連休明けからのスタートとなります。未妙なもみ合いからはどう動いてくるでしょうか?

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                   良い週末をお過ごし下さい。また来週
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い、共有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い、共有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い、共有り、他現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

              「人間心理と相場の関係」5、相場に関して感情は敵

 
 相場観というものは、人それぞれ違うし、考え方や、計算の仕方なんかも、人によって全然違います。
このページをご覧の方は、だいたい1日400人から800人の間ぐらいと、データーが出ておりますが。必ずしも、私と、考え方や感覚が、同じではない事とは思います。しかし気になって見ていただいているのか、もしくはシックリ来て楽しみに読んでいただいているのかは、解りませんが、私山本は、誠心誠意皆様の相場に対するご成功、人生に対するご成功を願って、一生懸命書いておりますので、その気持ちが伝われば幸いだと思います。また、日々のコラムの中での一見相場には関係なかろう話の中身こそ、相場に打ち勝つ精神を作るものです。「精神力、自己管理力、分析力(反省力)、学習意欲、道徳性」この5つがあれば、「相場にも勝てるし、金持ちにもなれる、人生もうまくいく」というものです。



 なんか堅苦しい口調になっちゃいましたねえ、何かの研究発表会の演説みたいで嫌ですね。まあ気楽にいきましょう。


 相場は上がったり下がったりするもの。取れるチャンスはいつでもあります。また、損をする可能性もいつもあります。
損ばかりする人は、なぜ損ばかりするのでしょうか?それは、損をする原因が有り、勝つ方法をしらないからです。そして、勝てる体制を作る方法を知らないからです。誰しもが最初はそんなこと知りませんが、ここから極めるか極めないかが勝者と敗者を分けます。当然勝者を目指していくものですが。


 さて昨日の続きに入ります。

負ける原因の一例を紹介しました。

・仕込みのタイミングを市場の雰囲気で思いつきに気軽に仕込んだ結果、思惑が外れた。

・勝って利益が出て、次は思い切って多めに仕込んでしまって、思惑がはずれ、前回の利益以上に損を出した。
 
・手仕舞いを市場の雰囲気で思いつきにしたために、とれる相場も取り損ねた。

・目標値まで到達したが、欲を出して置いておいた、がしかし、急転回して損が出た。
 
・精神的、金銭的に 余裕を持って売買していない為、しなくてもいい時にびびりながら損切りしてしまう。
・損をしたくないという感情がある為、どうしてもタイミングが遅れ、大損してしまった。

・希望的観測ばかり抱いているので、期待だけが膨らみ損切りが遅れた

・安いと思うから買う 高いと思うから売るというように、値ごろに弱いので、すぐ、カスを掴んでしまう。


これらはみな、感情のおもむくままの行動です。結果、勝っても利益は少なく、負けたら大損害ってことになり、それを続けていくと、破産です。ここでわかるように、人間の大きな特徴の感情の部分が最も敵なのです。感情が強ければ強いほど泥沼と背中合わせになります。「明日は下がるかな?最近ここまで上げたからそろそろ下がりそう」などと思って売っているような人は要注意!その売りは取れるかもしれませんけれど、いつか大損してトータルは大きくマイナスになるのは間違いないでしょう。

毎日寄り付きで買って、200円勝ちか負けで仕切っている方が、10年間トータルではいくらかましでしょう。

ここで感情的な売買を無くし、機械的に売買するには、手法が大事になってきます。それが昨日に記載した、 「2、トータル勝ち越す手法を研究史、選ぶ」というところになります。

売買手法っていうのを聞いたことがありますでしょうか?長年売買されている方は、もちろん知ってらっしゃる事と思いますが、当社の会員申し込みホームのアンケートの欄にありますが、有名なところでは次のようなものがあります。


                  ・移動平均線

                  ・RSI

                  ・MACD

                  ・ポリンジャーバンド

                  ・ストキャクティックス

                  ・一目均衡表


これは、一般的に世間で公表されている手法のいくつかですが、ご自分で勝てるかどうか、確認してからお使いになるほうが良いでしょう。中には全然通用しないものがありますので注意して見たほうが良いでしょう。ちなみに我々は、独自で開発した、プログラムを用いて、このような手法の変わりに使用しております。それは、現在公表されている手法よりも優秀に設計されてるから、当然勝率も利益率も勝るからです。

という具合に手法や売買パターンを確定させた後は 「3、売買ウエイト比率を計算し長期のプランを組む」というところに入ってきます。その辺は来週このページでご説明します。

              来週に続く、連休です良い週末を
                   次回は火曜日
 

    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月17日木曜日19:55更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
    7月17日(木)

 

7月16日 NYMEX

前日値

31.62

始値

31.65

高値

32.05

安値

30.92

終値

31.05

前日比

-0.57

7月17日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.03

高値

31.29

安値

31.03

(15:30)

31.19

(19:57)

31.29

   16日のNY原油は寄り付きから高寄り付きでそのまま上昇した後に一転しての反落となりました。今回は製品在庫の増加に反応した動きとなった様子。在庫統計はAPIが原油前週比477万8000バレル減、ガソリン同520万9000バレル増、ヒーティングオイル同27万バレル増。EIAでは原油同360万バレル減、ガソリン同390万バレル増となりました。買い材料とされていたハリケーン「クローデット」は上陸した後、被害をもたらしたが、日本時間の昨晩には熱帯低気圧に変わったという報道が入り、これも一転して売り材料視されました。

 国内相場は海外安に反応して安寄り付きとなった。原油は全月続落となったが、後場からは売り方の利食いにより、ガソリン、灯油同様に高値を更新する場面も見られた。ガソリンは一時的には全月がプラスサイドになる上昇場面もあり、納会を明日に控え22日から当限に変わる9月限はサヤを埋めるかのように買いが先行し、期先2限月を除いてはプラスサイドで取引終了。また、灯油は期先以外で反落した。ただ、灯油に関しては現在、冬場の最需要期に向けての順サヤとなっており、期先ベースで商いされています。その為、期先3限月で29000円台を維持していることから、灯油9月限もやはり底堅さを見せ、9月限は高値引けで取引終了。

 納会を控えての本日は期近9月限が修正に入りました。明日は平穏納会となる予想が市場では多いのですが、修正後は再び米国原油在庫の低水準が材料視されてくることと思われます。


    
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 本日は昨日の逆のパターンで来ました。
  
 本日寄付き、前日比、ガソリン先ー250円からのスタートで、チャート(5分足)では、昨日の逆で、昨日の引けからは大きく下に窓を開け、それを1日かけて埋めました。2:40ごろまでは緩やかな上昇トレンドで、そこからは、上げ足を強めました。日足的には綺麗な陽線でしたが、前日比−10円。本日のプログラムの判断は?

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で−250円レンジ、−10円、−210円レンジ+10円、−210円レンジ −160円。全商品、陽線です。※300円レンジ、−10円、230円レンジ+10円、170円レンジ −160円の間違いです。

Cチャート、全商品、新規、ガソリン、灯油、手仕舞い各サイン有り、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日全商品再再転換、ドテン仕込み済み、連日の微妙な値動きにつき転換連発
       
       

デイトレード本日は、原油小額勝利。
                 ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い、共有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い共有り、他ポジション現状維持 
                    タイミングは会員ページ
原油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規有り、現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

              「人間心理と相場の関係」4、

 貧乏臭くなる
節約は、その人の値打ちをも、下げてしまう。

 よく見る光景で、「おごってくれるの?」とか、すぐに言いたがるやつをよく見かけます。自分では節約しているつもりなのでしょうが、相手によく思われない部分で、節約した金額以上の損をしてしまっているような気がしますが、どうでしょうか?

 あとスーパーテレビなんかで、けちけち生活を取材してる番組なんかでは、風呂の水をもう何日も換えずに使ったり、電気を消して暗闇で生活している家族なんかは、私から言わせると、その分バイトでもして稼ぎなさい。とか想ったりしてしまいます。まあその人の勝手なんですがね。
 そういう家で育った子供が社会に出て、そういう感覚を引き継いでしまうと、感覚的に恥ずかしい思いをするか、成る話も成らなくなるのは確実でしょう。それって本当の節約でしょうか?資源は大事にしなければいけないとは思いますけれど。

 私なりの節約の仕方は、

1、要らないお金は使わない

2、見栄は張らないが、貧乏臭くならず、その時々の集まりに合わせ、人並みにふるまう。

3、お礼や、贈り物は、金額以上に喜ばれてインパクトのあるものを、心を込めて

4、お金を使うときは、本当に必要かどうか、再確認する。

5、儲かってる時でも、儲かってないときでも、基本を忘れず坦々と。

こうしていけば、使ったお金と同等の価値のあるもの、またそれ以上のものを得る事が出来ます。

 逆に目先でケチっていては、それ以上のものを失うか、損をします。それって損得の計算が出来るセンスでしょうね。センスのない人はいつまで経っても損し続けるんでしょうね、無意識に。




 さて、本題に入ります。昨日は4つの項目を挙げてみました。


1、今まで失敗してきた事を振り返り、負ける原因を追究し、なくす

2、トータル勝ち越す手法を研究史、選ぶ。

3、売買ウエイト比率を計算し長期のプランを組む

4、プラン通りに決めた期間、変更することなく実践する


1から説明に入ります。「負ける原因を追究し、なくす。」ということですが、それはその人の解釈の仕方で何とでも原因が考えられます。
 例えば、「ガソリンで損したから、もっと値動きが安定した金に変更した。原因はガソリンをやったことにある。」と考える人がいるかもしれません。しかし、年間トータル負けることとは、何の関係もありません。または「私が原油を買って負けたのは、海外の原油相場の暴落が原因だ」とか「いや、どっかのファンド筋か売りあびせを初めたのが原因だ」とか思っている人がいるかもしれません。しかしそれは、価格が変動した原因であって、勝ち負けの要因には何の関係もありません。

そしたら、相場の売買で失敗した原因は、何なのでしょう?例に挙げられるのは次の項目です。


・仕込みのタイミングを市場の雰囲気で思いつきに気軽に仕込んだ結果、思惑が外れた。

・勝って利益が出て、次は思い切って多めに仕込んでしまって、思惑がはずれ、前回の利益以上に損を出した。
 
・手仕舞いを市場の雰囲気で思いつきにしたために、とれる相場も取り損ねた。

・目標値まで到達したが、欲を出して置いておいた、がしかし、急転回して損が出た。
 
・精神的、金銭的に 余裕を持って売買していない為、しなくてもいい時にびびりながら損切りしてしまう。
・損をしたくないという感情がある為、どうしてもタイミングが遅れ、大損してしまった。

・希望的観測ばかり抱いているので、期待だけが膨らみ損切りが遅れた

・安いと思うから買う 高いと思うから売るというように、値ごろに弱いので、すぐ、カスを掴んでしまう。



これらは、何年かトレードしてらっしゃる方なら、誰しもが経験済みだと思います。
今上げた例は、全て人間心理の特徴であり、感情的に思うから、こういう行動に出て、こういう結果になるのだと思います。

                   明日に続く

 

    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月16日水曜日19:30更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月16日(水)

 

7月15日 NYMEX

前日値

31.27

始値

31.34

高値

31.73

安値

30.95

終値

31.62

前日比

+0.35

7月16日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.65

高値

31.81

安値

31.57

(15:30)

31.62

(18:25)

31.66

   15日のNY原油は明日発表予定の原油在庫統計を前にポジション調整の買いが入って続伸。また、数日報道されている熱帯低気圧ハリケーン「クローデット」は米国時間の昼前後にテキサス州中部に上陸したとの報が入ったが、中心部に近づくにつれて勢力が弱まるとの見込みからあまり材料視されなかった様子。

 国内相場は高寄り付きで始まった。ただ全体的に戻り待ちの売り物に押されて、上げ幅を縮小して取引を終えた。ガソリン期近2限月以外は反発。期近が瞬間的に30000円台に乗せたが維持することができず、それが高値警戒感を生むこととなり、逆に後場からは安値を更新する場面も見られた。灯油もガソリンと同様の動きだったが、期先2限月はガソリンに比べて上げ幅が小さく取引終了。原油は海外高を受けて反発して始まったが、期先が19000円を割る場面が見られるなど積極的に新規買いされる様子もなく、本日の反発は買い戻しされたことが要因と思われる。

 14日にコメントしましたように、現在のレンジでは海外がよほど上昇(+30セント以上)して来ない限り、国内は反応しないように思います。32ドルラインを抜けてくれば、連動もするでしょうが、本日は前日比+0.35の30セント差し引いた5セント分のみ上昇したように私自身は思っています。ただ、昨晩のNYMEXは在庫統計を控えた前々日としては高値、安値と広い幅で推移したように思います。結果的に高値に近い位置で終えたのは、最近の在庫統計の事前予想(今回は原油100万バレル増加)がはずれることが多くなっているためだと思われます。むしろ材料視されることが増減幅ではなく、依然として低い在庫水準により目を向けられた感じがします。
    
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 昨日のNY原油価格が引け前に急進したのを受けてか、本日は高めの寄り付きとなりました。
  
 本日寄付き、前日比、ガソリン先+220円からのスタートで、チャート(5分足)では、昨日の引けからは大きく上に窓を開け、それを埋めるように、1:00ごろまで、一直線に下げました。1:00からはゆっくり切り返し、寄付きまでは戻らなかったものの、寄り付き比100円安で引けました。今日も下髭が長い事から下げ渋り感が強いようにも見えますが、しかし陰線です。プログラムの判断はどうでしょうか?

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で250円レンジ、+120円、280円レンジ+50円、150円レンジ +190円。前日比プラス圏ですが、陰線です。

Cチャート、 新規、手仕舞い共、見送り、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 灯油転換、新規手仕舞い有り、他ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日全商品再転換、ドテン仕込み済み、連日の微妙な値動きにつき転換連発
       
       

デイトレード本日は、ガソリン小額負け、原油未約定で休みでした。
                 原油のみ出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規手仕舞い共有り、他ポジション現状維持 タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

              「人間心理と相場の関係」3、勝ちを追求するとは?

 私は欧州車を所有しています。2年前から欲しくって、この前やっと買いました。2年前は、お金が無くて買えなかったわけではありません。私の考え方で、長い期間欲しいという気持ちが持続するということは、本当に心から欲しいと思えるものだと思うから、そして心から大事に出来るような気がします。だからあえて何をするにしても、すぐには手にしないようにしています。そして我慢しながら、その物のことを考えながら仕事を頑張るわけです。

 そして手にしたとき、本当の喜びと、本来のその物の価値よりも何倍もの心地よさが、味わえるわけです。お酒の好きな人が、夜に1杯のビールを味わう為に、昼から飲み物を控えるのと同じようなものですかねえ。

 すぐに手に入るものや、何でも思いどおりになることは、決して幸せな事では無いと思います。

    名言集
    「うまくいかない恋ほど、燃え上がるものはない、
              うまくいかない恋ほど、うまくいった時の喜びは計り知れない。」

                              by山本

 さて、昨日の続きです。
 
 昨日は勝ちを追及するというところで終わりました。今日は我々の考え方を理論的にお話したいと想います。ひとそれぞれ考え方があります。あくまでも我々の考えなのでご了承下さい。
 
 「勝ち」を追求する者にこそ、女神は微笑みます。相場に勝つということはどういうことでしょう?建て玉建て玉全部勝つということではありません。そんなことは予言者でない限り、不可能に近い話です。
相場に勝つということは、「人生でトータル利益を上げる」ということです。

人生でトータル利益を上げるためには、一定のスパンに区切って、トータルプラスにもっていかなければなりません。そのスパンは、30年でもあり、10年でもあり5年でもあり1年、半年、1ヶ月、1週間、1日といろいろ考え方があります。それを自分なりに計画を立て、それを勝ち進んでいくわけです。

ちなみに我々の考え方としては、まず1年のトータル、次に1ヶ月のトータル、これをメインにおいています。

、一年通して利益を上げる(利益を残す)為には、次の事柄が考えられます。

1、今まで失敗してきた事を振り返り、負ける原因を追究し、なくす

2、トータル勝ち越す手法を研究史、選ぶ。

3、売買ウエイト比率を計算し長期のプランを組む

4、プラン通りに決めた期間、変更することなく実践する



 以上の作業が出来れば、利益を上げる事が出来ます。

しかし、なかなか思惑が勝ってしまって、その思惑が中途半端に当たってしまって、プランどおりに実践するのは、なかなか忍耐の要るものです。

明日は、1〜4までの、項目を解説いたします。



                   明日に続く

 

    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月15日火曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月15日(火)

 

7月14日 NYMEX

前日値

31.28

始値

31.15

高値

31.42

安値

30.65

終値

31.27

前日比

-0.01

7月15日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.34

高値

31.34

安値

31.06

(15:30)

31.14

(18:00)

31.06

   14日のNY原油はほぼ変わらずに取引を終えた。以前から買い材料に挙げられている1つとして、熱帯低気圧が及ぶす製油所の生産能力低下の問題があります。需給面を除けば、米国ではこの時期の熱帯低気圧は農作物同様に材料として持ち上げられ、エネルギー関連商品としては僅かな季節的要因になっています。昨夜のNY原油は新規手掛かり材料難の中で、買い方の利食い売りと熱帯低気圧の影響とが交錯した感じで、原油、ガソリン、ヒ-テイングオイルともに変化がありませんでした。また、16日には在庫統計の発表が控えている為、15日も小動きな相場が予想されています。

 国内ガソリン、灯油は夜間取引が堅調に推移していたことで買われる場面も見られ、後場から前場の高値を更新はしたものの、全体的に弱含んだ動きとなった。ガソリン当限、灯油9、10月限以外はマイナスサイドで取引終了。原油は小幅反発して寄り付いたが、その水準から切り上がる材料が見つからないまま、買い方の利食い売りに押されて続落となった。

 数日前に国内相場は素直に海外に連動しているとコメントしましたが、昨日のコメント通り、この辺りからはそうも行かないようです。一定のラインからは日本は日本の値段というような需給面からのボックスレンジがある為です。それをも上回る動きが海外にあれば、慌てて価格調整に走るのも国内相場の特徴の1つです。また、ここ数年に限って言えることですが、需給面でドバイ原油からそれ以外への依存度が高まりつつある為に、米国の動きに関心が強いのです。よって、ザラバ中に夜間取引の動きから翌日のWTIの動きを予想して売買されることが多く、夜間とWTIが連動しなければ、例えWTI自体が前日比プラスでも夜間よりも値が安ければ翌日国内相場は下落したりし、またその反対もよくあることなのです。

 さて、在庫統計の事前予想で原油100万バレル増加となっていることからなのか、現在夜間取引(日本時間18時)では下げてきています。また、夜間とWTIの値動きの連動率は8割を越す高いものとなっていますのでご参考までに。


    
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

 連日微妙なラインが続いていますが、本日もそんな感じでした。
 
 本日寄り付き、ガソリン灯油、微妙に安寄付き、原油はちょい高からのスタート。ガソリン昨日の引けは5分足チャートでは上昇トレンドを作りかけの様にも見えましたが・・・ デイトレードは、原油負け。
  
 本日寄付き、前日比、ガソリン先−60円からのスタートで、チャート(5分足)では、昨日の引けに上昇トレンドを作りかけに見えましたが、下降トレンドの続きで10:15まで下げ、そこからの切り返しで、最後まで上昇トレンドをキープしました。今日一日の動きとしましては、下に行って来いって感じでした。相場自体も動きづらいって感じです。

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で280円レンジ、−20円、270円レンジ−10円、160円レンジ −130円。ガソリン灯油は、日足的には、下ひげが出来た状態です。チャートの理論上では「下げ渋り」ということになるのでしょうが、プログラムはどう判断するでしょうか。

Cチャート、ガソリン 新規サイン有り、、手仕舞い無し、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 新規ガソリン、手仕舞い無し、他ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日全商品転換、ドテン仕込み済み、
       
       

デイトレード本日は、原油負け。
                 明日はガソリン、原油出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
プログラムによっては
一部売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規有り、他ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ
原油 買い
プログラムによっては
一部売り

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

              「人間心理と相場の関係」2、勝ちを追求する

 
 今年は阪神が強い!巨人どうした悔しくないんか?(ウサギと亀みたいですね)
プロ野球セリーグは今、踏み上げ相場のように、どうにも止まらないって感じです。

 ちなみに私は巨人も阪神も大好きです。

巨人の素晴らしいところは、元々金持ちの羽振りのよさですかねえ、「40億?50億?買って来い買って来い」ってな感じのやりたい放題で、気持ちが良いでしょうねえ。

阪神は、関西の商売人って感じで、勝たなくても客が入るし、最初強くって客も大入り、だんだん弱くなり最後にはどん底でも客は入るし、勝てないんだから選手のギャラは安く済む。ってな具合に、うまくやってのけてますね、今年は違いますけれども。

その点広島は、訓練所か養成所みたいですね。安い選手を一から鍛えて一流の選手にし、高く売り抜ける、なんてのは素晴らしいです。子供の頃、広島の赤のヘルメットを父親に買ってもらって、喜んでかぶってたことを思い出しました。懐かしいなあ。
              
 

 名言集   「[勝つ]ということを追求した者が、最後は笑います」

       「自分が幸せにならなければ、人を幸せにする事は出来ない」

 「人間であるがゆえ感情に押し流され、人間であるがこそ感情を抑えることが出来る」
                          
                                     by山本
 
 本題に入ります、昨日に続き

 おそらく皆さんは、私ども含め誰しも、思惑のみで、思うがまま予想を立て、上がると思えば買って、下がると思えば売って、持っているポジションが利益が出ても、もうちょっと様子を見ればまだいけると予想をし、反対向いて気持ちの悪い利食いをするか、買値を下回ったが、戻ると予想をして、更に下がり我慢できず、投げて損切り。なんてことは経験済みだと思います。中には再起不能状態までパシパシにやられた経験が有る方もいらっしゃるかもわかりません。

 皆さんはそういう経験をされたとき、どう思いましたか?そう、人間の思う事、予想する事は、生まれつき、希望的観測でしかないのです。ある意味、パシパシにやられる人間は、より人間らしいということになります。

 今日は一つの出来事に対して、相場に関するする人間心理の作用について、箇条書きにしてみました。


・「昨日までジリジリ下げていたが、今日の相場はストップ高700円上がった」という出来事に対して

 1、買い玉を1枚持っている。
   (嬉しいが、もうちょっと買っとけば良かったと思う)

 2、買い玉を20枚持っていた。
   (めちゃめちゃ嬉しいが、明日下がるのではないかという不安がよぎる)
 
 3、買い玉を昨日仕切ったばかりだ。
   (悔しい、持っておけばよかった。と悔しがる。

 3、売り玉を1枚持っている
   (しまった、でも明日は下がるかもしれない)
  
 4、売り玉を20枚持っていた。
   (もうフラフラ!明日上がったらどうしようという不安がよぎる)

 6、売り玉を昨日仕切ったばかりだ。
   (ああよかった、危ないところで助かった。)
 
 5、ポジションなし
   (しまった買っておけばよかった)

 以上のように、同じ出来事に対してこのような感情の違いが出てきます。起こっている事は同じでも立場や自分の立場が良くなったり、悪くなったりで、こうも違うものなのです。そして次回同じ様な場面では、今思っているような行動に出ます。しかし結果は同じようにはいきません。結局いつかはやられます。

そのようなことを繰り返してやれば、結果は見えてますよね。現実に感情的に行き当たりばったりで、勝ち続けていらっしゃるかたが、何人いらっしゃるでしょうか?いるとしたら、それはかなりついているか、勘がすぐれているか、予知能力がある方だと思うのですが。一般の私たちには到底無理な話です。

 そしたらどうすれば、パシパシにやられずにすむのでしょう?どうすれば勝てるのでしょう?

「勝つ」ということを、徹底的に追求するということは、そういうところから分析するということです。



                   明日に続く

 

    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月14日月曜日19:30更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月14日(月)

 

7月11日 NYMEX

前日値

31.06

始値

31.01

高値

31.75

安値

30.90

終値

31.28

前日比

+0.22

7月14日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.15

高値

31.17

安値

31.05

(15:30)

31.08

(18:00)

31.13

   11日のNY原油は続伸。熱帯低気圧がメキシコ湾に接近した為、海上石油操業会社が警戒措置をとったことが買い材料。また、国際エネルギー機関(IEA)は7-9月の世界原油需要が拡大する見通しと発表したことが支援材料となった模様。これで海外相場は4日続伸となった。

 国内は先週末の海外高を受けて、3商品ともに小幅高で寄り付いた。しかし、夜間取引が弱含みで推移し始めたことと、高値警戒感から利食い売りが活発になり、下げに転じた。後場からは一段安の場面も見られたが、安いところでは買い直されたために安値からは切返して、マイナス圏で取引を終えた。

 さて、納会と3連休を控えた1週間が始まりました。高止まりしている海外ですが、国内外ともに上値余地が狭いものとなっており、売り材料待ちの売り場探しになっている状態と思われます。国内は夜間取引が弱含みしていたことで、先行して下げに転じた様子で、夜間で下げた分は織り込まれたと私は思っています。また今夜、海外が夜間取引とは逆に上昇に転じたとしても、明日の国内は先週末の海外高分も合わせての上昇はないものと思われます。今夜の海外の動きが+30セント程度ですと明日は様子見ムードが強まりそうです。下げれば、国内はもう1度先行して下げてくる可能性が高いと思われます。


    
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  一週間が始まりました。今日は全体弱含みで終わりましたが、今週はどう動くでしょうか。
 
 本日寄り付き、全体若干の高寄りつきからのスタート。先週末からの5分足チャートの流れ(上昇トレンド)から一転して寄り付きよりジリジリ下げました。デイトレードは、全商品負け。
  
 本日寄付き、前日比、ガソリン先+80円からのスタートで、チャート(5分足)では、週末の上昇トレンドを折り返すような下降トレンドを描き、2時までは角度キープ。ここからは再度切り返し、上昇トレンドを作りかけで、本日終了しております。

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で380円レンジ、−170円、400円レンジ−240円、130円レンジ −60円。今日の時点で、大きく下げていくような動きは見れませんでした。NYの夜間取引の下げが要因かどうか?

Cチャート、全商品 新規サイン無し、、原油手仕舞い有り、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 新規無し、ガソリン手仕舞い有り、現ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持
       
       

デイトレード本日は、全商品負け。
                 明日は原油のみ出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  今日から一週間がはじまりました。相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
たまたま勝ったりしたものは、いつかはやられます。根拠のある売買を心がけましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
手仕舞い有り、現ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現状維持 タイミングは会員ページ
原油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
手仕舞い有り、他ポジション現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

              「人間心理と相場の関係」1、はじめに


 相場の動きには、深ーい訳があります。相場が大きな動きがあった後、必ず、ニュースや新聞などで、その要因について解説がありますが、本当はもっともっといろんな要因が絡み合い、結果として値動きし今の値段となっているのです。

 相場というものは、いろんな立場の方が、無数に参加されております。本来の先物市場が、何の為に行われている意味すら知らず、ただ投機的なマネーゲームとして参加されている人たちや、工業品を扱う仕事に携わっており、商い上、商品の価格変動による損失を避ける為に先物市場でヘッジ的売買をされている方々もいます、また、大きな資金で大きな流れを自ら作り出し値段を左右している組織的機関もあるでしょう。

 大きく分けて私たちは、「投機売買」(市価の変動を予想して、その差益を得るために行う売買取引)です。ガソリンも必要なければ、価格を動かしていくような大きな力もありません。その立場をわきまえて、あと、本来の先物取引の意味を調べて理解した上で、参加するべきだと思います。そうすることによって、ニュースや新聞には書いてない要因が見えてきたりします。またそういう感覚が市場の雰囲気やニュース新聞、市況コメントなどに騙されない方法だと考えております。


 皆さんは相場に参加される際に、ご自分の資金を増やす為に参加されている事と思います。
しかし「投機的売買」である限りは、リスクがかかります。失敗すれば、資金が減ります。資金が減っては、やっている意味がありませんし、資金がなくなってしまうなんてことは、とんでもございません。

 リスクとうまく付き合っていくには、自分が行っている事の理解と、最低限度の知識と、物事の理屈が必要です。今週は、こういう点からお話していきたいと思います。

 

    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月11日金曜日19:45更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
    7月11日(金)

 

7月10日 NYMEX

前日値

30.88

始値

30.88

高値

31.60

安値

30.82

終値

31.06

前日比

+0.18

7月11日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.01

高値

31.15

安値

30.91

(16:50)

31.09

(18:06)

30.91

  10日のNY市場はガソリン、ヒーティングオイルで反落したものの、原油は小幅ながら続伸して取引終了。3度目となる大西洋ハリケーン(熱帯低気圧)の影響で各製油所の生産能力が低下するという見込みから、1度は31.6ドルまで買われた。その後、熱帯低気圧の予測される進路からは製油所にあまり影響が出ないとの観測から、上げ幅を削ることになった模様。ガソリンは調整売りで反落したが、夏のドライブシーズンを前に、引けにかけては買い戻される場面も見られ、それが支援材料に原油は3日続伸となった。

 国内3商品は海外高に連動して続伸。全体的に前日比より安く寄り付いたものの、夜間取引では週末前で静かな動きであったが、31ドル台を維持していたことが好感され上昇に転じた様子。ただ、利食い売りに押される場面もあり、上げ幅縮小して取引を終えた。

特に最近堅調だった原油は前日に急な上昇があったこともあり、マチマチの小幅上昇。

 さて、来週からが本格的な7月相場の始まりだと私は思っています。月末にOPEC総会を控えていることから、そろそろ思惑的な動きが始まりそうです。特に、来週末は国内ガソリン、灯油の8月限の納会があり、その後3連休となっていることから利食い場面が多く見られそうです。ここ最近は素直に海外に連動している国内相場ですが、来週後半はそうは行かなくなってきそうです。米国の在庫水準が未だに低水準なこと、イラクの生産能力の回復が予想より遅れていること、製油所の生産能力を低下させるハリケーンのシーズン中であること、そしてドライブシーズン中と強材料ばかりが目立ち、弱材料はテクニカル面しか見当たりません。そのテクニカル面が大きく相場を左右するのがOPEC総会前と納会と連休を控えた来週後半の2回だと私は思っています。

 今日は少し長くなりましたが、どうか良い週末をお過ごしください。   


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本題に入る前に一言、会員様の中で、入会されているのに、当社の各ページをまだお読みになってない方が、たまにですが、いらっしゃいます。全部読んでいただいて、ご理解いただかないと、当社の主旨がわかりませんので、良くお読みになってご理解いただけるようにしてください。「相場で利益を上げる方法」など

  さて、週末がやってきました、株価も暴騰暴落し、外貨の流れも世界的に変わりつつある一週間でしたが、本日先物市場はどうだったでしょうか。

 本日、日足チャート上の、底辺の上昇トレンドがサポートした昨日の流れを引き継ぎ、若干の強含みでした。
 
さて、本日寄り付き、ガソリン灯油がほぼ変わらずからのスタート。原油が若干の安寄りからの上昇で、デイトレードは、全商品勝利、しばらく退屈なデイトレードだったので、いい利益になりました。本日、3商品合計500円余りのプラス結果でした。
  
 
 本日寄付き、ガソリン先−20円安からのスタートで、チャート(5分足)では、昨日の緩やかな上昇トレンドを引き継ぎ、角度をキープしたまま、前引けまで。後場1:10からのトレンド割り込みからは、横ばいで大きな波のもみ合いながら引けました。今日でプログラムはある程度買い方針で固めてきています。Sの1本以外は全部買い。来週からの動きに注目です。

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で240円レンジ、+110円、340円レンジ+270円、160円レンジ +10円

Cチャート、全商品 新規サイン有り、、手仕舞い無し、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 新規無し、現ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
                                     引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持
       
       

デイトレード本日は、全商品勝利。
                 月曜日も全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

 
  一週間が終わりました。また来週から相場が始まります。週末暇な時間にもう一度日頃のバランスなど考えてみてください。


  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。

                         また来週、皆さん良い週末を



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い。プログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン有り、現ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン有り、現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ
原油 買い

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン有り、現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                もう週末がやってきました。


 一週間は早いですね。一週間が早いということは、一年が早いということで、ということは10年も滅茶苦茶早くって、一生なんかアッという間に終わってしまいそうで、悔いの残らないように、心がけなければいけないな、なんて思う今日この頃です。

            日曜日は3週間ぶりのウエイクボードです。雨かも?
 
               雨が降ったら映画でも行ってきます。

 
 映画といえば、日々の生活もドラマティックな展開がいいですね、何にしても。そのほうが感動的じゃないですか。

 現実「ここで映画なら、こうなるだろう」とか思っても、なかなかそういうふうにはならないものです。
 出会いにしても、恋にしても、仕事にしても、なかなかお洒落には、収まらないものです。たまにラブストーリーのつもりが、コメディーになったりして。コメディーも好きですけどね。

 でもたまにありますよね、ありませんか?ドラマディックな展開が、もうそんな時には、心から感動してしまってますけれども。スポーツや音楽やっている人なんかは、けっこうあるかも知れませんし、仕事に情熱を注いでる人や、恋愛好きの人なんかも「運命の出会いかも」とかボケてる人は、楽しいかもわかりませんが。結局後々現実は厳しいですけれど、希望としては、夢のようにストーリーが展開すればいいな、なんて思ってしまいますけれども。


 来週はまた、人間心理とか、相場の話とかしたいので、みなさん、よかったら普段、相場でも私生活でもいいですから、うまくいかない話とか、こういう考え方に変えて、良い方向に行ったとか、あったら、メールで送ってください。送っていただいた中から、参考にさせていただきます。


                  皆さん良い週末を

    
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月10日木曜日19:45更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月10日(木)

 

7月9日 NYMEX

前日値

30.22

始値

30.22

高値

30.91

安値

30.00

終値

30.88

前日比

+0.66

7月10日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.88

高値

31.08

安値

30.85

(16:07)

30.92

(18:05)

30.85

  9日のNY原油は大幅続伸。米国原油在庫統計の発表では事前予想を覆して増加となり、売られる場面も見られた。しかし、在庫水準は未だに低水準で戦後からの回復ペースが遅いことから買われた模様。また、注目されていたガソリン在庫はEIAでは50万バレル増となったが、APIでは同253万バレル減となり、ガソリン主導で大幅に上昇した。また、米国ではシェル・オイルとテキサスシティ−製油所の製油生産減少の報道も支援材料となった。在庫統計はEIAで原油10万バレル増、中間瑠分が50万バレル減。APIで原油396.4万バレル増、中間瑠分が67.7万バレル減と発表された。

 国内は海外高につられて反発。円高の動きにある為替の影響もなく原油は急上昇、期近20000円台に乗せ、期先4限月で一代高値更新して取引終了。ガソリン、灯油は期近で上昇しきれず、ガソリン期近が1度は30000円台に乗せたものの前日比60安、灯油は期近以外で250円〜430円高となったが期近で同60高に終わった。

 先月と比較すると最近の国内相場は海外に素直に連動しているように思えます。ただ、米国で買い材料に挙げられている製油所の生産減少の問題に関しては、日本では直接的な問題にはなりません。また、本日の国内ガソリン、灯油の期近の値動きも気になるところです。ガソリンは8月に最需要期を迎えるわけですが、期近30000円台を維持できませんでした。高値警戒感がいっそう強まった感じでしたが、期先2限月は高値引けで終えています。今日を境にOPEC総会前には1度調整場面が見られそうです。

6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  
  本日、全体高値圏で引けました。日足チャート上の、底辺の上昇トレンドがサポートしたようです。日足が見れる方は一度見てください。
 
さて、本日寄り付き、ガソリン灯油が240円、原油が390円の高寄り付きスタート。デイトレードは、原油、未約定で休みでした。
  
 本日寄付き、ガソリン先240円高からのスタートで、チャート(5分足)では、寄付きから一直線に緩やかな上昇トレンドを描き、最後までキープしました。サイン別に売り買いまちまちでしたが、微妙なラインなのでプログラムもそう判断したのでしょう。引けは全商品高値近辺で引けています。今日の上昇相場にて、プログラムは、どう判断するでしょうか?

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で260円レンジ、+470円、250円レンジ+410円、220円レンジ +550円

Cチャート、ガソリン、灯油新規、原油は見送り、手仕舞いはガソリンと原油、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 灯油、新規手仕舞い共サイン有り、現ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日ガソリン、灯油、再転換取引済みです。他ポジション現状維持
       
       

デイトレード本日は、原油未約定で休みでした。
            明日は全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                        バランスよく維持

 
  今日の動きでどう変わってくるでしょうか。明日からの動きに注目したいものですが、引き続きプログラム検証中ですのでバランスは基本を保った考え方で。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。

           



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 売り。買いプログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 売り→買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い共、サイン有り、タイミングは会員ページ
原油 買い

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規見送り、現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                 「トータルプラス」

 相場も人生もトータルプラスでなければならない。ならないというか、プラスになるように組み立てていく作業が必要になります。

 人生をトータルプラスにもって行くにはまず、生まれ持った性格と、生まれながら与えられた環境、知能的な能力、これは、個人差があります。

 このスタート部分は、ハンディーにもなり有利にもなりえますが、ウサギと亀のお話をご存知でしょうか。生まれながらに劣っている能力も、努力とゆうか、前向きな精神とゆうか、そのような不思議な力が、良い結果に導いてくれます。

 その点ウサギは、調子に乗っていれば、いつかやられます。能力を過信しての油断や、日々の組み立ての怠けから、人の気持ちがわからなかったり、他人に対して不快な気分にさせたり、マイナス面がどんどんふえて、ただの見栄っ張りや、金に物を言わしてわがまま放題の成金野郎になったり、金や権力や、自分がチヤホヤされるのを、いいことに嫌な人間になりがちです。

人から嫌がられると、後は落ちるのも早いでしょう。たとえ死ぬまで金持ちであっても、淋しい人生、または淋しい死に方でしょうねきっと。

生まれ持ったものが、優れてても、劣っていても、いくら儲かっても、いくら権力が出来ても、謙虚な前向きな気持ちと、人を思いやる気持ちが、必要なのだと、私は思います。相場も人生も。


                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月9日水曜日19:30更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    
     7月9日(水)

 

7月8日 NYMEX

前日値

30.13

始値

30.13

高値

30.31

安値

29.52

終値

30.22

前日比

+0.09

7月9日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.22

高値

30.40

安値

30.06

(15:28)

30.08

(19:18)

30.36

  8日のNY原油は9日に発表される米国原油在庫の結果待ちで、様子見ムードが強く、事前予想では原油100万バレル減になっていることから僅かながら上昇した。動きとしてはナイジェリアのストが終結したという報道を受けて値を下げて始まったが、ガソリン先導で値を戻す形となった。NYではガソリンが夏の需要期に対しての供給不安から買われた模様。事前予想ではガソリン165万バレル減、灯油は140万バレル増となっている。

 国内は3商品ともに反発。米国原油在庫への事前予想と発表後の在庫増減量とがここ最近大幅に違っていることが多く、米国ではそれに警戒心があったことと、スト終結と在庫減の予想で差し引きされた為に値があまり変化しなかったが、国内は事前予想を素直に受け取った感じで推移した。ただ、全体的に高寄りした後、夜間取引でやや弱含みしていたことで、さらに上昇することができずに陰線引けで取引終了。

 本日の値動きはハッキリとした季節的要因の表れだったように思います。原油が全体的に上昇するも、ガソリンの期近と灯油の期先2限月以外は反応薄の動きで取引終了。今のところ、順サヤと逆サヤという正反対の形だけにガソリンは期近、灯油は期先の値段に注目されています。また、今月末にOPEC総会が控えていること、ガソリン、灯油の2月限の発会が3連休後の22日になることで来週後半からは値動きの荒い相場になると私自身は予想しています。今夜の在庫統計で今後の方向が大方決められるのではないでしょうか。米国では最需要期を迎えたガソリンの増減量に注目されています。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     


    トレンドライン日報

  
  連日、微妙なラインが続いておりますが、本日の値動きは、どうでしたでしょうか。
 
さて、本日寄り付き、先全体的に若干高寄り付きスタート。デイトレードは、原油、未約定で休みでした。
  
 本日寄付き、ガソリン先140円高からのスタートで、チャート(5分足)では、寄付きから14:55までは大きな波でもみ合い。レンジもあまり大きくなく動きづらい感じでした。14:55からは、急激な売り浴びせがあり、最後は若干もどして引けました。3時前からの売り浴びせが、気になるところですが、プログラムは、どう判断するでしょうか?

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で220円レンジ、+40円、200円レンジ+120円、150円レンジ +150円と、動きづらい感じがしています。

Cチャート、全商品、新規、手仕舞い共、サイン無しで見送り。、現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 全商品サイン無し、現ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日原油転換取引済みです。他ポジション現状維持
       
       

デイトレード本日は、原油未約定で休みでした。
            明日も原油のみ出動。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持

 
  連日微妙なラインです。引き続きプログラム検証中ですのでバランスは基本を保った考え方で。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。

           



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 売り。買いプログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ  
灯油 売りポジション
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジション現状維持、タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます。

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジション現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                   「人間心理」

 この日曜日、友人の結婚式に行ってまいりました。
人の結婚式ばかり行って、自分はまだなんですが、人が幸せになるのを見るのって結構いいものですよね。
数日前、電話かかかってきて、ギター弾き語りで、1曲唄ってほしいとの事なんですけれども、一応OKしたんですが、披露宴で100人あまりの前で1曲だけ歌うのはどうも気が進まないものです。20人ぐらいであればけっこうヘッチャラなんですが100人となると、どうも緊張するとゆうか、びびってしまいがちです。結局、当日はうまくいきましたが、けっこう緊張しましたよね。

皆さんは、そのような経験したことはないでしょうか?パーティーや結婚式のスピーチを頼まれたとか、講演会や発表会、に大勢の前で喋らされたとか。

けっこう4,5人程度の前ではマイペースで、喋れるけれども、大勢の人間の前やテレビカメラの前で喋るのは、普段の100%の力が出ないものです。やることは同じなのに、どうしてうまくいかないのでしょうか。

同じような事が他にもいえます。地面から10センチ上にはなし、幅30センチの板を橋渡しし5メートル歩くのは出来ますが、10階建てのビルとビルに同じ板を橋渡しして、5メートル渡るのは、足がすくんで、歩けません。 地上から3メートルぐらいの高さだと、なんとか渡れるでしょうけど、それもけっこう緊張します。

これは同じ事をやってても、規模が大きくなると、失敗したときの、損害が大きいので、心理的にびびってしまうのです。普段難なくこなしていることでも、1000万円賭けてやると、充分実力が発揮できなくなるでしょう。万が一失敗すれば1000万円の損害になるわけですから。


 おそらく相場の世界でも、そのような事がいえます。自分の器以上のリスクを賭けてしまうと、普段なら難なくこなせる事も、精神的にびびってしまい、いい結果には、ならないでしょう。

こういうことからも、自分の精神状態に支障をあたえない程度の、投資バランスが必要なんでしょうね。



                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月8日火曜日19:20更新    月〜金18:00〜20:00更新 


     相場雑感
    7月8日(火)

7月7日 NYMEX

前日値

30.42

始値

30.15

高値

30.25

安値

29.82

終値

30.13

前日比

-0.29

7月8日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.13

高値

30.13

安値

29.71

15:23

29.72

18:26

29.78

  7日のNY原油は小幅に反落した。ナイジェリアのストが材料視されてきたが、同国内ではゼネストにもかかわらず、普段通りに原油の出荷が続いていることで、ストによる影響が軽視されだした。また、本日からブッシュ米大統領によるアフリカ5カ国の訪問が始まったが、その際ナイジェリアにも訪問予定となっており、解決に向けての何らかの協議があるだろうという思惑から売られた模様。

 国内は海外安につられ、ガソリン、灯油ともに総じて安く始まり、夜間取引で30ドル割れに落ちこんできたことでいっそう売り圧力を強めることになった。原油は前日に少し下げが先行していたことからマチマチに始まったが、やはりガソリン、灯油と同様に後場から下げ足を加速して取引終了。今後、目先は米国原油在庫統計に目を向けられているが、今月末にはOPEC総会が予定されているため、その動向に注目されてくると思われます。

 さて、本日は各商社が一斉にポジション整理を行った様な1日でした。米国の原油在庫が規定水準に到達していない為、未だ下値ラインは底堅いという声が市場では多いようです。ただ、原油在庫の増減だけで相場を予測することは全く不可能なことです。ファンド筋は石油商品から上昇を続ける株式のほうに資金をシフトし始めていることから冷静に需給面だけを考察していればいいものでもありません。また、材料がなくとも値が変化するのが相場です。高いから売るのでも、安いから買うのでもありません。先日から今年6月までの当社プログラムの成績を実績過去分に掲載しています。予想ではなく、予測でない限りこういう結果には結びつきません。長期に亘り、トレード回数、勝率、損益と累積して公表することができるのは実績から生じる自信です。これを期にもう1度、今年半分のご自分の成績と見比べて下さい。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     


    トレンドライン日報

  
  今日は全体下げました。プログラムによって売り買いまちまちになってますが、今日の動きでプログラムはどう変わってきたでしょうか?
 
さて、本日寄り付き、先全体若干安寄り付きスタート。デイトレードは、原油、ストップロスに到達し、負けでした。
  
 本日寄付き、ガソリン先70円安からのスタートで、チャート(5分足)では寄付きから昨日の下降トレンドに続き、下げっぱなしで、画的には5日トレンドぐらいの大きな波って感じでした。後場寄付きからグッと下げ、12:50からは引けにかけ、微妙に上向け角度をキープしながら、上昇トレンド一直線で終わりました。(ほとんど真横に見えますが、若干上向き)結局-320円と、結構下げました。5日トレンド的にはもう一段下げのような気もしますが、日足で見るとガソリン25620円で、灯油は28700円でサポートが入りそうですが、プログラムは、どう判断するでしょうか?

 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で430円レンジ、−320円、380円レンジ−240円、220円レンジ −200円と若干下げ基調にあります。

Cチャート、新規は見送り、原油手仕舞いサイン出てます。、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート サイン見送り、現ポジション現状維持、タイミング会員ページ。 
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持
       
       

デイトレード本日は、原油ストップロス負け。
            明日も原油のみ出動。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持

 
  引き続きプログラム検証中ですのでバランスは基本を保った考え方で。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。

           



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 売り。買いプログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジション維持 タイミングは会員ページ  
灯油 売りポジション
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジションは現状維持、タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます。

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
手仕舞い有り、他ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                  「確率のお話」2

 昨日はちょっとした確率について、お話しました。今日は引き続き確率について考えてみたいと思います。

相場と確率の関係について、相場に参加している皆さんと、考えていきたいと思います。

まず、「予想」と確率を使った「予測」との違いを考えていきましょう。

 
 よ‐そう【予想】‥サウ
ある物事の今後の動きや結果などについてあらかじめ想像すること。また、その想像した内容。「暴落を―する」「―がはずれる」「―を上回る」
#―‐がい【予想外】グワイ          [株式会社岩波書店 広辞苑第五版]


 よ‐そく【予測】
将来の出来事や有様をあらかじめ推測すること。前もっておしはかること。「景気を―する」「―がつかない」                   [株式会社岩波書店 広辞苑第五版]


両者、よく似てますが、全然意味合いが違いますね。一般には、相場に参加されている方々は前者の予想をします。予想に従い売買します。「いやー、私はテクニカルで罫線などを見て、ゴールデンクロスだから買ってるんですよ、予測ですな」とか、いわれる方がいらっしゃっても、結局いけそうに思うときはいって、駄目そうに思う時には見送ったりします。それは予測にしたがって予想を立てているのです。それで予想が的中したら、また自分の予想力に自信を持って、また予想するのです。 

しかし、一旦予想が外れだしたら、その予測すらも眼中に無いほど動揺します。それが感情売買の怖いところです。良い時は、どんどん調子に乗るし、一旦歯車が狂ってくれば、もう逆逆でボロボロになります。
(よほど精神力が強い人は例外です。)



皆さん、プロ野球はよくご存知ですよね。あまり興味がない方には申し訳ないのですが。

監督さんによって采配が違いますよね。各選手の過去の成績や直近の成績など参考に選ばれた選手を使って、試合をするわけなんですが、相場のトレーダーというのは、プロ野球の監督さんに似ていますよね。色々トレード手法がある中で、自分で選んで組み合わせて、ウエイトやバランスを考えて勝負に臨むわけです。それぞれ選手が、役割や特徴(こうゆう時には強いが、ここが弱いとか)など分析しながら。

これを、いきあたりばったりで100%予想だけに頼っていては、おそらく優勝できないでしょう。また精神的に弱い監督もボロボロになるでしょう。だから、スコアラーがキチッと選手個人個人の成績を記録して、監督さんが、判断して使いこなし、勝ちに行くという作業が必ず必要です。

トレーダーも同じことが言えます。条件の違うプログラムの確率や利益率を計算に入れた上で、勝利に向かってトライするということです。

ここで確率のお話に戻りますが、2割バッターは100打席打ち続ければ、おおよそ20回ヒットが出ます。4割バッターは100打席打ち続けると、おおよそ40回ヒットが出ます。しかし次の1回は打つか打たないかわかりません。

相場では、勝率60%であれば、100回やれば、おおよそ60回は勝つでしょう。しかし次の1回は勝つか負けるかわかりません。 そうゆう状況の中では、長くやり続ければ続けるほど、それに近い結果を得る事ができます。


相場に対してのお考えは、皆さん個々にあるとは思いますが。私たちは確率についてかなり執着し、研究しております。

         相場には、優れた計算力と、動揺しない強い精神力と
   
    そして優れた予測を立てた物を使いこなすことが、キーワードでしょうね。勝つために

                

                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月7日月曜日19:40更新    月〜金17:00〜19:00更新 


     相場雑感
    7月7日(月)

 

7月4日 NYMEX

前日値

30.42

始値

休場

高値

 

安値

 

終値

 

前日比

 

7月7日 夜間取引

始値

30.15

高値

30.23

安値

29.99

15:30

30.11

18:00

30.13

  4日のNY原油は独立記念日のため休場。現在は夜間取引でやや軟調に推移しており、約40セント程下げている。1度は29ドル台まで下げたが、現在(日本時間15時)では30ドル台に戻している。ナイジェリアではストが続いているが、長期化する見込みは少なく、米国では独立記念日前後のテロが回避されたことが売り材料。

 7日国内は3商品ともに続落して始まった。3日の海外高に連動しなかった国内は、先週末北海ブレンドが下げたことには敏感に反応した。そして、米国で夜間取引が軟調に動いていることで、下げ幅を拡大することになった。また、後場からは為替が円高に動いたことも下げ要因の1つとなった模様。

 さて、本日当プログラムの1月から6月までの損益結果をホームページ上の実績過去分に掲載致しましたので、どうぞご覧下さい。
     


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     


    トレンドライン日報

  
  また一週間が始まりました、今日の商品市場はどうだったでしょうか。
 
さて、本日寄り付き、先全体若干安寄り付きスタート。場中、ダラダラで最後くッと下げて終わりました。デイトレードは、原油逆転10円負けでした。
  
 本日寄付き、ガソリン先170円安からのスタートで、チャート(5分足)では場中、微妙なほとんど真横に見える下降トレンドで、ダラダラと横ばい状態の後、15:15近辺、急激に下げてもみ合い、最後はクッと下げて引けました。


 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で280円レンジ、−380円、210円レンジ−330円、140円レンジ −160円と若干下げ基調にあります。

Cチャート、原油新規、手仕舞い各サイン出てます。、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート ガソリン新規サイン、他は現状維持、タイミング会員ページ。 
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 全商品本日転換、手仕舞い仕込み済み
       
       

デイトレード本日は、原油逆転10円負け。
            明日も原油のみ出動。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持
       
 プログラムにより徐々に転換しているものもありますが、はっきりしない微妙なライン、明日からの動き及び、NYの動きに注目しています。
 
 現在プログラムは、各種類、各商品により微妙な位置にあります。引き続きプログラム検証中ですのでバランスは基本を保った考え方で。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。

           



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 売り。買いプログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規有り、現ポジション維持 タイミングは会員ページ  
灯油 売りポジション
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規手仕舞いは無し、現ポジションは現状維持、
                    タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます。

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い有り、他ポジションは現状維持 
                    タイミングは会員ページ



                   本日のコラム

                   「確率のお話」

 確率っていうのを、身近に考える事がありますでしょうか?

 未来の今から起こる出来事に対し、いくつかの全ての結果事項に対して、その中の一つが結果となる割合のことを、確率と言います。

 しかし、普段生活している中では、天気の降水確率やギャンブルぐらいしか、確率などというものを、考えたりはしないのではないでしょうか。

 本来、確立というものは何十回、何百回、何千回の中で、その結果になったのが、何回あったかということなので、いくら確率が高くても、次の一回がそうなるとは、かぎらないものです。

野球の打率なんかも、面白いですよね。3割バッターなんかは、10回チャレンジして3回しかヒットが出ないが、得点圏にランナーがいる場合は、5割打っている、というケースがよくあります。

それは、状況に応じて確率を計算するという方法です。

例えば、毎日、まっすぐ家に帰る時と、毎日寄り道して5時間ぐらい遊んで帰る時と、トラブルにあう確立が変わってきます。

また、確率というものは時間が経つにつれ変わってきたりします。状況に応じて、行動も変えていくのも、手だと思います。

書類を上司に提出して、ボツになる確率なんかも、計算してみても面白いですよ。


「確率学を勉強するということイコール「カス」を掴みにくくする」ということと私は解釈しております。カスは嫌ですよね、できれば避けたいですね、何事も。

普段から身近ないろんなことに対して結果を電卓でたたいてみてはいかがでしょうか?

また違った面が発見できるかもしれませんよ。


        最後に一言、相場もまた、確率重視のものだと確信しております。

                   
                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月4日金曜日20:00更新    月〜金17:00〜19:00更新 


     相場雑感
    
     7月4日(金)

 

7月3日 NYMEX

前日値

30.15

始値

30.14

高値

30.98

安値

30.07

終値

30.42

前日比

+0.27

7月4日 夜間取引

始値

休場

高値

 

安値

 

15:30

 

 

 

  3日のNY原油は小幅ながら続伸して取引終了。ナイジェリアのストライキや先日の在庫統計の減少などで、一旦は31ドル手前まで上昇したものの、ナイジェリアのストが終息のメドが立ち始めたとの報道が入ったことと、3連休前のポジション調整の売りによって上げ幅を削ることになった模様。

 国内は寄り付き後に買われる場面も見られたが、NY原油の反発にはあまり反応せず、週末の手仕舞い売りが先行し、ガソリンの期近を除いては全体的に小幅ながら下落して取引終了。米国が独立記念日で夜間取引も休場となっており、様子見ムードが強かった。

 本日で7月第一週目も終わりました。2、3日小幅なもみ合いが続きました。昨日のコメント通り、既に織り込まれていたことで海外高には反応せず、逆に予想より海外の上昇幅が小さかったことで国内は売られ、下げることになりました。今後、イラクの原油輸出量の回復ペース、ナイジェリアでのストライキの終息のメド、米国独立記念日でのテロ警戒(何も起こらなければ弱材料)とこれらの材料が週明けの夜間取引で動いてくると思われます。

 蒸し暑い日が続きますが、良い週末をお過ごし下さい。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     


    トレンドライン日報

  
  今日は週末金曜日、NY夜間取引もお休みで、連日の転換なりそうで、ならない微妙なラインです。本日の動きはどうだったでしょう。

 さて本日も会員ページ、Cプログラムガソリン1本、仕切ありましたが、+550、と、またまたプラスでした。
 
本日寄り付き、ガソリン、灯油先ちょい安、寄り付きスタート。原油先10円高寄り。引けはガソリン、灯油押して引け、原油は一伸びして引ました。デイトレードは、ガソリン、灯油小額負けで、原油小額勝ちした。

  本日寄付き、ガソリン先50円安からのスタートで、チャート(5分足)では最近の傾向で、5日トレンドぐらいの大きな波で、昨日の引け前の角度からのつながりで、しばらく続いています。そのライン若干の安寄付きの後、1:50まで下げて、そこから引けにかけ、同角で上げ、最後は日と押しって感じでした。灯油原油のチャートも大体ではありますが、同じような動きでしたが、原油はひと伸びして引けました。


 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で240円レンジと昨日と同じで−150円、160円レンジ−110円、130円レンジ −50円。

Cチャート、全商品新規見送り、灯油手仕舞い、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 新規見送り、他現状維持、タイミング会員ページ。 
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状ポジションは維持 結構今回はトレンドが長いです。
       
       

デイトレード本日は、ガソリン、灯油小額負けで、原油小額勝ちした。
            明日も全商品出動。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持
       
         
 
 現在プログラムは、転換しそうでなかなかしない微妙なラインが続きます。引き続きプログラム検証中です。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。

           週末暇な方は相場で利益を上げる方法をもう一度読み返しておいて下さい。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規手仕舞い見送り、現ポジション維持
                       タイミングは会員ページ  
灯油 売り。買いプログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規見送り、手仕舞い有り、現ポジションは現状維持、
                    タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます。

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規手仕舞い見送り、現ポジションは現状維持 
                    タイミングは会員ページ



                    本日のコラム

                「人間一人に与えられた時間」

 人生
は一度きり、というのは考えれば解りますが、常に思って行動してる人はどれだけいるでしょうか?

「大切な時間」、という感覚で、すべての事を考えられれば、もっといろんな発想が出てくるし、もっと行動力が出てきたりするんじゃないかと思います。

 これは私もそうなんですが、どうしても、仕事や日々の生活やなんだかんだで、フットワークが鈍り、どうしても、一歩する事が、遅くなりがちです。旅行に行こうかな、なんて思ってもなかなか行けずに、気が付けば1年半も経っている、ということが、よくあります。

 その点、女性の方は、行動が早いし、けっこう今を生きているような気がしますが、どうなんでしょうか?けっこう女性の方というのは、年齢と共に生活が様変わりしてしまいがちなので、「今、この年齢、この瞬間」を大事にしている方が多いように思えます。その点は、見習うべきところだと思います。

 最近、今までの人生を振り返ってみて、反省すべき点、今までにやり残してきたことなど、もう一度見詰め直して、「大切な時間」を大切に使って生きたいと思います。                   
         
          人生の悔いが残らない為にも心がけて生きたいですね。

                  皆さん良い週末を

                   山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月3日木曜日19:25更新    月〜金17:00〜19:00更新 


     相場雑感
    
    7月3日(木)

 

7月2日 NYMEX

前日値

30.40

始値

30.32

高値

30.70

安値

29.90

終値

30.15

前日比

-0.25

7月3日 夜間取引

始値

30.14

高値

30.65

安値

30.07

15:30

30.29

18:33

30.65

  2日のNY原油は小幅ながらも下落した。注目されていた米国原油在庫統計の発表では減少となり、一時的には買われ、30.7ドルまで上昇する場面も見られた。しかし連休を控えた手仕舞い売りの勢力が強く、下落して取引を終えた。EIA統計では前週比210万バレル減の2億8210万バレル。同様にガソリンが320万バレル減の2億0500万バレルとなった。

 国内相場は海外安と円高の影響で下落して始まった。ただ、海外は下落したものの、事実上在庫統計で減少となったことや夜間取引で再び上昇していることを受け、ガソリンは期近2限月以外で上昇。灯油は期近が寄り付き値段より値を戻すことができず、そのことから高値警戒感が生じた様子で、期先以外は下落した。原油は9月限以外で下落したものの、期近以外はほぼ値を戻す状態で取引終了。

 今回のNY原油の下げはテクニカル的な売りと、連休を控えての手仕舞いによるもので、ファンダメンタルの面から考えると買い材料の方が僅かながらに勝っているように私自身は思いました。米国原油在庫統計の事前予想では原油は150万バレル増とされていました。また、ガソリンも事前に150万バレル減とされていたところが、320万バレル減とほぼ倍にあたる減少幅となっており、今後の強材料とされる可能性が高いと思われます。国内もこれらの事を織り込んだ相場のように思えましたので、今後海外高になれば、少し出遅れることで海外高に連動しない場面も見られるかも知れません。

 さて、昨日から当ホームページ上の実績表過去分にて、4月〜6月分の成績に更新していますのでどうぞご覧下さいませ。また年度別実績表分も数日後には今年6月までの半年分を一挙公開する予定ですので、その際はこの場からお知らせ致します。


6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     


    トレンドライン日報

  
  転換なりそうで、ならない微妙なラインですが、本日の動きはどうだったでしょう。

 さて本日も会員ページ、Sプログラム原油1本、仕切ありましたが、+1330、と、またまた絶妙でした。
 
さて本日寄り付き、先全体100円前後安寄りスタート、引けは全商品高値引けで、デイトレードは、全品勝利、でした。

  本日寄付き、ガソリン先100円安からのスタートで、チャート(5分足)では最近の傾向で昨日の引け前の角度でつながり、安寄付きの後、5日トレンドぐらいの大きな波で、午前下げの、午後上げで大きな弓形を描きました。灯油原油のチャートも大体ではありますが、同じような動きでした。


 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で240円レンジ+80円、210円レンジ+30円、190円レンジ −20円。

Cチャート、ガソリン、原油新規有り、ガソリン手仕舞い有り、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 原油新規、他現状維持、タイミング会員ページ。 
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状ポジションは維持 結構今回はトレンドが長いです。
       
       

デイトレード本日は全商品高値引けで勝利。
            明日も全商品出動。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持
       
         
 
 現在プログラムは、転換しそうでなかなかしない微妙なラインですが、引き続きプログラム検証中です。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 買い
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規サイン有り、手仕舞い有り、
                       タイミングは会員ページ  
灯油 売り。買いプログラムによってちがいます。
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
現ポジションは現状維持、
                    タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます。

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規有り、他ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ



                    本日のコラム

              相場の話、「利益を上げる人、損を出す人」

 今日は相場のお話でもしようかなと思います。

 私、山本は、相場を遊び半分で始めてた頃を入れると、およそ15年のキャリアでございます。

 同じ10年のキャリアどうしでも
10人十色、いろんなやり方や取り組み方、考えや感覚、それぞれです。そして30年やり続けても、勝てない人も、2年で勝つ方法を知りえた方も、いらっしゃいます。

 世の中、株、為替、商品もろもろ、相場と呼ばれるものを、携わってらっしゃる方は、大きく分けて「利益を上げる人」と、「損を出す人」に分かれるのは、お解かりですね。

 しかし、利益を上げる人、損を出す人、どちらも勝つつもりで臨まれてます。

 さて、両者の違いはなんでしょうか?それは、簡単な話で、利益を上げる人は、利益を上げる方法を知っています。しかし損を出す人は、トータル利益を上げる方法を知らないか、負けるようなものを勝てると信じ込んでるか、どちらかでしょう。

 一言で言えば、計算が出来るか、鈍いかの違いでしょうね。計算が鈍いと、どうしても小さく勝って、大きく負けて、その負けを早く取り戻す為に仕掛けたはずが、更に大きくやられたり、というパターンじゃないでしょうか。

 初心者は行き当たりばったりで、勝ったり負けたりで、たまに調子に乗って大損したり、負けこんで大事な資金を損をして、行き当たりばったり、思うがままのトレードの反省をすれば、また一つ大きく成長すると思うのですが、何年も何年も儲かったり損したりで、日々、価格表とにらめっこで、結局自分のスタイルが間違ってることに、気が付かない人が、一番しんどいんじゃないでしょうか?

 何でも調べたり、知ったり、それを試してみたり、最後に利益を上げられればいいんじゃないんですか。
            失敗は成功の元、失敗しない人間は成功も難しいです。
            
            失敗して、辛い思いをした分、肥やしになると思います。
            
            一番不幸な事は負け組みの方程式を続けることです。




                      山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月2日水曜日19:00更新    月〜金17:00〜19:00更新 


     相場雑感
     
     7月2日(水)

 

7月1日 NYMEX

前日値

30.19

始値

30.12

高値

30.50

安値

29.70

終値

30.40

前日比

+0.21

7月2日 夜間取引

始値

30.32

高値

30.48

安値

30.3

15:30

30.38

17:51

30.39

 1日のNY原油は小幅ながら続伸した。熱帯気圧「ビル」が勢力を弱め、製油所への影響が小さくなるという見方から売られる場面も見られたが、未だ製油所が操業停止しているため、買い方優勢となった模様。また、ナイジェリアでのストライキも2日目を迎え、現地法人は「ストライキが長期化しても、数週間は生産維持できる」とのコメントがあったが、ナイジェリアの政情不安がぬぐい切れないために、これも支援材料となった。

 2日の国内市場は海外高を受け、ガソリン期先を除いては全体的に上昇。ガソリンは期近が夏場の需要期に向けて続伸、30000円台に乗せたことで買い安心感が広がった。期先は昨日の27040円を越えきれずに足踏み状態となった。灯油も一時的に伸び悩む場面も見られたが、期近を除いては続伸。原油は海外高を受けて続伸、円高が加速したことで上げ幅を縮小して取引終了した。

 連日のように各商品が一代高値更新してきた上昇相場でしたが、本日はガソリンの10月限のみが更新となっており、高値警戒感から利食い売りが目立ってきました。明日発表される米国原油在庫統計の内容次第では売りが活発になりやすい局面を迎えそうですが、今までが売り方を裏切り続けてきた相場だけに、今後興味深いトレンドラインとなりそうです。


     
6月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     


    トレンドライン日報

  
  一時的転換、もしくは完全転換になると予想されているかたが多い中、本日の相場はどうだったでしょうか。

 さて本日も会員ページ、ガソリン1本、灯油1本仕切ありましたが、+1020、+690、と連勝オールプラスで、これもまた絶妙でした。
 
さて本日寄り付き、先限ガソリンはちょい安、灯油、原油はちょい高スタート、デイトレードは原油未約定で休みでした。

  本日寄付き、ガソリン先40円安からのスタートで、チャート(5分足)では昨日の引け前の角度でつながり、今日一日大きな波で、もみ合う感じでした。灯油原油のチャートも同じような感じで、2回下げの2回上げ、最後は下に突っ込んで引けました。ちょっとも見合い感が強くなってきた感じです。


 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で230円レンジ−80円、220円レンジ+120円、210円レンジ +10円。

Cチャート、新規、手仕舞い、見送り、  現ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 原油仕切、他現状維持、次回タイミング会員ページ。  現在含み全ポジションプラス
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状ポジションは維持 
       
       

デイトレード本日は原油未約定の為、休みでした。
            明日は全商品出動。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持
       
         
 
 現在プログラムは、ちらほら転換サインが出てきております。一時的転換なのか、本格的転換なのかは、今のところ判断はできません。プログラムや商品によってサインの違いが出てきていますが、引き続きプログラム検証中です。


  バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 見送り、買いポジション
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規見送り、手仕舞い有り、現ポジションは現状維持、
                       タイミングは会員ページ  
灯油 売りポジション
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い有り、現ポジションは現状維持、
                    タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます。

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規有り、他ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ



                    本日のコラム

                   「気持ちと行動」

  人間、行動するときには、基本的に、気持ちのまま行動します。

 これは、私自身、今まで生きてきて、自分自身の行動で思った事なんですが、「したい、やりたい」イコール「行動」する。 「やらない、しない」
イコール「どうしてもしたいわけではない。」というふうに分析します。

よくある話が、「商売したいんだけど」とか、「歌手になりたいんだけど」とか、「結婚したいんだけど」とか、ほかもろもろ、「やりたい、したい、こうなりたい、」こういうふうな事をよく聞きます。しかし5年も10年も、なにも出来ずにいる人が、多いように思えます。

 本当にその人がそう思っているのであれば、そうできるように、またそうなれるように、行動するはずです。しかしどうしても、そうなりたいわけではないのです。仮に本当にそうなりたいのであれば、それなりの行動を起こしているはずですし、障害があろうとなかろうと、資金があろうと無かろうと、ひとつずつクリアーしていく行動を起こすはずです。

何もしないということは、本当はどうしてもそうなりたいわけじゃないのです。

そういう意味では、気持ちは正直だなっと思います。逆にどんどん目指すところは行動していけばいいし、そうなることが本来の自分の望みなんでしょう。

時期を見据えるのも一つの行動ですし、こつこつ障害をクリアーしていく事も行動です。


         そして、あたためてきた、夢をもう一度考え直していきたいものです。


                      山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年7月1日火曜日19:00更新    月〜金17:00〜19:00更新 


     相場雑感
     
     7月1日(火)

 

6月30日 NYMEX

前日値

29.27

始値

29.30

高値

30.21

安値

29.10

終値

30.19

前日比

+0.92

7月1日 夜間取引

始値

30.12

高値

30.16

安値

29.93

15:30

30.05

18:09

30.05

 30日のNY原油は大幅続伸し、再び30ドル台に回復した。米国メキシコ湾岸に熱帯性気圧「ビル」の接近により、米国最大の石油輸出港ルイジアナ・オフショア・オイル・ポートが操業停止したことが買い材料。また、ナイジェリアでストライキが始まったとの報道も支援材料となった。

 7月1日の国内は、昨夜のWTIが30ドル台に回復したことで、買いが先行して始まった。ガソリン10、1月限、灯油11月限、また原油の期先3限月が一代高値を更新した。ただ、ガソリンと灯油は頭の重いかたちで、利益確定の売りに押される場面も見られ、市場では「修正局面を迎える可能性が高い」という声がよく聞かれた。原油も同じ様に利食い売りに押される場面も見られたが、夜間取引が堅調に推移したことで上げ幅を拡大して取引終了した。

 さて、本日から7月相場の始まりです。6月相場は下げそうで下げず、踏み上げていく上昇相場でした。当プログラムも順調にトレードをこなしており、成績も良好になりそうです。まだ、踏み上がりきっていない状況ではありますが、ここで一旦調整を迎えるか、踏み上がり切るかの境目に辿り着いたように思います。


     
5月分更新済み成績表


                                  小西

                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



※昨日のトレンドライン日報で、ガソリン、灯油各12月限のコメントが一部誤りがありました。申し訳ございません
     
     


    トレンドライン日報

 今日から今年後半戦始まりました。さてどうでしょうか。

 本日会員の方、原油3本、灯油1本仕切ありましたが、+920、+820、+560、+860とオールプラスで、これもまた絶妙でした。
 
さて本日寄り付き、全体高寄りからのスタート、デイトレードはガソリン小額負け、原油未約定で休みでした。

  本日寄付き、ガソリン先300円高からのスタートで、チャート(5分足)では昨日の引け前の角度で一気の高寄りから前引けまでジリジリさげ、午後からは3:10までは、ジリジリの上昇トレンドを描きながら、最後は下げて終わりました。灯油もチャートの動き的には、同じような感じでした。原油は高寄りしたものの、一旦下げて、そこからは一日上昇トレンドキープでした。


 各先限、前日比とレンジはガソリン、灯油、原油先の順で300円レンジ+210円、290円レンジ+140円、290円レンジ +430円。

Cチャート、灯油、原油新規サイン有り、  ガソリン、灯油、仕切サイン、他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       

Sチャート 灯油、新規手仕舞いあり、他現状維持、次回タイミング会員ページ。  現在含み全ポジションプラス
       引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状ポジションは維持 
       
       

デイトレード本日はガソリン小額負けでした。。
            原油のみサイン有り。指値タイミングはデイトレードページ。
                              バランスよく維持
       
         
 
 現在プログラムは絶好調進行中、ほぼ思惑どおり、プログラムや商品によってサインの違いが出てきていますが、そろそろ転換点も近づいてきているかもしれません、引き続きプログラム検証中です。


、もみあう、もしくは切り返すようだと転換する可能性あります。バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。



                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。
IKトレンド現在進行型
ガソリン 見送り、買いポジション
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規見送り、手仕舞い有り、現ポジションは現状維持、
                       タイミングは会員ページ  
灯油 買い→売り
手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規、手仕舞い有り、現ポジションは現状維持、
                    タイミングは会員ページ
原油 売り。買いプログラムによってちがいます

手持ちポジション
バランス正確に
会員ページ
新規有り、他ポジションは現状維持 タイミングは会員ページ



                    本日のコラム

  今日から7月が始まりました。一年の後半戦のスタートです。

 以前のコラムで「人間、区切りが大事」というふうな、お話をしたことがありました。まさにその通りで1年は節目ですが、半年も節目と考えれば、また新たな気持ちで、前を向けるというものです。

 というのも、人間、何も変わらないし、やっている事は同じなんですが、考え次第で、どんどんよい方向に修正できるという証明みたいな物です。

 数字で言うなら、過去の大きなマイナスを抱えたままでは、地道のプラスを続けてもなかなか気持ち悪いものですし、気分的にも前向きに行けないものです。

 私生活でいうなら、悪い出来事を、いつまでも抱えたままでは、なかなか前向きには行けないものです。また、前向きには考えにくいものです。

 考え次第では、どんどんいい方向に行くのであれば、どんどん区切るべきです。そして常に心のリセットをかけて前向きに生きたいものです。

 大人になれば、人生の区切りは自分で付けるもの。子供の頃のように誰かはやってくれません。

  
            「区切り」とは、過去のマイナスを清算することです。

               そして前向きにプラン立てすることです。

                      山本 一郎


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

HOME  本日の相場観    バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月