本日の相場観

HOME  本日の相場観    バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
会員申し込みに関する問い合わせ 会員の申し込み及び案内
E-mail  info@ntl-pro.com    24時間 入金確認後即パスワード発行
月内途中入会可

日本トレンドライン
TEL  06−6352−0500    PM1:00〜PM6:00

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

     本日の相場観バックナンバー2003年8月分


2003年8月29日金曜日19:50更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
   829日(金)

 

8月28日NYMEX

前日値

31.21

始値

31.23

高値

31.65

安値

31.12

終値

31.50

前日比

+0.29

829日 夜間

(日本時間)

始値

31.45

高値

31.63

安値

31.40

(15:30)

31.58

(19:00)

31.55

 28日のNY原油は先日発表された在庫統計でガソリン在庫が減少していたことを受け、需給ひっ迫懸念が出た様子。また、週末と月末が重なり、3連休を控えていることから昨日の修正が入り、小幅反発となった。また、イラク北部の石油パイプラインで爆発が起きたとのニュースが入ったことも支援材料。ただ、イラク側のコメントによると、パイプラインの破壊行為が続いてはいるが、産出量は増加の傾向にあるとの事。ここのところ、米国市場もイラクの原油問題には冷静になってきており、5日連続続いていた高値32ドル台も昨日は届かなかった。

 国内相場は3商品ともにマチマチといったところで、ガソリンは期近2限月で上昇となったが、その他の限月では反落となった。灯油はガソリンと逆に期先2限月で反落となったが、その他は上昇。同じように、原油も期先が反落、5番月の12限月は変わらず、その他は反発となった。

 本日で8月相場も終りです。昨日のコメント通りの結果になり、反発した海外市場には反応せず、連休前である米国市場を警戒して手仕舞いやポジション整理中心の商いとなった模様。新規材料に乏しく、方向感がないことに夏休みも重なり、寂しいひと月でした。来週からの9月相場には期待したいと思いますが、依然から今年の灯油相場は過去のデーターや値頃での取引は避けてくださいと、この場所で書いてきました。元売は長期に亘って高止まりしている原油コスト問題によって、商社向けの灯油供給量を大幅に削減する意向を示しています。在庫の積み増しも続いており、しばらく灯油は強基調と思われ、近いうちにはガソリンベースから灯油ベースに移り変ってきます。現在灯油は期近ベースで取引されながら、ガソリンに連動していますが、来月中には独自の値動きが始まりそうです。

 ようやく夏らしくなったと思えば、8月も終りです。これからも暑い日が続きますが、夜になると急に涼しくなりますので体調崩さないようにお気をつけ下さい。それでは、良い週末をお過ごしください。


   

            ※7月分更新済み成績表が更新されています。
   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日8月最後の市場、原油は若干高寄り、製品は若干の安寄付きで始まりました。デイトレードプログラムは、原油のみ買い出動でしたが、結果は小額負けでした。最近のもみ合いの時期しょうがないところです。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比120円安からのスタートで、チャート(5分足)では、寄り付いた後9:40ごろから急激に買われ、そこから若干押されたものの、1:10までなだらかに上げました。しかし反転引けに賭けてジリジリ下げ始め、終値は前日比−150円とマイナスで終わっています。
 現在、方向感の一定しないもみ合い状態が長く続いています。来週の動きに期待したいところです。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、220円レンジ、−150円、230円レンジ −110円、110円レンジ -40円。

Cチャート、灯油、新規サイン有り、手仕舞い無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート ポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日ガソリン、灯油、転換済です。 他ポジション現状維持。
       
デイトレード本日は、原油は小額負けでした。
                 月曜日は灯油、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持
  来週から9月の始まります。もみ合い脱出し、動きが出てくることに期待したいところです。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

                

 今日で8月最後の週末となりました。夏の終わり、月末と言う事で、人生の区切りの時期の人もいるかもわかりませんが、私もその一人です。人生は一つ一つ区切りをして前向きに考えていかなければなりません。それでまた良い結果となって幸せを与えてくれると信じておりますが。
 話は変わりますが、昨日は私の父の誕生日でした。毎年父の誕生日にはまったく何もしたことがありません。6年前還暦の誕生日にバッグをプレゼントし、兄弟みんなで温泉旅行に招待したぐらいですかね。 今年も何もしていないのですが、現在父親の絵画&フォトグラフ用アトリエを建設途中で近日完成予定なので、その際にアトリエのリビングに置くDVDレコーダーと大型テレビモニターにホームシアターセットを一式送るつもりで準備しております。感謝の気持ちを表すのってなかなか照れくさいですがね。私もこれからは、これまで以上に、人の心や感謝の気持ちを大事に生きて行こうと思います。


 さて、昨日の続きです。お話の前に昨日新規に開設した「相場110番」で、早速数人の相談者とお話しすることが出来ました。皆さん全員、だいたいこちらで予想したとおりの方法で失敗を重ねていました。
中には、10年間で、4000万円近くも損害を出されている方もいらっしゃいました。
 私が、この部署を開設するに当たり、会社の方からは、色んな意見があり中には強い反対もありましたが、少しでも皆様の改善につながればと思い、9月末までの期間限定ではございますが、ご利用いただければと思います。また、相談者全員に共通する点は、決め事を決めたり守ったりの意思の弱さと、思いつきでの売買であります。相場と言うものは、考え方次第では、自分自身を幸せにも、また不幸のどん底にもなります。自分の思いつきでなんとかなるほど相場は甘くないと言う事です。覚悟を決めて自分との精神力と戦うのが相場だと思っています。



               相場の話、プログラム売買(3)


 本題に入ります今回はプログラム売買の理屈、そのバランスの重要性についてお話ししております。

これからプログラム売買手法の理屈をお話いたします。

 普段人間が考え買ったり売ったり注文を出す時は、一応何かを参考にします。例えば、

新規注文

・営業マンが勧めてきた。
・新聞に上がりそうだと書いていた
・移動平均線が突き抜けてきた。
・チャートを見てなんとなく上がりそうな雰囲気だ
・しばらく上げが続いていたのがちょっと勢いが無くなって下げ基調だ

仕切注文

・この前は欲を出して良いタイミングで仕切損ねて損をしたので、今回は500円取ったら仕切ろうと思った
・「もう100万儲かったから欲を出さずに仕切ろう」と思った。
・チャートを見てなんとなく天井近辺に見える
・上がると思ったが下がってきた
・上がると思ったが下がってきた。しかし追証まで耐えることにしたが追証が発生した。
・きょうは朝から偉い勢いで暴落してきたが、買いを持っている。このまま更に下がりそう
・今日は一日で50万円ぐらいへんこんでいるがそれ以上は損したくない。
・移動平均線が割ってきた。
・「○○さん、ちょとこのままだとまだ下がりそうですねえ」と営業マンが言った。

などと、何かを参考にして、あとはGOするかどうか、判断するわけです。GOするかどうかは通常今の現状(資金的なものも含め)での気分的なものが左右して行こうと思えばGOしますし、やっぱりちょっとと思えば見送りです。

それに対し、プログラム売買は、あらかじめ、何十種類もの参考ににする物を用意し、それが果たして勝ちに繋がるかどうか当てはめてシュミレーション結果などを参考にしながら調整し、複数の条件を組み合わせながら完成させます。完成の後、試運転を終えたプログラムは、後ははじき出されたサインにしたがって売買するだけです。ここには気分的なものも感情もありませんので、やったりやらなかったりは、プログラムが判断します。

要は人間が感情でやるやらないの判断をプログラムがやってくれるというわけです。だからバランスも重要になってきます。プログラムが判断したものに対し、その答えを更に人間が感情的に判断するのは、非常に無意味なことなのです。

来週は、バランスとタイミングの重要性について、引き続いて行きたいと思います。


                     山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

           新規開設 山本一郎の「相場110番」無料相場相談室 
           期間限定〜9月末 06-6352-0500 月〜金PM1:00〜予約受付中
                               E-mailでの予約

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月28日木曜日19:20更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
   828日(木)

 

8月27日NYMEX

前日値

31.95

始値

31.95

高値

32.07

安値

31.10

終値

31.21

前日比

-0.74

828日 夜間

(日本時間)

始値

31.23

高値

31.43

安値

31.16

(15:30)

31.36

(19:00)

31.40

 27日のNY原油は発表された在庫統計を背景に5日連続となる高値での32ドル台には乗せたものの、ガソリンの暴落に原油も引っ張られて反落した。発表された在庫統計ではEIAの原油で前週比20万バレル減、ガソリン同570万バレル減、APIでは原油が同3668000バレル増、ガソリンが同3604000バレル減とされた。ガソリン在庫は事前予想より減少幅が大きかったが、納会前もあって当限ではポジション整理が終始優勢のかたちで取引された。また、現在過去最高水準にまで達しているガソリン価格は9月の最も消費が多いレイバー・デイの祝日を境にして大きく下げ出す傾向があるため、8月のドライブシーズンも終わることもあって、早めに仕掛けられたという声も市場では聞かれた。

 国内は海外安に反応して、総じて安く始まった。その後、夜間取引で値を戻す動きが見られた上に、ガソリン当限は現物価格に対して割安感があったことで、後場からは一転して買われた模様。ガソリンは11限月以外で小幅反発。灯油はマチマチ、依然としてガソリンベースで値動きしており、独自の基調の強さは見られない感じ。原油は海外安に素直に反応して全月で反落。国内外ともに新規材料不足で高値は売られ、安値は買われるといった動きを見せている。

 さて、明日で8月相場も終りです。何か6月後半から7月中旬まで全く動かなかった相場に似ていました。また夏休み中もあって値動きに寂しさを感じます。91日は米国では労働感謝の日で前日の829日が一部で取引時間を短縮。当日は全て休場となり、夜間取引からの再開となることから、明日の国内は手仕舞いや調整での取引が多くなると予想されます。よって、国内は今晩の海外が上昇しても上にはあまり反応せず、下げれば大きく反応する可能性が高いと私自身は思っています。


    


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日は全体下げて始まりましたが、寄り付きから引けにかけて値を上げました。5分足チャートをご覧の方はお気付きだと思うのですがガソリン先3日連続窓埋め状態になっています。しかも27800円をはさんでの穴埋め合戦、もみ合いの兆候で、プログラムによっては裏目に出てきているものもあります。現在は全体プログラムは買い越し状態になっております。
 本日、デイトレードプログラムは、灯油売り原油買い出動でしたが、結果は灯油負け、原油勝ちで平均小額負けでした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比170円安からのスタートで、チャート(5分足)では、三度逆パターンで上に窓を開け、寄り付いた後上げ始め角度は上昇トレンドキープのままプラス圏で引けました。終値は前日比+100円とプラスで終わっています。引け前5分間での強烈な上げの要因が気になります。
 現在、もみ合い状態が長く続いています。がプログラムは一部売り転換しておりますが、全体では買い越。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、400円レンジ、+100円、250円レンジ +40円、120円レンジ -150円。

Cチャート、ガソリン、原油、新規サイン有り、手仕舞い無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート ガソリン新規有り、他ポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日全商品転換済です。 他ポジション現状維持。
       
デイトレード本日は、灯油勝利で原油は未約定でした。
                 明日も灯油、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持
  

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

                相場の話、プログラム売買(2)


今回は数回にわたり、プログラム売買の理屈、そのバランスの重要性についてお話します。

 最近の新会員様及び入会検討の方のご意見ご質問等の内容を見ていると、新しく会員になられた方も、入会を検討されているかたも、まだまだプログラム売買やバランスについての、ご理解が、いただけていないように思います。とにかく、何でも人任せでは事は進みませんし、そんな甘い世界でもありません。私がお願いしたいのは、しっかり内容を読んでいただいて、プログラム売買とその中身のバランスについての最低限度のご理解をいただけることです。またこれを理解する事によって、心理的売買の行き当たりばったりの失敗を二度と繰り返さない為の参考になればと思います。

 皆さんは、売買手法という言葉を耳にしたことはありますでしょうか。相場に参加していらっしゃる方は、なんらかの売買手法を参考に売買しておられる事と思います。初心者のトレーダーの方のアンケートで中に「何を参考に売買されていますか?」の問いに対して「勘」「カン」と答えられた方がいらっしゃいましたが、最初はやはり当て物感覚で売買されている方や、「営業の方」の方針で売買されている方がかなり多い結果でした。また売買暦2年以上の方になると、何らかの売買手法を研究または勉強されて、それを参考に売買されている方もいらっしゃいます。

初めて「売買手法」という言葉を聞いた方はいらっしゃいますでしょうか。相場でいう売買手法の中の一般的メジャーなものを上げると、


  ・移動平均線

  ・RSI

  ・MACD

  ・ポリンジャーバンド

  ・ストキャクティックス

  ・一目均衡表

などがあります。今回はその手法の中身については、省略します。我々日本トレンドラインでは、これらの手法を含み、公開されている売買手法を全て、コンピュータで毎回同じようなやり方で、という条件ででシュミレーションを行った結果、あまり心地よい結果は出ませんでした。ただ、中には移動平均線なんかは、ある程度取れますが、「騙し」(サインは出るが、すぐに転換して、負けるサインのこと)が多い為、目安にはなるが、毎回すべてやると勝つには勝つがあまりやろうという意欲が湧くほどの物ではない様に思いました。

それでは、これらを使用して、売買されている方は、これらを目安に、ご自分の「勘」をたよりに、やるか、やらないか、やるのでしたら何枚ぐらいか、を判断します。だいたい初心者の方に多いのは、負けが込んで調子が悪いときには、売買ウエイト少なめで、勝ちが多くなり資金も増えた頃に、ウエイトを増していくという、心境が働き、そのように売買されているみたいです。

売買手法を取り入れ売買する事を「テクニカル」、と言ったりしますが、先ほどの売買方法では、事前に何の計算もされず、持ち金がプラスになったりマイナスになったり表面的な結果しかわかりません。要は10万の資金で競馬新聞もって、○△マークを目安に、気分的に行けそうな時だけ、買って、結果勝ったり負けたりでその日10万以上持って帰れたらトータル勝ち。なんていうのと同じ事です。

つまり、事前に何の計算もしていないということは、どうなるものかわからないのに、勝てそう、または勝つつもりで臨まれているのが現状です。そのやりかたでうまくいっているうちは良いのですが、いずれ大きくやられるときが来ます。当然、事前に何の計算もされていませんので、不安が募るし、やけくそにもなります。最悪なのが、最初からマンギョク(資金目いっぱい建て玉する事)で一瞬でパンク、もしくは最初に一回目は勝ったが、2回目以降その2倍3倍立て玉して同じ分だけ負けて、金額的には2倍3倍損が出た、なんてことをよく聞きます。

もうひとつ言うなれば、よほどヨミがすごいか、天才的直感でない限り、凡人の思うようなことは、誰でも思っていると言う事、それとそれで勝てるのであれば、誰でもやっているでしょうということなんですよ。

これらの失敗は誰でもありますし、人間心理上、自然な状態です。だから負けるのです。このページをお読みの方で今現在、心当たりのある方は、多いと思いますが、それで痛い目のあって、どうすれば良いのかお悩みの方もいらっしゃる事と思います。

明日は、もう少しつきつめてご一緒に考えて行きたいと思います。


                     山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

 新規開設 山本一郎の「相場110番」無料相場相談室 06-6352-0500 月〜金PM1:00〜予約受付

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月27日水曜日19:45更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
    827日(水)

 

8月26日NYMEX

前日値

31.56

始値

31.50

高値

32.05

安値

31.35

終値

31.95

前日比

+0.39

827日 夜間

(日本時間)

始値

31.95

高値

32.05

安値

31.82

(15:30)

32.00

(19:05)

31.82

 26日のNY原油は在庫統計発表前にガソリン在庫減少予測100万バレル減から200万バレル減少に変わったことで反発した。原油取引では高値で4日連続32ドル台に乗せたものの、昨日はガソリンの急落に押されて、上げ幅を削って終了。ガソリン在庫は減少という予想で固まっているが、原油に関しては一部で小幅減少という意見も出ている。その為、在庫統計を直前にして原油価格はガソリンほど事前予想を織り込んでいない様子。また、OPEC加盟国のナイジェリアではガソリン在庫が不足しているというニュースが入ったことも支援材料となった様子。

 本日の国内相場は海外に反応薄。海外高を受けて高く始まったものの、前場から上げ幅を削るかたちとなった。石油連盟からの石油製品在庫発表を受け、ガソリン、灯油ともに増加していたことが、売り材料となった模様。ガソリンは11限月以外で続落、また11限月も当限に対してのサヤ修正と思われ、決して基調を表すものではないと思われた。灯油はマチマチ、ガソリン同様に1度は全月でプラスサイドにはなったが、後場からは安値を更新しながら下げることになった。原油は全月で反発、夜間取引では目立った動きはないものの、32ドル台近辺から大きく離れることはなく、上げ幅を縮小しながらも全月プラスサイドで取引終了。ただ、在庫統計を前に出来高も少なく、様子見ムードが強かった。

 さて、在庫統計を前にして市場ではガソリン200万バレル減少という予想を織り込みました。最近の在庫量の増減と事前予想との差から考えると、200万バレル以上の減少と報告される可能性は低いと見ます。よって、今回は意見が分かれている原油在庫が価格変動のベースとなってくると思われます。また今後商品別に値動きが異なってくるケースが増えてきそうです。

 


     


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日は全体上げて始まりましたが、寄り付きから引けにかけて値を下げました。本日、デイトレードプログラムは、灯油売り原油買い出動でしたが、結果は3日連続勝ちで灯油勝ち、原油未約定という結果でした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比170円高からのスタートで、チャート(5分足)では、昨日とまったく逆パターンで上に窓を開け、寄り付いた後下げ始め角度は下降トレンドキープのままマイナス圏で引けました。終値は前日比−80円とマイナスで終わっています。
 現在、もみ合い状態が長く続いています。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、300円レンジ、ー80円、230円レンジ −50円、90円レンジ +70円。

Cチャート、新規サイン無し、ガソリン、灯油、手仕舞い有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 新規無し、ガソリン仕切サイン有り、他ポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日原油再転換済です。 他ポジション現状維持。
       
デイトレード本日は、灯油勝利で原油は未約定でした。
                 明日も灯油、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持
  

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

                相場の話、プログラム売買

 今日は、相場の話中心にお話していきたいと思います。

まだ日本トレンドラインを知らない方は、過去にプログラム売買というのを聞いた事はありますでしょうか。読んで字のごとく、プログラムによる相場の売買のことであります。それでは、なぜ、プログラムによる売買をしているのか、また、なぜプログラム売買が理にかなっているのかをお話していきたいと思います。

まず、相場に参加するに当たっては、何が目的なのでしょうか。おそらくみなさんは、利益を上げる為じゃないでしょうか。それは、100%の方が、儲けようと思って参加している事と思います。

しかし、利益を上げることに対しての考え方は、みなさん各々違いが出てきます。一番初心者で多いのは

 気分良く利益を出したい、
 負けるのが嫌、
 勝って儲かった分が減るのが嫌、
 勝ち続けたい。

というのが多いと思います。我々も含め、参加したての新人の方は、ほとんどそうじゃないでしょうか。

一方初心者で、初回で損をした方は、
 
 一日でも早く損を取り戻したい、
 今もっている玉がプラスになるまで仕切らないでおこう、
 2倍3倍に建て玉を増やして一気に取り戻し楽になりたい、
 石油で損したから穀物をやろう、相場は儲からないので二度と相場はやめよう。

すべて、心理面で心地よくなけければならない条件の下で行っています。

それに対して、プロのプログラム売買は考え方自体まったく違います。緻密な計算の元で確率や予測目標利益金額を割り出しそれにしたがって、売買をおこないます。勝ちは勝ち、負けは負け、気分などは関係ないのです。たとえ一時気分良く勝てて利益が上がっても、年間トータル利益が上がらなければなりません。また、5年、10年トータル利益が上がらなければなりません。プロ野球の世界も勝ち負けの世界です。過去全勝優勝したチームが嘗てあったでしょうか。おおよそ6〜7割勝てればほぼ優勝です。今年のせ・リーグは阪神タイガースがぶっちぎりに勝ちまくっていましたが、この前までの長期遠征は4勝11敗と大きく負け越しています。野球は一年で140試合戦い抜いて、まず5割以上で勝ち越し、次に目標6〜7割勝率で優勝、そのために選手のやりくりをします。おそらく私たちが思っている以上の細かい緻密な計算の元で行われているのではないかと思います。

話を戻しますが、トータルで利益を取る方法は、気分でもなく、スリルでもなく、毎回毎回、キチッっとこなし、勝ち越していかなくてはなりません。そのために、緻密に計算されたプログラムにしたがい、もれなく、バランスの狂いも無く、予定どおり勝ち越していかなくてはなりません。

明日はこの、プログラム売買の理屈、そのバランスの重要性についてお話します。




                     山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月26日火曜日19:40更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     826日(火)

 

8月25日NYMEX

前日値

31.84

始値

31.94

高値

32.30

安値

31.35

終値

31.56

前日比

-0.28

826日 夜間

(日本時間)

始値

31.50

高値

31.60

安値

31.35

(15:30)

31.41

(19:00)

31.41

 25日のNY原油は小幅ながらに続落。ガソリンが在庫減の予想から急反発し、それにつられて原油も32ドル台に1度は乗せたものの、利食い売りに値を下げた様子。また、29日の納会前に調整が入ったことも売り材料。今週の在庫統計では、製油所の稼動停止により原油160万バレル増、ガソリン100万バレル減という予想になっている。ドライブシーズンのピークは過ぎてはているが、ガソリンは灯油のように季節的要因性は高くなく、むしろ灯油の消費が増えていくこれからは全体的にタイト感が出てくるのではという声も多かった。

 国内相場は海外安に反応して、朝方から安く始まった。現物価格からすると現在の製品価格は決して高いとは言えない状況で、前場から大引け前にかけて少しずつ下げ幅を縮小する形の取引となった。原油は総じて反落となったものの、ガソリンは前場後半から下げ渋り、後場からは灯油同様に前日比プラスサイドまで戻す場面も見られ、ガソリン、灯油ともにマチマチで取引終了。

 本日はガソリンに人気が集まり、原油は終始ポジション調整となった1日でした。海外でも先週の火曜日と比べると買い越しが大幅に減少しており、再度買い直す可能性が出てきているように思えます。ただ、今まで新規材料として取り挙げられていたイラク問題に関しては、何度も織り込まれてきたことから目新しさがなく、ニュースがあって現状維持程度、無ければ下げる展開となっている。在庫統計でガソリン在庫が予想を超えて大幅に減少していることは考えにくいが、そうなれば高値を試す動きになると私自身は思っています。そして、海外原油が29日に納会を控えているため、事前予想で値動きするだろうが、やはり国内29日の金曜日は様子見ムードの中、手仕舞い中心の取引になるとも思われます。

 


     


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日は全体下げで始まりました。寄り付き段階、プログラムは全体、買い8本売り2本の6本買い越しとなっています。本日、デイトレードプログラムは、原油買いのみ出動、小額勝ちでした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比−190円安からのスタートで、チャート(5分足)では、下に大きく窓を開け、しかしながら角度は上昇トレンドキープのまま引けました。終値は前日比−80円とマイナスで終わっています。
  プログラムは、微妙な感じがしますが、プログラムの判断は、ウエイト買い越のまま明日も全商品新規サインが出ております。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、210円レンジ、ー80円、190円レンジ ±0円、100円レンジ +130円。

Cチャート、全商品、新規サイン有り、手仕舞い無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 灯油、新規有り、現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日原油転換済です。 他ポジション現状維持。
       
デイトレード本日は、原油のみ小額勝ちでした。
                 明日は灯油、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持
  

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

               最初はみんな失敗するから強くなる

 人生トントン拍子に来た人間に限っては、困難に弱い。困難にぶち当たったデーターがないからだ。

例えば、何の苦労知らずで、望むものは、何でも目の前に出てくるし、困った事がおきても親が尻拭いしてくれる。恋人が欲しいと思う前に、向こうから言い寄ってきたり、けっこうモテる。金銭的にも親が援助してくれ給料は全部自分の小遣いで、何の支払いも、もちろん家賃すらやりくりした事がない人がたまにいますよね。最近特にこういう人が多いように思いますが、このような人種は、非常に困難に弱い様に思いますがいかがでしょうか。もちろん困難が一生無ければ、それはそれで OKなんですが、長い人生何が起こるかわからないのが現実です。親も自分も老いてきます。いずれ順番で親が亡くなり自己で生きる術を知らない養殖育ちの人間は、万が一困難にぶち当たれば、非常にもろいように思います。

一方早くにして独立し、小さい困難にぶち当たりながら悪戦苦闘してきた人間は言うなれば先ほどが養殖物に対し、天然、もしくは野生の嗅覚を持っています。いくつもの失敗を乗り越え、挫折や孤独や困難からも身を守り生きてきた人間は、それまでのデータがあります。それも、失敗を幾度と無く乗り越えてきた人間は、将来強くたくましい勝ち抜くノウハウなるものが、しょうがないからこなしてきた生活の中から身に付いて来ています。

だから、昔のことわざで、「若くしての苦労は買ってでもしろ」とか動物の世界では弱肉強食で本能的に生き抜く術を知っていたり、中にはライオンの母親のように、子供を崖から突き落とすなどと言われる場合もあるなど、厳しい環境で生き抜いてきたことが、今後のノウハウになるのだと言う事が考えられます。
人間はまさ精神的ダメージを受けて、それを材料に失敗しないよう作られていく生き物だと思います。
相場の世界で、失敗なくして成功した人間がいるでしょうか(中にはいるかもわかりませんね)。

このページをご覧になっている方で、今現在、また過去に大失敗した方がいるかもわかりません。それは我々も同じです。それでいくら損したかもしれませんが、それはその金額分は肥やしになっていることと思います。肝心なのは、失敗して痛みを感じる事です。そしてその痛みを感じなくて済む方法、つまり失敗しない方法を自分で判断する事。それが失敗を生かすということです。

恋愛に失敗し、「二度と恋愛なんかしない」じゃなく、相場に失敗して「二度と相場などしまい」じゃなく、商売に失敗して、「二度と商売などしまい」じゃなく、失敗しない方法を自分で判断する事です。

人生の勝者とはそういうものです。


                     山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月25日月曜日19:05更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     825日(月)

 

8月22日NYMEX

前日値

31.88

始値

31.95

高値

32.10

安値

31.70

終値

31.84

前日比

-0.04

825日 夜間

(日本時間)

始値

31.94

高値

32.20

安値

31.74

 

 

 

 

 22日のNY原油はほぼ変わらずに取引終了。ガソリンが利食い売りに値を下げたことによって原油も僅かながらに下げた様子。6月上旬から30ドル台の推移となっているが、OPECバスケット価格のレンジ内ではある。ただ、産出国の各国では生産枠の検討が続いており、多くの国が増産させたい態度を示している。イラクでは約2週間程度で原油輸出パイプラインの復旧を終え、再稼動できる見込み。また、前回予想に反して減少となった原油在庫統計も、今週は増加の予想がやや強めとなっている。

週明けの国内相場はガソリンベースで終始取引された模様で3商品ともに続伸。新日本石油の水島製油所で生産トラブルが発生したため稼動停止となった。そのニュースを受けてガソリン当限が急騰したことで、他限月、他商品にも影響を及ぼし、3商品ともに後場からも高値更新し、上げ幅を拡大した。ガソリン、灯油は引けまで基調の強さを感じられたが、原油は円高も材料となり、高値更新後から上げ幅を削ることとなった。また、気象庁発表の3ヵ月予報の気温では9月、10月、11月と平年並みということになっている。

 さて、8月相場も今週で終りです。来週辺りでドライブシーズンも終えることもあり、国内外ともに本格的な灯油の需要期に入るまでは一時的に少しずつでも在庫は増えてくると思われます。価格も下がってきそうな気がしますが、8,9月から11,12月に向けて値段が下がっていくケースが多いのです。その後、値を戻し出すのは予想よりも気温が低く、灯油ベースでとなるか、3月頃からガソリンベースでといったところなのです。以前からコメントしていますが、今年の灯油は一癖も二癖もありそうなので、値頃での取引は禁物です。また長期トレードも理想的ではありません。3ヵ月から6ヵ月間で5000円の値動きがあった場合には前日比の合計では約3倍の15000円ほど毎日動いたことになります。インターネットの普及で手数料も安くなりました。トレード回数を増やしてこまめに取引することにより、より良い成績につながることと私どもは確信しています。安いから買うのでも、高いから売るのでもないことを理解されている方にはよく分かって頂けることと思います。


     


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  週初め月曜日、本日は先週末に引き続きの、全体上げでした。寄り付き段階、プログラムは全体、買い7本売り2本の5本買い越しとなっていますが結果はいまのところ良しです。原油買いのみ出動でデイトレードプログラムは、小額勝ちでした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比10円高ほぼ変わらずからのスタートで、チャート(5分足)では、先末の終わりを引き継ぐ格好。寄付きから引けまで上昇トレンド角度キープのまま最後ひと伸びで大きな陽線で終わりました。最近ではよく伸びた方で、寄り付き値段より370値上がりして終わっております。終値は前日比+380円とプラスで終わっています。
  プログラムは、ウエイト買い越のまま明日も新規サインが出ております。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、410円レンジ、+380円、290円レンジ+240円、190円レンジ +90円。

Cチャート、原油、新規、手仕舞い各サイン無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、原油のみ小額勝ちでした。
                 明日も原油のみ、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持
  

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

                  「孤独な戦い」

解っていても、出来ない人、それが人間です。

人間は、大人になれば、少なくともある程度の良し悪しの判断は付くものです。良い悪いの判断と、やるやらないの判断は連動していますが、別物です。

まず、意識的にかもしくは無意識に、良いか悪いか判断します。それから今度も意識的にか時には無意識に、やるやらないの判断をします。

よく「やっちゃった」とか「つい軽い気持ちで」とかいうのは悪いと判断しているがやってしまうケースです。反対に、「そうしたほうが良いのはわかってはいるんですけど、なかなかそのように出来なくて」は、良いとわかっているのに出来ないケース。

たとえば、お酒やタバコや高カロリーの食べ物や、違反スピードや駐車違反や飲酒運転、浮気や不倫、などなどこのようなものは、悪いと思っているのにやってしまうケースが非常に多いように思いますがいかがでしょうか。良いわけがないのですが、またやってしまう、それが人間なのです。

それは、おそらく違うパワーが、良い悪いの判断と、やるやらないの判断の連動を狂わせるからです。

そしたら、違うパワーとは、何でしょうか。それは欲望です。欲望か「ちょっとぐらい大丈夫」という気持ちを持たせ判断の連動を狂わせ結果がとんでもない状態になって初めて、反省するのです。(中には良い悪いの判断が付かずに、反省もしない人がいますが、それは除外)

おそらく今のお話と、相場のやり方には、関連があるように思います。おそらく相場をやっている皆さんは1度と言わず、何度も経験有ることでしょう。よく考えてください、自分の中でのルールを守らなかったり、後で「やっちゃいました」や「つい軽い気持ちで」なんてきっと欲をかいて失敗するケースがほとんどだと思います。特に会員さんの中には、サインが出ていたのに、無視して失敗したひとも、いることと思いますが、それは、誰でもありえる事です。それが人間なのです。人間であるがゆえ、最終判断を誤りがちなのです。

本当の意味で、正確な最終判断を感情的じゃなく出来るようになるまでは、かなりの失敗した経験と忍耐がいる孤独な戦いなのです。先は長い道のりです。相場とは自分の欲望との孤独な戦いかもわかりません。



                     山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月22日金曜日19:30更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     822日(金)

 

8月21日NYMEX

前日値

31.04

始値

31.00

高値

32.40

安値

31.00

終値

31.88

前日比

+0.84

822日 夜間

(日本時間)

始値

31.95

高値

31.99

安値

31.70

(15:30)

31.74

(19:35)

31,75

 21日のNY原油は続伸して終了。昨日の在庫統計でガソリンが減少していたことで供給ひっ迫懸念が広まり、ガソリンが急騰した。それにつれて原油も買われた様子。ニューヨークではガソリン現物価格が先物価格を大きく上回っていることから買い安心感が広まった模様。また、ガソリン在庫は9ヶ月ぶりの低水準に落ち込んでおり、製油所の操業停止の問題もあることから、いくら最需要期を終えたばかりだとしても水準が低すぎるという声も聞かれた。

 国内相場は海外高につられて総じて高くなった。ガソリンは当限が伸び悩んだことで上げ幅を縮小することになった。灯油は2月限とのサヤ修正が盛んな1日となり、ガソリン同様,上げ幅を削って取引を終えた。また、一時的にマイナス圏に入る場面も見られ、基調の弱さを感じさせた。原油も海外高につれて、高く始まった。後場からは夜間取引にも目立った動きがなかったことから前場の流れを引き継いで堅調に推移して引けた。原油はポジション調整が主な取り組みとなっており、依然として材料難なところがあり、方向感がつかみにくい状態となっている。

さて、製品の最需要期がガソリンから灯油へと移り行くまでの間、来月辺りからは動きも活発になってきそうです。今月発会された灯油3限月も2限月とのサヤ修正が始まっており、来週一杯は続きそうです。全国的には需要期ではなくなる4月限が発会されると3月限は4月限に影響されだす為、毎年灯油3月限はトレードし易い商品となっているように私は思います。石油3商品だけでも、期近ベースであったり、期先であったり、季節で変わるもの、変わらないもと多種多様ですが、それもまた面白みあるものとして習性を学習しないといけないように思います。夏の甲子園も終盤を迎えようとしている今になって、暑さが戻ってきました。皆さんもくれぐれもお体にはお気をつけ下さい。

 


    


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日相場は、全体上げました。灯油売りのみ出動でデイトレードプログラムは、小額負け。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比360円高からのスタート、チャート(5分足)では、上に大きく窓を開け、そこからは、引けにかけ、角度キープのまま下降トレンドで、最後は陰線で終わりました。終値は前日比+250円とプラスで終わっています。チャート日足は、IK数値(当社オリジナル数値)±0近辺でウロウロしています。
  プログラムは、売り買いまちまちです。方向感がバラバラな為いらいらしますが、ここは辛抱。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、310円レンジ、+240円、230円レンジ+400円、140円レンジ +340円。

Cチャート、原油、新規サイン有り、 手仕舞いサイン無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 原油新規有り。他ポジション現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日全商品転換済み。
       
デイトレード本日は、灯油のみ小額負けでした。
                 月曜日は、原油のみ、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

                  「真面目に生きる」

 よく人は、「真面目な人」とか「真面目っぽい」とか他色々「まじめ」といういう言葉で表現します。
それは、時に良い意味でも、悪い意味でもあり、「真面目ぶって面白くない奴」とか言う時もありますし、「あの方は、とても真面目で良い方ですよ」という時にも使いますが、世間で言う「真面目な人」とは、私が思うに、きっとこんなイメージの事をいうのでしょうか。
 
・派手な格好はしないで、人並みより、ちょっと地味目な服装                   
・難しい言葉を並べて理屈っぽい話し方をする
・酒、タバコ、女遊び、ギャンブル、なども含め遊び全般が下手
・給料は奥さんに全部渡し、仕事が終われば遊ばずまっすぐ帰宅する。

というイメージ感覚があるのですが、みなさんはどんなイメージがありますでしょうか。

広辞苑で「真面目」を引いてみました。

「真面目」#真剣な態度・顔つき。本気。「これは―な話だ」
#まごころがこもっていること。誠実なこと。「―な人柄」「―に働く」
#―‐くさ・る【真面目腐る】       [株式会社岩波書店 広辞苑第五版]

とあります。本当は、ほとんどの人が真面目に人生を考えていると思うのですが、また真面目に人生を考えなきゃ損をするから考えているとも思うのですがどうでしょうか。本当の意味でいい加減な人は破滅型ですね。自分自身を可愛がれない、どうなってもいいという破滅的な考え方の人は、決して真面目な人とはおもいません。

また、真面目とは、したいこともせず我慢したり、地味に暮らす事では決してないと思います。


私が思うに、「真面目」「真面目な人」とは、自分自身の人生がうまくいくように真剣に取り組み、仕事をし、金を稼ぎ、遊びでストレスを取り、好きな洋服を着て好きな車に乗り、人には優しく、時には厳しく、そして愛する人を守り、有意義に人生を暮らす術を日頃から意識している人間ではないでしょうか。


                     山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月21日木曜日19:20更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
    821日(木)

 

8月20日 NYMEX

前日値

30.70

始値

30.75

高値

31.20

安値

30.44

終値

30.95

前日比

+0.25

821
夜間取引

(日本時間)

始値

31.00

高値

31.26

安値

31.00

(15:30)

31.05

(19:00)

31.22

 20日のNY原油は原油在庫統計の発表が予想に反して在庫減になったことから反発した。14日に米中西部地方の製油所が大停電の影響で稼動停止したことで在庫量は増加と予想されていた。しかし、稼動停止した分を補うために他の製油所の稼働率が上昇し、原油供給が減少したと考えられている。また、前日までの続落によってOPEC原油バスケット価格は目標価格帯のレンジ内に入ったため、原油生産枠は据え置きされる可能性が高くなった。昨日発表されたEIAの在庫統計によると原油160万バレル減、ガソリン120万減、APIでは原油203.4万バレル減、ガソリン210万バレル減とされた。

 国内は海外高に追随高となって始まった。しかし、ガソリン期近が弱含みで推移したことから他限月も上げ幅を削ることとなり、ガソリンはマチマチで終わった。灯油も前日より高く寄り付いたが、その後ガソリンに影響されるように下げ始め、結局は続落となった。原油は全月で反発、製品安に圧迫されて伸び悩んではいたものの、ガソリン期近の下げが止まったと同時に原油期先中心に買われた。

 前日からのポジション調整も本日で落ち着いた感じがします。原油価格からすると現在の灯油価格は少し割安感さえ出てきました。原油事態、製品に連れて安く推移するのか、海外高との狭間で方向感に欠けるところです。ただ、本日の動きを見ると、昨日にもコメントしたように、買い材料は買い材料として取り上げられることはなく、現状維持が一杯のところ。売り材料がなくとも買い材料が出てこないと下げる展開となってきた。事前予想に反して原油在庫量が減少していたことで海外は買われたが、予想に反しても25セント高で止まっている。以前なら1ドル上昇でも不思議ではなかったところ。海外は明らかに今までと違う動きを見せており、私にとっては転換を感じさせられる1日となりました。


   


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  引き続き、現在プログラムは各、売り買いまちまちの状態できています、ガソリン売りのみ出動でデイトレードプログラムは、小額勝利。

 本日寄り付き、ガソリン2月限、前日比110円高からのスタート、チャート(5分足)では、昨日に引き続いた格好。1:15までは上昇トレンドを描き、そこから引けまで、一気に下降トレンド。上り線より下り線の方が強いようにも見えます。終値は前日比-10円とマイナスで終わっています。
  プログラムは、売り買いまちまちです。今後相場はどのような方向性をつけるでしょうか。プログラムの判断は?

 前日比とレンジはガソリン2月限、灯油2月限、原油先の順で、230円レンジ、−10円、250円レンジ−70円、120円レンジ −130円。

Cチャート、ガソリン、灯油、新規サイン有り、  灯油、手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート ポジション現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリンのみ小額勝利でした。
                 明日は、灯油のみ、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 この仕事に携わって特に考えさせられるのは、「タイミング」というものです。

どんな事柄もタイミングが物事を左右し、結果的には大きく違うものになってしまうということが、痛感して思うのであります。

世の中では、色んなタイミングにまつわる色んな話を聞きます。30年10年5年の長いスパンのものから、1年半年1ヶ月1分一秒、「昨日であったらこうなっていたのに」とか、逆に去年○○しておいて助かった」とか、恋愛話なんかで、「もっと早く知り合っていれば・・・」とか、「あの時にこう言ってくれていれば」なんてのもあります。

そのタイミグとは、ほとんどが、自分の意思に反して決定されているものがほとんどです。例えば人間がこの世に生れ落ちる日時や予測の付かない災害や病気、事故、人間との出会いや世の中の変動、などなど。
しかし逆に自分でタイミングを計れる部分もあります。人にものを言うタイミングや、頼みごとや断りを入れるタイミング。事業を起こしたり出店したり、拡大したり縮小したり、廃業したりするタイミングもそうです。

商売に関してこういう話があります。今から十数年前バブル経済真っ只中、良い物悪い物問わずみんながみんな儲かった時代、自分の力を過信し、融資を重ね事業を拡大し、また融資を重ね戸言う具合にどんどん儲かった。その後、バブル経済は崩壊し、本当に良い物だけ、また、本当に地道に計算された者しか残らなくなって、その人は、何十億もの借金だけしか残らなくなっていました。

先に言いました人も、商売の見習い段階でバブルの絶頂や崩壊を目の辺りにしていれば、そのようなやり方はしなかったでしょうし、今も事業をどんどん拡大してる事と思いますが。ちょっとしたタイミングのずれで、人生取り返しの付かない形になってしまったのでしょう。

株などの投資もそうです。バブルのとき、または自分が始めたときに、自分では目いっぱいの資金なのですが、世間から見たら小額で、失敗し、損を繰り返し本当に良い方法、儲かるノウハウを見つけて、他からも大きな資金が入りそれで大成功なんてのもありますし、その逆もありますね。

だから、「人生全てタイミング」、「失敗なくして成功したものは、いずれ大きな失敗が待ち受けている」こう思うのです。このページをご覧のみなさまも、今現在どういう状況にあるかわかりませんが、失敗して落ち込んでいる方は、おおいに落ち込んでください。そして痛みを持って将来の糧にしてください。そうすればいいときがやって来た時に、本当の意味でいい目が見れますよ。

      私の教訓「小さい器で小さく失敗して、大きな器を作って大成功。」  頑張ります。

                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月20日水曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
   820日(水)

 

8月19日

NYMEX

前日値

30.89

始値

30.89

高値

31.08

安値

30.36

終値

30.70

前日比

-0.19

820

夜間取引

(日本時間)

始値

30.75

高値

30.76

安値

30.44

(15:30)

30.58

(18:30)

30.50

 19日のNY原油は小幅ながらも下落となり、これで3日続落となった。明日発表される米国原油在庫統計の事前予想で在庫増の観測が広まっていたことが売り材料となった様子。イラクのバクダットにある国連事務所で爆弾テロが起きたことで、一時は供給不安から買われた。しかし、大停電による影響で製油所が操業停止したため、その分の原油もまた増加分として見込まれることから売り優勢の形で取引終了となった。在庫統計の事前予想では原油160万バレル増加とされている。

 国内相場は前日のNY市場を映しての続落となった。また、為替が円高に推移したことも売り材料の1つ。前日コメントで書きましたが、大手商社の大量の手仕舞いが出たことによって急落納会となり、それが嫌気されガソリンは大幅続落となった。101112限月とストップ安をつけ、1011限月はそのまま取引終了。灯油は予想されていた通りの平穏納会となったが、ガソリンの急落納会が圧迫要因となり、ガソリンとともに後場から安値更新する場面も見られが、今後最需要期を迎えることもあって下値からは離れた。原油も同じく続落、軟調に推移していた夜間取引も弱材料となった。ただ、イラクでの爆弾テロなど依然として供給不安は拭い切れずにいるため、地合いが急激に悪化する可能性は低いという声が市場では多く聞かれた。

 夜間取引の軟調な動きもありましたが、国内の方はどちらかというと少し過剰に下げたように思います。今後も方向感の難しいところですが、大衆売りと商社買いとが交錯しそうです。材料的にはイラク問題は現状を維持する程度でしかあらず、明日発表の在庫統計が予想より大きく異なることがあれば、そちら側に大きく振れてくると私自身は思っています。

 


    



              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  現在プログラムは売り買いまちまちの状態ですが、今日の石油製品相場は、全体下げました。デイトレードプログラムは裏目でガソリン原油共敗退しました。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比190円安からのスタート、チャート(5分足)では、下に窓を付けて寄り付いた後、グッと下げて、そこからは、前場引けまで緩やかな上昇トレンドで子戻し。しかし後場始まって、12:55からは、強烈な下げが始まり、本日の安値をつけ、そこから急激に戻しましたが、パワーが足らず、大引けまではじりじりもみあって、終値は前日比-490円と大きく下げました。
  プログラムは、売り買いまちまちです。今日は大きく下げた一日でした。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、420円レンジ、−490円、410円レンジ−470円、200円レンジ −320円。

Cチャート、原油新規サイン有り、ガソリン、原油手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 新規無し、灯油、原油、手仕舞いサイン有り、他は現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン、原油共敗退でした。
                 明日は、ガソリン、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


                    「余裕とは」

先日シリーズ6回にわたって掲載した内容が、「山本一郎の相場のお話 総集編」となっていますが、ご覧になりましたでしょうか。人間心理のもろいところや、機械的な売買の利点や感情的な売買の盲点などもご紹介したと思います。

私もどちらかというと精神的には強い方ではございませんが、人間は、よほどの精神力が無ければやはり、動揺や緊張や時にはとんでもない行動をするのが人間です。
だから人間は、何をするにも「余裕」というものが必要です。余裕が無ければ、100%に近い力は発揮できないし、時に余裕を持ってしていればうまくいっていたものも、無いがため、自らぶち壊したりということになります。
 

全てのことにおいて「余裕」というものは、不思議なもので、良いふうに見方してくれます。逆に余裕が無ければ冷静な行動が取れないものです。極論が、1億円持ってて、1000万円の資金で商売するのと、自己資金0で、1000万借金で始めた商売と、資本金は同じでも結果が変わってきます。中には切羽詰まらないと行動出来ない方もいらっしゃいますがそれは例外として、だいたいそのようなことが考えられるのではないでしょうか。

商売や相場のお金に関することだけじゃなく、例えば、見た目はたいしたことはないのに、何か人より優れている部分を持っている人って、異性にもてたりしますよね。余裕がありドシっと構えれる部分が好感をもたれるのだと思うのですが。

そして日頃のテーマは、余裕の幅を日々拡大させて、その分もっと大きなことに余裕を持ってチャレンジしていけたらと思います。

                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年8月19日火曜日18:35更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
    819日(火)

 

818日 NYMEX

前日値

31.05

始値

31.31

高値

31.60

安値

30.80

終値

30.89

前日比

-0.16

819日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.89

高値

30.95

安値

30.69

(15:30)

30.90

(18:30)

30.76

 18日のNY原油は利食い売りに押されて続落、これで4日続落の後、1日開けて2日続落となった。イラクのパイプライン破壊問題や停電による製油所の操業停止など買い材料が出ては戻り、戻りには利食いの売りが続けて出る状態となっている。また投機筋のロングポジションの手仕舞いが盛んだった。イラクの石油当局者の話では、今後破壊行為が続くことになると、日量200万バレルの目標は年内に達成できない、ということから下げ幅は限定的のものとなっている。

 国内ガソリンは総じて反落。前場から反落して始まり、その後もジリ安の展開だった。当限が買い戻されたことで下値からは離れた。灯油も当限以外で下げることになった。原油も全限月で反落となったが、後場からはガソリンの当限に引っ張られて、3商品ともに高値更新する場面なども見られ、下値の堅さを見せ付けた。

 さて、明日はガソリン、灯油の納会日です。灯油は平穏納会になるという見方が多いのですが、ガソリンは大手S社が買い占めている状態で、高納会と予想する見方が78分と、それを手仕舞してきた場合の急落納会という見方23分に分かれています。ガソリンは期近ベースで値動きするので予断を許さない納会となりそうです。また、海外の動きですが、以前までは買い材料として挙げられていた材料も今は現状を維持する程度にしか取り上げられなくなりました。この辺りからも変化の兆しが見え始めている気がします。



              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日は全体下げて始まりまりました。デイトレードは原油小額勝利です。本日もやはり全体、静かな相場です。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比230円安からのスタート、チャート(5分足)では、昨日と逆で前日より下に窓を付けて寄り付いた後9:50位までは下げ、そこからジリジリ上昇トレンドを描き最後引けまで。終値は前日比-200円で陽線で終わっています。
  プログラムは、一部売り転換しましたが、買い新規も出ており、未だ不安定な状態が続いています。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、250円レンジ、−200円、200円レンジ−200円、130円レンジ −190円。

Cチャート、ガソリン新規サイン有り、原油手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート ガソリン、原油、現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日、全商品転換済み、他ポジションは現状維持。
       
デイトレード本日は、原油小額勝利
                 明日は、ガソリン、原油の出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  不安定な相場が続いてはいますが、方向感が定まるまでは辛抱。
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 先日暇な時間、テレビを見ていました。みなさんはNHKの「シャベリ場」って番組知っていますか。
10代の少年少女が、10人ぐらいと、大人のゲスト1人交えて、一人の提案したテーマを討論する番組なんですけれど、当たり前に生活している事柄についても、けっこう考えさせられたりして、見入ってしまいました。

討論番組って色々ありますよね、私はあまり好きではないのですが。なぜかと言うと昨日書いたように人それぞれが、感覚や考え方が違うのに、意見のぶつけ合いをするって言うのが、なんか理屈に通っていない感じがして、どうも不愉快なんですよね。例えば、「たけしのココが変だよ日本人」とか、田原総一郎司会の「朝まで生テレビ」なんかも含めて不愉快なんですけれども、見てしまいます。そして一人でテレビを見ながら「それは違う、それは・・・だ」なんて独り言を言ってしまうのですが。

そんなこんなで不愉快なんですけれども、いろんな人の考えや感覚、「人はこうゆう風に物事を見ているのだな」とか解るような気がするので、為にはなっています。

話を戻すと、NHKのその番組の、その日のテーマは、「損得で人と付き合っちゃ駄目ですか?」ということについて、どうのこうの討論するわけです。テーマを出題した人は、今現在、損得で人と付き合っているらしいんですけれども、出場者の少年少女は、けっこう熱い討論をしていました。皆さんの中にもこの番組を見られた方がいるかもわかりません。皆さんは日頃の人付き合いなるもの、どんな感覚で付き合ってらっしゃるのでしょうか?

我々、大人になり、仕事が絡み、利害関係が生まれ、否が応でも損得でお付き合いをしなきゃならない状態におちいるときがあります。「損得」って言う言葉自体がなんか、いやらしいイメージがありますよね。
しかし、私が思うことは、人間はすべて損得というか、得にならない付き合いはしていないと思います。そして損得を考えられない人間で、損ばかりしている人はバカだと思うのですがいかがなものでしょうか?
バカとか言ったら怒られるかもわかりませんが、一番肝心なのは、何が損で何が徳かってことで、お金が儲かったり、物がもらえたり、タダ飯が食えるってことだけが得じゃないんですよ。自分が奉仕する側であっても、自分が目上で幸せを分け与えても、自分自身の心や自分の仲間たちが、豊かになれば得なんじゃないですか。逆に物や金をもらっても不快な時間を過ごしたら、損ですよね。不快に思うことやそれにともなう出費は損だし、有意義な幸せな時間や心の豊かさが得なんですよ。

だから、人間は損と得を正確に予測し、見極めて付き合う必要があると思うのですが、どうでしょうか?
私自身も、自分が損するようなお付き合いは一切しません。つまり人を不快にしたり、自分やその周りに故意に迷惑をかけたりするような人間とは付き合わないという事です。それって普通ですよね。

ただ損得の意味を物や金の損得にすると私の考えは当てはまりません。ビジネスとして横柄で嫌なおやじの相手をして給料を頂いている水商売の人も、損も得もお金のやり取りで帳消しイコールかプラスになっているでしょうし、それがマイナスで続けている人は、ちょっと考えた方が良いと思いますし、どんな仕事でもそうです。自分自身にマイナスになることは、いくら儲かっても「損」ということになります。

物やお金は、心が豊かになるとは限りません。正しい判断で、自分を豊かにしていけるのがベストだと思います。

                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月18日月曜日19:45更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     818日(月)

 

815日 NYMEX

前日値

31.09

始値

31.20

高値

31.51

安値

30.63

終値

31.05

前日比

-0.04

818日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.31

高値

31.60

安値

31.25

(15:30)

31.40

(18:30)

31.36

 15日のNY原油はほぼ変わらず、というのも停電により取引時間を短縮され、その上に夏休みとあって市場参加者が少ない状態での値動き。

停電によって製油所のいくつかが稼動できなくなっており、また一部の地域ではガソリンスタンドの営業が停止したままとなっていることから、NY市場ではガソリンのみ買われた模様。そして週末にイラクでトルコ向けのパイプラインが破壊されたことで夜間取引では買われている。

 国内相場は週末に起きたイラクのパイプライン破壊問題を反映した夜間取引に反応して続伸した。ガソリンは総じて続伸、後場からは安値を更新する場面も見られ、上げ幅を縮小して終えた。灯油は終始上値が重い展開で期近の方で利食い売りに押されて反落し、期近安の期先高。原油も夜間取引の動きに反応して高く始まったが、利益確定の売りに押された様子で、上げ幅を削ったものの期近以外で続伸。

 さて、皆さんはどのようにお盆休みを過ごされたのでしょうか?相場のほうは大人しい週明けでした。先週末のNY市場は停電の影響で取引時間を短縮されており、またその後イラクのパイプラインで破壊工作があったため今晩のNYの動きが気になるところです。現在(18:30)夜間取引では国内大引け時間(15:30)とほぼ変わらずにいます。また、国内ガソリンの消費が伸び悩んでいることもそろそろ数字化されてきそうです。

 

              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  世間の夏休みも終わり、週初め相場のスタートです。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比250円高からのスタート、チャート(5分足)では、前日より上に窓を付けて寄り付いたものの、一日中下降トレンド角度キープのまま、結局は終了まで、下げっぱなしで前日比+40円とかろうじてプラスなものの陰線で終わっています。
  プログラムは、全体ポジション、一部を除き買方針ですが、未だ不安定な状態が続いています。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、250円レンジ、+40円、170円レンジ+90円、140円レンジ +50円。

Cチャート、灯油新規サイン有り、灯油、原油手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日、ガソリン、灯油、転換済み、他ポジションは現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン負けで、原油は、未約定で休みでした。
                 明日は、原油のみの出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

   
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 お盆休みも終わり、今日からお仕事がスタートされた方が多い事と思います。心機一転月曜日、って感じですね。

休み中、いろんな人と話す機会が有りました。実家に帰り(実家はやはり、田舎町です。)親や兄弟と語り、古い友人たちと語り、高校時代のアルバイト先の方と話したり、都会から帰省されてた方なんかも話しました。

何についての価値観や考え方は、やはり人それぞれの、まるで別物のように感じました。同じ家に生まれ育った実の弟でさえ、近いものはありますが、やはり別物です。

それで、自分の考えを押し付けてはいけないなと、あらためて思います。

価値観が違うのですもの。考えや感覚を押し付けるという事は、自分が好きな食べ物を、相手が不快なのに口にねじ込むようなものですよね。

だから、価値観や考えや感覚は、説明して理解してもらって、共感してもらった人だけ薦めればいいのです。

人間の悪いところで、自分の感覚を押し付けるところがあります。昔、面白い話がありまして、ある友人が、言っていた話で、カラオケが嫌いなのに、カラオケに誘われたときの話。彼が言うには、
「付き合いだから、その場には行けるし、楽しく過ごす事も出来るけど、順番だからって無理やり唄わすのは苦痛でしかないよ。そしたらみんな、僕が麻雀好きだからって、雀荘つき合わせて、お前もやれって言っているようなものじゃないか。そんなのできないだろう」って言うのです。すごく納得しました。彼の言う事は、話が極端でちょっと違う気もしますが、理屈はもっともです。その時のその話がとても印象的で心に残りました。

相場の話も、同じ事がいえると思います。中には相場に参加する事すら、認めない感覚の方がいらっしゃいます。また、銘柄の選び方も、手法も、考え方も、計算の仕方も、感覚も、10000人10000色です。

だから我々が、今現在行っている、売買手法と考えなるポリシーは、ページの文章なりで充分説明した上でご理解いただき、共感できる部分があれば、参加していただけたらと思います。またその為には、充分ご理解いいただけるだけの、説明も充分しているつもりですが、なかなか100%理解は難しいようです。少なくとも、今現在入会されている方は、感覚なるもの、我々に非常に近い所まで来ている事と思います。世の中良いものも、悪いものも、どうでもいいものもあります。良いものは、なぜよいのか。悪いものはなぜ悪いのか。どうでもいいものは、なぜどうでもいいのか。何事も、理解してみたら、また一歩前進することと思いますが、いかがでしょうか。



                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会


2003年8月14日木曜日18:40更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     814日(木)

 

813日 NYMEX

前日値

31.92

始値

31.88

高値

32.16

安値

30.70

終値

30.78

前日比

-1.14

814日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.82

高値

31.01

安値

30.72

(15:30)

31.01

(18:30)

30.95

 13日のNY原油は大幅に下げて、これで4日続落となった。イラクのキルクークからトルコ向けのパイプラインが稼動し始めたというニュースが売り材料。また、在庫統計ではEIAの原油20万バレル増、ガソリン370万バレル減、灯油110万バレル増、APIでは原油319.5万バレル増、ガソリン184.7万バレル減、灯油170.7万バレル増と発表された。ガソリンは事前予想より減少幅が大きかったが、原油が予想で減少となっていたにも関わらず、増加したことが売りを誘った様子。現在ガソリンの最需要期であることから、ガソリンの在庫減少は計算されていた。

 国内相場は海外の大幅安を受けて、大幅反落となった。ガソリンは期先4限月で一時はストップ安をつける場面も見られた。しかし、夜間取引で小幅ながら上昇していたことと、新日本石油問題で期近2限月がさほど下げずに推移していたことで買い直しも入った様子。灯油は今後最需要期を迎えることからガソリンほど下げることはなく、-280-500円。原油も反落、米国の在庫統計で原油増加となったことを受け、未だ低水準である米国の在庫は少しずつ回復していくであろうという予想から買い方の手仕舞いが出た様子。

 さて、本日は出来高も多く、お盆休みらしくない1日でした。在庫統計が予想に反して原油増加となったことから大幅に下げた海外でしたが、国内は冷静な動きだったように思います。数年前なら、ガソリンはストップ安で張り付いていてもおかしくない状況でしたが・・・。今夜新しいニュースが入らない限り、明日は週末前で手仕舞いが交錯しながらも様子見ムードが強くなると思われます。海外がテクニカル的に戻すかどうかが注目されます。

 さて、明日はお盆休みのためこのページは休ませて頂きますが、来週18日から通常通りコメント致します。無論、会員ページの方は更新されますので会員の方はお見逃しなく。では、皆さんも良いお盆休みをお過ごし下さい。


     
              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  連日、微妙でまちまちな動きでしたが、本日はNYの下げが効いたのか、大きく下げました。連日の微妙さでプログラムは売り買いまちまち状態でしたが、プログラムによってはマイナスに動いた分もありました。しかし本日のデイトレードは一方的に敗北に終わりました。原油もストップロス到達で本日は完全にデイトレプログラムは裏目の一日でした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比350円安からのスタート、チャート(5分足)では、前場終了まで、下げっぱなしでした。寄り付き大きく窓を開けて始まって埋める間もなく下げが加速でした。プログラムによっては、絶妙な取り方をしている分もありますが、全体売り買いまちまちなので、何とも言えません。前場一旦ストップ安ー700つけた後、後場からはジリジリ戻しで、結局は前日比-630円という結果で終わっています。横ばい。プログラムの判断は?そして明日からの値動きは?
  全体ポジション、今日の寄り付き前の建て玉バランスは、買い6本、売り7本と売りこし状態、今日引けの時点では、ポジションバランス変わっていますが、買い6本と売り7本と、1本売り越しは変わっていません。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、360円レンジ、−630円、320円レンジ−500円、200円レンジ −440円。非常に動きが出てきました。

Cチャート、新規サイン無し、ガソリン手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日、原油が売りで再転換済み、他ポジションは現状維持。
       
デイトレード本日は、完全負けです。
                 明日は、原油のみの出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  現在、各プログラム、売り買いまちまち状態ですが引き続きプログラム検証中!
   
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 昨日は時間が空いたので、久しぶりに、真直ぐ帰宅し、知人関係に連絡を取りました。やはり自分の友人知人なるもの、財産ですね。それなりにみんな一人一人しっかり頑張っているように見受けられ安心しました。やはり自分は自分でしかないし、「自己責任」という言葉があるように自分自身の幸せ、また自分を取り巻く人たちの幸せを自己の責任で組み立てなければならないのであります。

日頃、ちょっとした知り合いや、お客さんから、人生相談や借金の相談、家庭の悩みや恋愛の悩みを聞くのですが、やはり、根本の考え方や組み立てセンスが無い人、行き当たりばったりで感情的に物事を運ぶ人が多いように思います。相場の心得によく似ていますが。

 だから、よほど馬鹿な人間は、その組み立てが出来ません。で、破滅の一途をたどるのです。それは人生のセンスとでも言いましょうか、それとも、趣味趣向の運、不運がもたらすものなのか、幸いにして私の周りには一部を除いて、そんなセンスのない人はいませんので、私自身幸せに思います。

 やはりたまに連絡をとっても、いつもみんな楽しくやっててほしいですものね。また、自分自身も不幸の一途をたどらないように、センスよく緊張感を持って、生活していきたいものです。

            明日のコラムはお休みです。また来週!



                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月13日水曜日19:45更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     813日(水)

 

812日 NYMEX

前日値

32.01

始値

32.00

高値

32.35

安値

31.35

終値

31.92

前日比

-0.09

813日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.88

高値

32.16

安値

31.87

(15:30)

32.00

(18:47)

32.08

 12日のNY原油は3日続落となった。イラクのパイプライン火災のニュースで下げ幅を縮小した模様。バグダット市内の製油所へ続いているパイプラインが被害を受けたという。依然として輸出量が完全に回復する見通しが立たず、鈍化状態。イラク問題で上げては他材料で下げるといった相場が続いており、明日発表の在庫統計では原油130万バレル減、ガソリン200万バレル減という予想が立っている。

 国内相場は材料難から新規売買は乏しく、出来高も低調で値動きも鈍足な感じ。ガソリンの期先、灯油の10月限以外3商品ともに小幅ながら反発となった。ただ、反発とはいえ、上値を追いかけるほどの勢いもなく、下げる材料もない状態が続いている。しばらくはこういった調整場面が続くだろうという声が市場では多かった。

 昨日コメントでガソリンの期近価格は現物価格と比べると妥当なところと書きましたが、本日は来週の納会日を控えて、サヤ調整のため11月限に買いが入りました。期近次第ですが、しばらくの間11月限は強く動きそうです。現在夜間取引では再び32ドル台に乗せています。

 


     
              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  連日、微妙でまちまちな動きでしたが、本日も同じく停滞気味。デイトレードは本日全商品出動でしたが、原油は未約定で休み、ガソリンチョイ負け、灯油小額勝ちでした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比10円安からのスタート、チャート(5分足)では、前場終了まで、一方的下げトレンドで、後場からは横ばい。引け前2:45近辺からは、値戻しで前日比ー20円で終わりました。どちらにしても、ちょっと停滞気味な動きで、判断しづらい場面です、プログラムの判断はどう出るでしょうか。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、130円レンジ、−50円、100円レンジ−60円、80円レンジ −30円。

Cチャート、灯油、新規、手仕舞い共サイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 灯油、新規、手仕舞い共サイン有り。他ポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日、原油が買い転換済み、他ポジションは現状維持。
       
デイトレード本日は、原油未約定、ガソリンチョイ負けで灯油小額勝ちという結果です。
                 明日も、全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

      現在相場は停滞気味ですが、動き出すのは、一瞬できます。ポジションバランス正確に。

  現在、各プログラム、売り買いまちまち状態ですが引き続きプログラム検証中!
   
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 世間はお盆休みに入ったようです。一般の会社なんぞは、1週間から10日も休みがあるらしいです。
単純計算では110日に祝日を足しても120日ぐらいですかねえ。私は週に一回休みで、春、夏、正月と、3日づつ休みで、単純計算で57日ぐらいです。

そう考えると、年間60日も違いが出てきます。それを10年間続けると600日も休みが多い事になりますね。

私の友達は魚屋さんで、月に休みが2回しかないので、なかなか遊びに出る事が出来ません。みんな限りある休みだからこそ、予定を組んで、効率よく楽しい時間を過ごしたいものです。

夏休み中、皆さん事故の無いよう、楽しんできてくださいね。



                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月12日火曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     812日(火)

 

811日 NYMEX

前日値

32.18

始値

32.14

高値

32.15

安値

31.83

終値

32.01

前日比

-0.17

812日 夜間取引

(日本時間)

始値

32.00

高値

32.00

安値

31.79

(15:30)

31.91

(18:46)

31.79

 11日のNY原油は小幅ながらに続落となった。新規材料に乏しい中、テクニカル的に売りが先行した。しかし、イラクのバスラ製油所が停電のため操業を停止し、再開のメドは立っていないという報道から32ドル台をキープして取引を終えた。週間在庫統計の事前予想では原油130万バレル減、ガソリン200万バレル減となっている。前回、ガソリン在庫が減少していたことに関しては、最需要期にあることから材料視されなかった。今回も予想範囲である限りは影響されないと思われる。注目されるのは原油の方という声が多い。

 国内相場は総じて小幅安。前日の海外が下げたことと、夜間取引が弱含みしていたことで下げた様子。盆休みの影響もあって出来高も少なく、方向感にも乏しいことからレンジ幅も狭い。ここのところのガソリンは新日本石油問題を材料に期近ベースで値を上げていたが、最需要期のピークが過ぎることから後場から期近2限月で下げ幅を拡大した。灯油、原油ともに小幅安となった。ただ、ガソリンと灯油は一時的にプラスゾーンに入る場面も見られ、天井感はあるものの、一方的に下げる相場とは考えにくい様子だった。

 さて、本日はお盆休みが実感されるような相場でした。他限月より大きく下げたガソリンの期近2限月。10月限が29000円台を割ってくると期先にも影響ありそうです。ドライブシーズンでありながら、涼しい夏の今年はガソリン消費も低調のようだと一般レベルで実感できます。現物価格から見ると今のガソリン期近の値段は妥当なところですが、テクニカル的には天井感があるがゆえに今週は少し売られてくると私自身は思っていますが、当プログラムはどんな判断をするでしょうか?
    


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  昨日は非常に微妙でまちまちな動きでしたが、本日も静かな、値動きの少ないマーケットでした。デイトレードは本日全商品出動でしたが、値動きが狭かったせいも有り全部勝ちながら、各小額勝ち止まりでした。

 本日寄り付き、ガソリン先、前日比90円安からのスタート、チャート(5分足)では、1:55まで緩やかに上げトレンド、そこからは、3:00まで下げて本日の安値圏。最後は50円ほどもどして結局前日比−50円と、なんとも上にも下にも行く気配なしって感じの力無さでした。判断しにくいところですが、プログラムの判断はどう出るでしょうか


 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、130円レンジ、−50円、100円レンジ−60円、80円レンジ −30円。

Cチャート、昨日と同じく、灯油、原油、新規サイン有り、手仕舞いサイン無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現ポジション現状維持。
       
デイトレード本日は、全銘柄小額勝ち。物足りませんが・・・
                 明日も、全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  現在、各プログラム、売り買いまちまち状態ですが引き続きプログラム検証中!
   
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 私はいつも、自分中心に物事を考えます。俗に言う「身勝手」とは違います。ちゃんと理屈に通った根拠ある理由から、自分を中心にした、者の考え方により自分の大事な人たちや、自分に親切な人たちに恩返しが出来、また無償の愛も贈れる訳です。

 世の中には自己中心的(自己中)という言葉がありますが、それは、身勝手という意味合いで使われています。本来は、自分の意思で、自分をまず大事にしてあげて、自分の大事な仲間も大事に出来て、他人にも気配りや、親切に出来ることによって、自分の良きポジションや、立場も保て、またそれによって、より一層自分以外を大切にできるという図式が、私のいう「自分を大事にする」すなわち、自分を中心に考えるということになるのではないでしょうか。

 己の利害ばかり考えて、他人の迷惑や、人の気分を害してしまう様な人間は、俗に裁判で裁判長が判決を言い渡すときに言うところの、「身勝手かつ自己中心的」ということになります。日本語での表現は難しいですがね。

そういう意味で、私が言いたいのは、本当の意味で、自分を大事に出来ない人間は他人にも大事に出来ないし、その結果、自分の値打ちが下がり、また、自分にも他人にも大事にする事は出来ないのだと思います。

私は仏の心やおしゃか様のようにはなれません。自分を大事に考え、またその分、自分の周りにも幸せを与えられるように心掛けています。



                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月11日月曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
    811日(月)

 

88日 NYMEX

前日値

32.39

始値

32.39

高値

32.85

安値

31.70

終値

32.18

前日比

-0.21

811日 夜間取引

(日本時間)

始値

32.14

高値

32.14

安値

31.86

(15:30)

32.04

(19:00)

31.89

 8日のNY原油は小幅ながらに反落となった。テロ問題が多く、1度は32.85ドルまで買われたが、その後、週末もあって利食い売りに押されて小幅安。ただ、下げたとは言え、依然として32ドル台をキープしている。上値抵抗線の32.50ドルを終値ベースでは抜いてこないが、高値では何度か超えているだけにテクニカル的にもここ数年の原油価格とは単純に比較できないほど全体的に価格水準が上がってきている。国内相場同様に値ごろは禁物な状態。ただ、最近の高止まりで、OPEC加盟国の国々も増産したいという意見が増えてきている感じ。924日のOPEC総会前に各産出国の動向やそれに対しての噂だけでも大きく相場が揺れてくる可能性がありそうです。

 国内相場は海外が小幅安となったことから、安く寄り付いた。その後、前日の海外高にも反応薄だったことや新日本石油の製油所の操業停止が9月以降も続くということから3商品ともに上昇。ガソリン、灯油はプラスサイドまで上昇し、原油はマチマチの状態で前場終了。後場からは夜間取引がやや軟調に推移したことと、このところの海外が上昇、下落と1日おきに繰り返し、方向感がつかみにくいことから、後場からは値を下げることになった。ガソリンの期近2限月は新日本石油の問題もあって反発、全体的には灯油同様にマチマチの動きとなった。原油は期先以外で反落。8日は期先だけが続落となっていたことで1月限だけは見直された感じ。

 さて、週明けは少しおとなしい相場の感じがしました。今週は夏休みとお盆休みと重なることから、出来高的にも寂しくなりそうです。買いにも売りにも新規材料に乏しく、例のごとく米国週間在庫統計が目新しい材料となりそうです。国内ではガソリンの最需要期を終えることから、在庫統計で原油増加、ガソリン増加または減少幅が縮まるといった結果になると、中期的な売り材料となりそうです。


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日週明け、先週末プログラムは、各サイン売り買いまちまちの状態ですが、本日の値動きはどうだったでしょうか?デイトレードは本日原油のみで、小額勝ちでした。

 本日は各銘柄各限月微妙に別動きをしていましたが、寄り付き、ガソリン先、前日比100円安からのスタート、チャート(5分足)では、午前中は一方的に上げ、後場、3:10まで下降トレンドで、そこから引けにかけて上げて終わりました。今のところ微妙に天井打ちの形が出てはおります。もみ合えばしんどい時期ですが、プログラムの判断はどう出るでしょうか
最後の誘うような上げが気になります。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、210円レンジ、+80円、200円レンジ+40円、120円レンジ +10円。雰囲気は下げです。

Cチャート、灯油、原油、新規サイン有り、手仕舞いサイン無し。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 本日、灯油、原油、転換でした。他ポジションは現状維持。
       
デイトレード本日は、原油小額勝ち。
                 明日は、全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  各プログラム、売り買いまちまち状態ですが引き続きプログラム検証中!
   
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 取引しているある証券会社があります。その会社の、外務員の方が入れ代わり立ち代り、といっても、移動が激しいんでしょうけど、移動のごとに、新担当者さんが挨拶がてら、お電話をくださるのですが、
それが、とても、感じの良い方から、不快な方まで、まあ色々いるもんだと感心しています。

この前もいいましたが、どの商売でもそうなんですが、自分の言葉に責任が無さ過ぎるんですよ、そういう人が結構多いです。あまり文句は言いたくないですが、結構腹立たしく思うものです。悪口じゃなく、本当にしっかりして欲しいから、今日はあえて言わせてもらいますけれど、この前の話は、移動してきたばかりの方が、人のポジションを見て、あれやこれやアドバイスをするのです。そのうち、指値で注文を出してくださいって言うんですよ、根拠も無い理由で。私は最初、だまって話を聞いていたのですが、それは、結構もっともらしい話なんですが、正確に調べたり、根拠のある内容じゃなく、自分の感覚でものを言い切っていました。おまけに人の持っている銘柄を、「この銘柄の相場も終わりを告げようとしていますので」などと訳のわからないことを言われました。誰が終わりを告げたんでしょうね? もちろん私は真に受けるわけなどございませんがね。

 対、人にアドバイスなりをする仕事であれば、なにか言わなければならないのは解りますが、相場なんてものは、人の財産、言うなれば、大事なお金に関わってくる問題です。営業やアドバイザーの皆さんはとても真面目に勉強熱心な方も沢山います。私の友人にも、先物会社の営業マンでしっかり勉強して責任のある営業している人もいます。もっと責任を持った発言をしてもらいたいものです。相場観とか考え方じゃなく、一本筋の通った責任感を求めたいですね。そうすることによって、この業界も、より良い環境イメージで、活性化してくることと思います。

今日は、こんな話になりましたが、仕事とは、「人の役に立つもの」反面、人の迷惑に関わってきます。
自分自身含め責任ある言動を心掛けたいものです。

         
             「人のふり見て、わがも責任心掛け」



                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月8日金曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     88日(金)

 

87日 NYMEX

前日値

31.70

始値

31.67

高値

32.44

安値

31.67

終値

32.39

前日比

+0.69

88日 夜間取引

(日本時間)

始値

32.39

高値

32.48

安値

32.24

(15:30)

32.24

(19:00)

32.38

 7日のNY原油は反発、前日に発表された週間在庫統計でガソリン在庫が減少していたことが見直された模様。依然としてイラクの治安が不安定なままで、再度いつパイプライン破壊が起こりうるかも知れないという懸念が打ち消せぬままに、イラクのヨルダン大使館前で爆弾テロが起きた。直接的に原油輸出には影響はないが、イラクでは反米活動が激化しており、今後も予断を許さない状態。

 国内は海外高を受けて高く寄り付いたものの、3商品ともに買い方の利食いに上げ幅を削る形で前場終了。来週から夏休みに入ることから利益確定の利食いが多く出て、後場からは前場より売り圧力が強まり、ガソリンは一転して続落となった。新日本石油が製油所操業停止について午後4時にコメントする予定になっていたが、材料視されるのは11日月曜の相場からになる。灯油は2日連続で期近高の期先安。最需要期に向けての在庫準備に追われている背景が映されている。原油は期先以外で反発、昨晩の海外高で反発して寄り付いた原油だったが、為替が円高地合いに押され、夜間取引で弱含みしていたことで上げ幅を削ることになった様子。

 さて、11日分に出現しているサインから大きく動きに変化が出ました。7月相場が動かなかった分、8月は魅力的です。近づきつつある台風のように、相場界にも吹き荒れる予感がします。ただし、短期間です。来週一杯または木曜日ぐらいまでだと私は思っています。9月からは商品別の動きが盛んになりやすいので、トレードされている商品以外の値動きは参考にされないほうがいいと思います。

 週末です、メールでのお問い合わせのご返事に励みたいと思っています。毎週のごとく週末までお待たせして申し訳ありません。では、良い週末を。

 
              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日は全体動きにボリュウムが有りました。特にガソリンが後場より急落いたしました。デイトレードはガソリン負けの原油未約定で休みでした。

 本日の値動き、寄り付き、ガソリン先、前日比−80円安からのスタートしたものの。後場寄り付きから急落で、チャート(5分足)では、切り返すことなく、角度キープのまま下降トレンドでした。今のところ微妙に天井打ちの形が出てはおりますが、プログラムの判断はいかに?

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、390円レンジ、−210円、310円レンジ−120円、240円レンジ −30円。雰囲気は下げです。

Cチャート、ガソリン、原油、新規サイン有り、ガソリン、原油、手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 全商品新規サイン有り、ガソリン、原油、手仕舞いサイン有り。他のポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 原油、転換でした。他ポジションは現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン負けの原油未約定で休み。
                 原油、のみ出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

  本日プログラムは、かなり転換、一部を除き売り方針に変わりました。ここで今夜のNYや来週からの動きが重要になります。引き続きプログラム検証中!
   
  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  また来週
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 今日で今週も終わりです。台風も来ています。天気が悪いので、家でゆっくり勉強でもしようと思っています。相場の本など何冊も出ておりますが、筆者それぞれの考えや感覚が有り、とても参考になります。また、基本的な、手法に関する解説書なども、改めて読むと、根拠がわかり、納得させられる事が有ります。

 前にもお話しましたが、私は映画が好きです。映画が好きな人は沢山いるけれど、人それぞれ、見方が違うし、見る映画の選び方も違います。見る映画を選ぶ時なんかは、まさしく、相場の銘柄や方針を決めるように、それが面白いか面白くないか、感動するか感動しないかは未知です。

 さて皆さんは、映画を見るとき、どういう基準で選ぶでしょうか?

 いろんな人に聞いたところ、ほとんどの方は、前評判と好きな主演俳優、あと、ジャンル別好み(アクションなど)が多いです。しかし、結果は失敗が多く、がっかりしてしまうケースがかなり有りますね。

 原因として考えられるのは、まず、前評判はというと、それが良かろうと悪かろうと、その権利を買った配給会社が、ビジネスとして、うまく前評判なり事前のコマーシャルで予算を使い、必ず集客しないと赤字になります。そのため、強引な大げさな前評判を製作するため、実際の良し悪しには、かなりギャップが出るので、カスを掴む可能性があるのです。次に好きな役者の場合、イメージが膨らみ、頭の中は過大評価や希望的な片寄った期待から、実際の映画の本質から、ギャップが出て、カスを掴むケースが多いのです。なんか相場と似てませんか?大手の利益の為に作られた前評判につられたり、実質以上の期待を持ってしまったりで。

私の映画の見方は一風違います。まず、その映画に関しては、ある程度の期待しかしません。次に、好きな役者の映画を全部見ます。そのなかで、よかった作品の監督を調べます。今度はその監督の作品を出来る限り調べ、全部見ます。そうすれば、又気に入った映画があります。その作品の役者の作品を出来る限り全部見てまた、その中の良かった作品の監督、といった風に縦横数珠つなぎにどんどん広げていきます。そうすればけっこうあたりが多いんですよ。もし外れても結構それはそれで、いい時間を過ごす事が出来ます。中には誰も知らない素敵な心に残る作品に出会えたりで、トータルプラスってとこで、また相場みたいですね。結構面白いでしょ。

映画に興味がある方は、こんな選び方もありますので、試してみてはいかがでしょうか。とんでもなく良い作品にめぐり合うかもわかりませんよ。

                 また来週、良い週末を
 




                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月7日木曜日19:45更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     87日(木)

 

86日 NYMEX

前日値

32.22

始値

32.27

高値

32.80

安値

31.45

終値

31.70

前日比

-0.52

87日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.67

高値

32.05

安値

31.67

(15:18)

31.73

(19:00)

32.00

 6日のNY原油は反落、イラク産原油が来週半ばに輸出再開される見通しがついたことが売り材料。週間在庫統計EIAでは原油290万バレル増、ガソリン270万バレル減、APIでは原油157.3万バレル、ガソリン449.5万バレル減となった。事前予想と数字は異なるものの、原油増、ガソリン減となる予想は正しかった。ただ、原油増より、ガソリン減を買い材料として重視されていたが、ガソリン需要期のピークを迎えていることで、減少することは当然という見方が強まった。その為、先を見越して原油増を重視され、下げ幅を拡大することになった模様。

 国内は海外安を受けてガソリンが10月限を除いて反落、10月限は期近9月限が新日本石油の問題で急騰した前日に対してのサヤ調整と見られる。灯油は期近高の期先安、これは人気の集まった最需要期の限月で利食い売りが出易い状態になっているためだと思われる。原油は海外の原油在庫増という報が他の2製品よりも影響が大きく、全月で反落となった。

 本日は在庫統計の発表から反落となりました、在庫統計は毎週木曜に知らされるわけですが、しばらく大きな新規売り材料は見当たらないように思います。米国の原油在庫もいまだ低水準。イラクのパイプライン破壊もいつまた起こるかわからない状態。面白いのはOPECのバスケット方式と相場関係。28ドル(OPEC価格)以上を20日連続記録となると自動的に増産されるですが、その目前まで来ると先を見越して売りが出るため、値を下げ、20日連続というのは現状ではかなり難しいことです。大きく下げる要因が見当たらないため、高止まりした状態が長期間続いています。私もこのままのラインを維持して冬を迎えるとは思いませんが、もうしばらく、新規売りは控えた方がいいように思っています。


              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  昨日のNYが下げたせいかどうか、本日の石油市場、全体下げました。デイトレードも全商品各小額負けで終わりました。

 本日の値動き、寄り付き、ガソリン先、前日比250円安からのスタート。その後、チャート(5分足)では、大きく下に窓を開け、場中は上げ2回の下げ2回で、もみ合い状態の中、安値圏では下げ止まる傾向が見られましたが。最後は結局短い陰線で終わりました。そんなこんなでデイトレードは全商品若干の小額負けでした。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、160円レンジ、−290円、150円レンジ−190円、70円レンジ +200円。と、ちょっとボリュームに欠ける静かな相場でした。

Cチャート、新規サイン無し、全商品手仕舞いサイン有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 新規サイン無し、灯油手仕舞いサイン有り。他のポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート ガソリン、原油、各転換でした。灯油は現状維持。
       
デイトレード本日は、全商品小額負け。
                 明日は、ガソリン、原油、出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

 今日は、日頃一般の方からの問い合わせやご意見の中から、相場に関するお話をしたいと思います。

一番多いご質問は、「専門誌やインターネットの売買指針で売買しているのすが、勝つときは勝てるのですが、負けると大きく、トータルではかなり負けこんでるんですが、そんなの参考にするから駄目なのでしょうか?」という問いです。

 個々にご質問のお返事は、返しているのですが、私の返答としては、

 まず、専門誌やインターネットの売買指針は、ある程度正確なものが多いです。(一部をのぞいて)がしかし、かなり、片寄った考えでファンダメンタル系は要注意(ファンダメンタルが駄目とは言い切れませんが)。そこでおそらく、売りか買いか、方針が決まりますが、おそらくですが、売買するかた本人のルール決めがあやふやか、もしくは、ルールは作るが、そのとおり売買できない意思の弱さや、あと、建て玉バランスが無茶苦茶で、計算の元に売買していない為、勝つときは、たとえ大きく勝てても、いつかもっと大きく負けてしまい。バシバシにやられるケースがほとんどだと思うのですが、いかがでしょうか?、

売買バランスというのは、非常に重要で、緻密で、難しいものです。それを計算無しに、手放しで感覚でやっちゃうと、どうゆう事になるかというと、例えば1枚と2枚では、考え方によれば、1枚増えただけなのですが、本当は、倍のウエイトなんですよ。ウエイトが倍ということは、メリットもリスクも倍になります。1000枚と2000枚の違いと、バランス的には、なんら変わりないのです。だから通常1枚建ての状態で、「1枚ぐらい増やしても大丈夫か」というような考えは、理論上大間違いです。もしどうしても、1枚増やしたければ、別個に考えるか、もしくは、今後、ある一定の期間2枚建てという様に、今現在からプラン変更するという心積もりがいります。

悪い例をだしましたが、1枚で1000円幅とって、10万円利益、その後、2枚1000円負けると、20万の損害で、合わせて、10万円の損が出ます。それを、むやみやたらに繰り返せば、いくら売買指針が当然の物であっても、いつかパシパシにやられて、やめてしまうのが落ちですね。

 以上ご説明ご理解いただけましたでしょうか、相場というものは、一発当てもんではございません。
当たる、当たらないよりも、緻密な計算の元で、バランスよくプランを組み、それを強い意志で、実行できるかが、キーポイントです。ご質問いただきました方々、頑張ってください。


                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月6日水曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     86日(水)

 

85日 NYMEX

前日値

31.84

始値

31.79

高値

32.49

安値

31.67

終値

32.22

前日比

+0.38

86日 夜間取引

(日本時間)

始値

32.27

高値

32.80

安値

32.22

(15:08)

32.35

(18:58)

32.69

 5日のNY原油は再び32ドル台に乗せる反発。引き続きイラクの原油パイプラインが買い材料となった模様。火災は鎮火したものの、輸出再開の目処が立たない状態。生産過程に影響がないという報道から一変した。OPEC加盟国のインドネシアで爆弾テロ事件の報道も買い材料。明日の米国の原油在庫統計では増加の予想が立っている。

 国内相場は海外高を受けて反発、ガソリン、灯油は当限を除いて一代高値を更新した。ガソリンは新日本石油問題で期近2限月が急騰。ただ、通常の期近ベースで値動きするガソリンの習性とは異なり、短期的な問題であることから、他限月には影響は見られなかった。灯油もガソリンにつられての動き。期近が目立って上昇する動きとはならなかったが、依然として強い基調となった。原油は全限で一代高値更新、最近の海外原油の強さから大きく崩れることはないという予想から買い安心感が広まった様子。

 本日はガソリン期近が急騰しました。明日発表の在庫統計の事前予想も原油50万バレル増、ガソリン110万減となっています。予想からあまり変化がないようだと、原油増よりもガソリン減の方が買い材料として持ち上げられそうです。4日にも書きましたが、値ごろは禁物です。ここら辺りの値段までくると一般の逆バリのテクニカルは機能しません。過去の値段と見比べるのも危険です。当社はしばらく買い方針でしたので、会員の方は今回の上昇相場で3商品ともにバランス良くまるまる取られています。入会されて間もない方は半信半疑の分があるのか、見送られていたようで取り損ねた方もいらっしゃるみたいです。無論取引はご自分の判断ですが、今のような相場を取れるかとれないかが年間成績を大きく左右しますので。

さて、昨日の10時過ぎに当ホームページ上の実績表過去分を5月〜7月分に更新しております、どうぞご覧下さい。


     
              ※7月分更新済み成績表が更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  昨日は、いっぷく感でしたが、本日の相場、波乱含みでガソリン期近が暴騰したのを始め、全商品上げております。各プログラムは現在買い方針続行中ですが、本日も思惑どおりで、デイトレードも勝利で終わりました。

 本日の値動き、寄り付き、ガソリン先、前日比120円高からのスタート。その後、チャート(5分足)では、寄付きから2:35までは、角度キープの上昇トレンド。そこから引けにかけての下げで、結局前日比+210円と陽線で終わりました。デイトレードは灯油勝利、原油未約定で休みでした。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、270円レンジ、+210円、260円レンジ+220円、100円レンジ +220円。かなり高値圏に来ています。明日からの動きに注目したいものです。そして今後のプログラムの判断は?

Cチャート、全商品新規サイン有り、ガソリン手仕舞い有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 灯油新規サイン有り、手仕舞い無し。他のポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、灯油勝利、原油未約定で休みでした。
                 明日は、久しぶりに全商品出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

        本日の相場も我々にとっては思惑どおりで、かなりポジション、利益を含んできてはいますが、
        引き続きプログラム検証中、明日の風向きはいかに?


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム

 仕事柄、いろんな人と、話す機会がある為、若い女の子や男の子や年配の方まで、いろんな考えや感覚を聞くことが出来ます。最近特に気付く事は、未確認の情報をあたかも正しい事の様に信じ込んでいるケースがかなり多いです。未確認なので本当は正しいかもわからないし、もしかしたら間違っているかもしれないんですけれど、本人は、最後には「テレビで言っていたから」、とか「雑誌に書いていたから」などと言うのですが、最初は自分の知識のように、また、自分が実際見たかのように、物事を言い切ります。例えば、「アミノ酸はダイエットに良いよ」ていうのと、「アミノ酸はダイエットに良いらしいですよ」っていうのは、意味が全然違うにもかかわらず。人は前者の方を言いたがります。

 今の世の中、情報が氾濫し、良い意味でも悪い意味でも、昔に比べ、人間本来の経験から得る知識以上に未経験及び実際理解していない事柄の知識が、大半を占めています。

 今の社会は、テレビやラジオのマスコミ関係、本や雑誌の規制緩和や、インターネットの普及により、充分すぎるほどの情報を与えてくれます。

 先ほどの話に戻りますが、現代の世の中、事柄を言い切る事に対し、何の責任感も無いのが現状で、それが、こと仕事となると、大変な事になるのが現状で、在庫や商品知識についてや、契約ごとや、大金の損失に関わる事柄や、最悪、医療関係の命に関わる事までも、大げさな事じゃなく、大変多いのが現状です。
 
 伝える情報は正確なものは、言い切り、未確認のものに関しては、未確認の様に伝えなければならないと思います。そして何より、私を含め全ての人々が、自分が言い切った事柄については、責任があるのだと、自覚したいものですね。



                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月5日火曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
     
     85日(火)

 

84日 NYMEX

前日値

32.31

始値

32.15

高値

32.40

安値

31.80

終値

31.84

前日比

-0.47

85日 夜間取引

(日本時間)

始値

31.79

高値

31.98

安値

31.67

(15:30)

31.72

(18:55)

31.95

 4日のNY原油は前日の急騰に利食い売りが出て反落。イラクのパイプライン火災はすでに鎮火しており、生産過程に影響はないとのこと。それにしては下げ幅が小さい感じがする。基調が強いのか、イラクの不安定な治安から再度起こりうる可能性を想定したものなのか、はっきりしない高止まり状態。また、47セント下げたものの、先週末より高い所でのレンジ内で推移したもので、大きく下には触れていない。米国の週間在庫統計の事前予想は原油50万バレル増、ガソリン110万バレル減とされている。

 国内相場は海外の動きからすればこんなものといったところ。海外の動きに対して、下には過剰に反応しやすい状態ではあったが、昨日からの新日本石油の一部操業停止のニュースが歯止めをかけている。3商品ともに前日比とほぼ変わらず、マチマチで寄り付いた。ガソリンは一時的に需給面での影響があるのではと期近2限月に思惑買いが入った様子。他の限月はそれに引っ張られる感じで1度はプラスゾーンに入ったが引けにかけては反落し、期近高期先安。灯油は期近以外で反落、ガソリン同様の動き。原油も期近以外で反落となったが、こちらはプラスゾーンに入ることなくレンジの狭い動きとなった。

 本日ガソリンは期近2限月で強い動きを見せました。イラクのパイプライン火災問題は需給面には影響がなさそうです。ガソリンは月の上旬に高値をつけるケースが多く、それを睨んでの売りが引けにかけて出た様子。現在の原油の値段からはガソリン、灯油ともに少し割高感がありますが、ガソリン製油所の操業停止、需要期にむけての灯油の在庫積み増しによって、現物に対してタイト感から来ているようです。

              ※7月分更新済み成績表が本日から更新されています。

   

 7月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  本日は、昨日の急騰の後の、もみ合いって感じでした。値動きはどうだったでしょうか。

 本日の値動き、寄り付き、ガソリン先、前日比-20円安からのスタート。その後、チャート(5分足)では、前場ジンワリ下げの、後場1:30からの急激な上げに対し、3時からの下げで、結局前日比ー90円の陰線で終わりました。デイトレードはガソリン、原油共小額負けでした。

 灯油の方はガソリンよりも穏やかで、前日比-50円から始まり-60円出終わりました。

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、260円レンジ、-90円、290円レンジ−60円、130円レンジ −160円。

Cチャート、新規サイン見送り、原油手仕舞い有り。他のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート 新規サイン見送り、灯油手仕舞い有り。他のポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、ガソリン、原油共、小額負け。
                 明日は、灯油、原油出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

        本日は、いっぷく感でしたが、引き続きプログラム検証中


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 昨日、今日は、特に熱い日でした。やっと夏らしい日がやってきて、若者たちも恋の季節がやってきたって感じで、街で浴衣姿のカップルなんかを、見ていると、本格的な夏を喜ばしく思います。

 今年は夏の到来が普段の年より遅かった為、周りの方々からは、電気屋さんはクーラーの売れ行きが非常に悪いとか、BARはビールが売れないので、売り上げが落ち込んでいるとか、夏が涼しいだけで、こんなにもいろんなことに影響が出てくるものだということを、実感しました。また、違う業者の方は、のど飴や、うがい薬の会社の方なのですが、冬が暖かいと商品の売り上げが、極端に下がり、損害が出るといっていました。

世の中には、いろんな要因で生活にまで関わってくるようなものが、沢山有ります。言い出したらキリが有りません。気温や天候だけじゃなく、長年営業してた魚屋さんや八百屋さんが、となりに出来た大型スーパーマーケットのせいで、売り上げ激減、ひどい時は倒産に追いやられたりします。また、SARSなどの伝染病で、旅行会社や、貿易会社が倒産した例や、狂牛病などの、焼肉店や精肉関係などの影響も強烈なものでした。

 それは、他人事ではなく、私たち全体にいえることで、何かの影響で、生活が脅かされたりする可能性は、どこにでもあります。世の経営者は特に、また、一般のサラリーマンの方も、自分の立場や、自分が所属する団体の立場を考え、危機管理などを考えていかないと、明日は我が身なんて事になれば、洒落になんないですね。

 相場の世界では、リスク分散とか、ヘッジとか、いいますけれど、人生は相場に非常によく似ています。昔の人はよく、「二頭を追うものは、一頭も得ず」とよくいいますが、私の考えは、「二頭追うものは、一頭駄目でも、もう一頭で、しのぎなさい。一頭しかなければ、それは崩壊ですよ」って感じですね。ことわざは、よくばるなって教えなんですけれどね。本当は「備えあればウレイなし」がぴったりかもしれないですけれど。

何事も無く順調に行くに越した事はないですけれど、その点気を付けたいものです。





                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月4日月曜日19:30更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
    
     84日(月)

 

81日 NYMEX

前日値

30.54

始値

30.58

高値

32.38

安値

30.50

終値

32.31

前日比

+1.77

84日 夜間取引

(日本時間)

始値

32.15

高値

32.20

安値

31.90

(15:30)

31.97

(18:41)

31.95

 1日のNY原油は急騰。イラクのガソリンパイプラインで火災が発生したことで、今まで回復してきた生産量に不安が生じたことと、イラクの治安問題を背景に画期的な解決策が見出せない状態に失望売りも出て、上げ幅を拡大した模様。また、前日OPEC総会で生産量を据え置いたことも買いの安心感につながった様子。

国内相場は海外の急騰を受け、総じて高くから始まり、ガソリンは期先4限月でストップ高となり、3商品ともに期近を除いて軒並み一代高値を更新して取引終了。また、国内では新日本石油製油所一部が操業停止処分を受けたことも支援材料となり、ファンド筋はガソリンを大量に新規買いしている。灯油は引けにかけて上げ幅を縮小する場面が見られたが上値指向の基調は変わらず、大幅上昇。原油は高寄り後、利食いに押されて上げ幅を削る場面もあったが、最近の高止りしている海外を背景に大きく崩れる可能性が低いという思惑から買い直された模様。

さて、週明け相場は売り方の悲鳴が聞こえてくるようでした。手前で利食いを済まされた方も少し後悔されたのではないでしょうか?こういう相場を取れる方と取れない方では一年を通しての成績が驚くほど変わってきます。取引されているのは先物です。永遠に先があります、長い目でご覧になってください。そして、当ページの閲覧を習慣づけてください。なにも商社にばかり勝たせる必要はありません。本日のような相場を見るといつも一般の方はどれだけ取れただろうと思います。ここら辺りからはファンド筋の動向にも気を配らなくてはなりません。何より値ごろは禁物です。
   

 6月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  来ました。2発目花火が、ドカーンて感じです。・・・  ちょっと下品でした。失礼しました。

静かな相場が続いていただけに、直近2発目の吹き上げは、値ごろで売りを持っている方は、パシパシにいかれたんじゃないでしょうか。木曜日、そして今日の相場が、値ごろでの仕込みの怖さを思い知らされたよう気がします。

トレンドラインプログラムは、会員ページ本日仕切2本ありましたが、ガソリンでプラス157000円、原油プラス115000円と絶好調。未決済のポジションも、今日仕込んだ、原油1本以外はすべて、大幅プラスと思惑どおりです。ここからは慎重に行きたいところですが、プログラムの判断はいかに?

 本日の値動き、寄り付き、ガソリン先、前日比+630円高からと、大きく高寄りからのスタート。その後、チャート(5分足)では、あまり動きのない、横ばい状態から、2時20分以降の一段上げでストップ高となり、ストップのまま、引けました。デイトレードは未約定で休みでした。

 灯油の方はストップ高まで来なかったものの大幅上昇となりました。最後の5分での売り込まれが気になりますが・・・プログラムの判断はいかに?

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、200円レンジ、+700円ストップ高、240円レンジ+530円、230円レンジ +600円。大幅上昇で、レンジが狭いながら、本日は出来高は多めで、高値圏もみ合いと判断しています。

Cチャート、サイン見送り、現在のポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート サイン見送り、現在のポジションは現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、未約定で休み。
                 明日は、ガソリン、原油出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

        本日は一段高でしたが、引き続きプログラム検証中


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 今日も大阪は暑い一日でしたが、今日の石油市場も、熱く燃え上がってました。

人間やっぱりあれですね、仕事が順調に運んでる時って、すべて良い方向に向いてきますね。私はそれを、「風が吹いてきた」とか「風向きが変わった」とか「神風が吹いている」とか言ったりするのですが。

人生山有り谷有り、相場のチャートに似ています。人によっては、その波が安定して、横ばい状態の人から、乱高下を繰り返しながらも、上昇トレンドに乗って、最後は高値引けする人から、前半ストップ高まで行ったが、後は急反落で、最後は安値引け(不幸ですね)とか、いろいろあります。皆さんはどんな人生を歩んでますか?

 それにしても、今年もやっぱり相場は面白いですね。相場というものは一般的には、「損をするもの」とか、「やめた方が良い」とか、「相場を触っているやつは、博打打だから、ろくなやつじゃない」とか、聞こえてきがちですが、相場ほど、人生に近い理屈の物はないと思うのですが。また、人生そのものが、相場のように難しいものであり、休むことなく、上昇させなければ、いけないものなのでしょう。そして、相場を征する者は、人生までも、極めれる者だと思うのですが。




                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

2003年8月1日金曜日19:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

     相場雑感
    
     81日(金)

 

731日 NYMEX

前日値

30.68

始値

30.70

高値

30.98

安値

30.40

終値

30.54

前日比

-0.14

81日 夜間取引

(日本時間)

始値

30.58

高値

30.70

安値

30.50

(15:33)

30.60

(18:56)

30.66

31日のNY原油は小幅ながら反落した。OPEC総会では生産枠2540万バレル据え置きで、すでに織り込み済み。予想通りの結果に利食い売りが出ての下げとなった模様。次回の総会は924日に決定され、OPECのアティーヤ議長は、今後、OPEC目標価格帯2228ドルの上限を20営業日連続で超えれば生産枠を引き上げる可能性があるとのコメントを残した。コメント内容は以前までのOPECのバスケット方式通りで織り込まれた事柄だったが、改めて再確認のようにコメントされたことで、市場も上値を見直すきっかけとして、受け止めた様子だった。

国内は原油がマチマチ、新規材料に乏しく、方向感がない様子。灯油は期先以外で続伸した。まさに在庫積み上げのピークを迎えている時期らしい値動きで、最需要期後半の2月限には買い人気が集まらなかった。ガソリンは全月で続伸。現在ガソリンはおかめザヤで、逆ザヤへの修正が始まっている。9月限が29000円台に乗せたことで、1011月限にも買い安心感が広まった様子。

今後、ガソリン期近と10月限との限月間スプレッドの修正も要注意。現在10月限は11月限よりで推移しているが、今後、行楽シーズンを向かえて9月限との値段の差が上昇の形で縮まれば、期先にもより買い安心感が広まってくる。また、冬の時期に対しての長期気温予想も出てくるため、それによって灯油の値動きは荒く推移する可能性がある。今のところは例年より気温が低めで織り込まれています。

さて、週末です。明日は質問や感想のメールのお返事に励みたいと思っていますので、お待たせしていますが、メール下さった方はもう少しだけお待ち下さい。


   

 6月分更新済み成績表
                                   小西


                 なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

     
     
    トレンドライン日報

  今日から8月、プログラムは良い感じに来ています。 昨日の吹き上げの後、どうなるか、注目の本日の市場ですが、どうでしたでしょうか?

 寄り付き、ガソリン先、前日比+50円高からと、若干の高寄りからのスタート。チャート(5分足)では、昨日の引け前からのクッと戻すような3本分の角度に延長して9:30まで。それからは1時過ぎまで、下がりたがってましたが、結局行って来いの大引け終値は、前日比+70円と微妙に陽線で終わりました。一昨日までにくらべると、動きが出てきている方です。デイトレードは昨日一昨日良かったものの、本日はガソリン小額勝ち、灯油負けで原油小額負けとトータル負けで終わっています。

 灯油の方は昨日までガンガン来てましたが、今日はイップクって感じです。期近高の5番月までプラスで、期先だけ前日比マイナス130円で終わっています。来週以降もう一伸びすれば、上に行くような線は出てますが、プログラムの判断はいかに?

 前日比とレンジはガソリン先、灯油先、原油先の順で、280円レンジ、+70円、390円レンジ−130円、70円レンジ +10円。

Cチャート、ガソリン、原油、新規、手仕舞いサイン共出てます。他ポジションは維持です。
       新規、手仕舞い、転換点も含めすべてタイミングは確実に。タイミングがすべて。
       
Sチャート ガソリン新規、他ポジション現状維持。 引き続き攻略システムで分析中です。

Nチャート 現状維持。
       
デイトレード本日は、勝ち負けまちまちでトータル負け。
                 月曜日は、ガソリン、原油出動です。指値タイミングはデイトレードページ。
                                                   バランスよく維持

本日、反落は無かったものの、イップクって感じです。引き続きプログラム検証中


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。

  ※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。
 
                 正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


                  週末暇な方はご自分のポジションと売買プランを再確認してください。
                            
                          良い週末を、   又来週、
                                                       中西
                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。

今年1月から7月までの各プログラムの合計損益額(1サイン1枚)7月末時点の未決済の建玉分は含んでおりせん。

プログラム

ガソリン

灯油

原油

デイトレード

172000

308000

210000

Cチャート

1180000

1537000

1842000

Sチャート

822000

1351000

423000

Nチャート

607000

589000

104000

合計損益

2781000

3785000

2579000






                   本日のコラム


 最近車で走っているのが、楽しくてしょうがない状態が続いています。

 どっかの車のサイトに書いてましたが、「オープンウイルス」ってなものがあるらしいです。それに罹ると治らないようなことも書いてましたが、まさしく私もオープンウイルス患者です。オープンカーで走っていると心がウキウキしてきます。通勤に車で移動しますが、屋根を開けれる時は、極力開けるようにしています。

昨日は奈良の生駒山という所に、登りました。標高は642mと、そんなに高くないのですが、大阪の隣にあるだけに、大阪の夜景が一望できる素敵なドライビングコースです。

昨夜はまた、空が晴れ渡り、星が綺麗で、最高でした。

皆さんの街にも、もっと素敵な場所があるのでしょうね。


最高の車と、最高の音楽と、最高の夜景に最高の星空、最高の風を感じて、最高のエンジン音、

これで、先日言ってました心の栄養は満タンです。また仕事も頑張れるというものです。


        「心も満タンに、」←コスモ石油のコマーシャルみたいですね。



  あっ、そうそう、日曜日は今年初の琵琶湖にボートを出してのウエイクボードです。
         
  良い天気になりそうですが、皆さんも海や川で事故のないように、良い週末を

  お過ごし下さい。

                   ・・また来週

                   山本 一郎

             新設ページ 山本一郎の相場のお話 総集編

        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

             他社ホームページ、リスクについての勉強会

HOME  本日の相場観    バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月