本日の相場観、商品先物取引東京工業品取引所の東京ガソリン、東京灯油、東京原油、石油3商品に絞り、海外相場の掲載を含め本日の値動き解説、自社プログラムによる、展望も掲載

本日の相場観バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
               2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                   2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
会員申し込みに関する問い合わせ 会員の申し込み及び案内
E-mail  info@ntl-pro.com    24時間 入金確認後即パスワード発行
月内途中入会可

日本トレンドライン
TEL  06−6352−0500    PM1:00〜PM6:00
新設ページ 売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン2004年版更新済み
バックナンバー2005年9月分
2005年9月30日 金曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月30日(金)

9月29日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
66.35 66.34 67.20 65.52 66.79 +0.44
9月30日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:20)
66.79 67.03 66.36 66.55 66.92

9月29日のNYは当限のみ0.44ドル高と続伸したものの、他限月は小幅反落。前日の在庫統計でガソリンが予想に反して増加したことが見直され、ガソリンが反落。また、天然ガス在庫が前週比530億立方フィート増の2兆8850億立方フィートと発表されたことで、ヒーティングオイルも小反落。メキシコ湾岸での稼働率は通常時の98.59%が停止中で、僅かに回復したものの、先行き不安から、原油の下げ幅は限定的となった。製品は30日の納会を控え、ポジション整理的な売り圧力が強まり、特に大きく上ザヤで推移していたガソリンの下げ幅は大きくなった様子。

国内は、夜間取引が軟調にスタートしたことを材料に値を下げての寄り付きとなり、商品間でマチマチ。ガソリンは当限のみ続伸、他限月は小幅に反落。前引けにかけて売り込まれる展開だったが、後場からは基調を取り戻し、下げ幅を縮小したが、期先のみ引け前に急落した。前日比400円安〜200円高。灯油は総じて安く寄り付いた後、期近はプラス圏まで買い戻され、その後も上げ幅を拡大。それを受けた期先は安値から離れるものの、軟調な基調は変わらず、期近安・期先高で引けた。前日比550円安〜410円高。原油は、週末や月末によるポジション整理的な利食い売りが優勢となり、小幅に反落。3日に納会を控える当限が4万円台を維持するかどうかにも関心が集まっている。前日比80円〜200円安。

昨晩のNYでは当限が一時67.20ドルまで買われたが、維持できず、67ドルに抵抗を感じさせる相場となった。メキシコ湾にある製油所の稼働率は、当初の予想以上より回復ペースが遅く、冬季需要期への先行き不安が払拭できないが、それ以上に買い上がる材料がない状況。米議会予算局は29日、ニューオリンズ港の稼動率回復のメドとして、今月末に30〜40%、年内に80%までとの見通しを発表した。前日コメントしたが、やはりガソリン在庫の増加に対しての修正安となったNY。懐古的な姿勢は変わらず、反動から来週は大幅に減少するのではという声もあり、下値は底堅く推移しそうな来週前半である。今後のハリケーンにおいては、時期的に10月半ばまでが発生率が高い為、来週後半には警戒心が後退するのではないか。一部では、ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを形成したとの見方を持っており、その筋が67ドルを抵抗線にしている様子。国内外同様に、週末、月末要因が強めに働いており、ここまで2日間67ドルを試しているが、今晩達成できないようであれば、来週も在庫統計の発表を受けるまでは頭の重い展開となりそう。しかし、先に書いたように下値も堅そうであり、63ドル〜67ドルレンジの揉み合いから抜け出すには石油市場のみならず、株式や為替、他の先物商品(特に金)などの動向次第のところがあり、今後の資金流動に注意する必要がある。国内元売りは、輸入規制を受けて市中買いが活発になるため、需要が始まる北海道の気温がポイント。その北海道では、冬季入りが遅れ気味の予報となっており、増産は進むものの、出荷は伸び悩んでいる状況ではある。ただ、本日のように、当限が堅調な日が続けば、灯油のサヤは例年に形に修正されていく可能性が高い。前日にコメントしていた灯油1月、3月限のサヤは寄り時点で3月限が1350円の上ザヤと前日より70円拡大して始まったが、引け時点では、580円に縮小し、この日だけで770円幅の縮小となり、今後、少なくとも同ザヤ辺りまでは修正が必要かと私は考えています。例年、10月、11月の2ヶ月を1つのトレンド期間とした場合、期間中の3分2の日柄は同一方向に動くことが多いため、比較的わかりやすい相場展開になると個人的に見ています。それでは、良い週末をお過ごし下さい。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、月末金曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は全体に小安い展開となりました。ガソリン灯油先限は場中もマイナス圏で引けております。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比170円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、値動きレンジが普段より狭く、大き目のもみ合いで横ばい気味にすいいしました。引けも小安く引けて、終値前日比は−340円。この4月限から値幅と取引単位が変った影響からか、発会されてから旧から新ポにシフトされるであろう出来高のバランスが普段のパターンと違っているのが気になります。


 日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右下に極小さいクロスに近い陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、再度形を変えてのド短期上昇トレンドを作りかけのようにも見えます。このところの高値圏でのもみ合いが長引いて頭を押さえられている格好に見えますが、再度ぶち抜いてくれば強い展開となり、しかし下にだれてくる格好にも見えます。引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、460円レンジ−340円、690円レンジ−520円、220円レンジ−190円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 昨日阪神タイガースのリーグ優勝のお話をしました。昨夜のテレビの映像での大阪市内、特に道頓堀周辺の警官隊に対しての大暴れやなんやかんやの光景にはがっかりさせられたと同時に、いろんな事を感じました。まずは、一般大衆の力は偉大である。一般大衆は基本的に「右へ習え」。他人と同じでないと不安である。自分だけ違う事をしていれば不安になるのは一般大衆の特徴ではないでしょうか。例えば結婚などもサラリーマンで同期の社員が次々に結婚をしていけば自分も早く結婚しなければいけないような心理状態になります。自分の生活状態や人生設計はさておき、周りに流されていくのは一般大衆です。女性のファッションなどもその傾向ではないでしょうか。プラダのバックが流行れば、ねこもしゃくしも貧乏人もプラダプラダで大流行。というのが何年か前ですが、いまやプラダのバッグなどはあまり目につかないのは気のせいでしょうか。
 日本とはそういう国なのか、人間自身がそういう性質なのかはわかりません。流行れば飛びつく、それがどんどんエスカレートしていく。やがて飽和状態になった時に飽きが来て人は離れていく、というのが流行の流れで、大ブレークの後には、なにかしら寒い時期がおとずれているような気がします。一般大衆のような熱い気持ちもうらやましいとは思いますが、投資家たるものは、常に冷静に良い悪いを周りに流される事なく判断していく落ち着いた心理状態が必要なのではないかと改めて思っています。



                           また来週
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月29日 木曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月29日(木)

9月28日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
65.07 64.94 67.40 64.60 66.35 +1.28
9月29日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:20)
66.34 66.66 66.10 66.35 66.53

9月28日のNYは反発して、66ドル回復。EIAが発表したガソリン在庫が予想を覆して、大幅増加したことが嫌気され、一時は64.60ドルまで売られた。しかし、原油が予想以上に減少したことやハリケーン被害による今後の供給懸念などから買い戻し優勢の展開となり、引けにかけては67.40ドルまで買われ、その後は上げ幅を縮小して引けた。EIA発表に在庫統計では、原油が前週比240万バレル減の3億570万バレル、ガソリンは同440万バレル増の1億9980万バレル、留出油は50万バレル減の1億3360万バレル、ヒーティングオイルは同250万バレル減の5720万バレルとされた。

国内は総じて反発。ガソリンは期先中心に買われて始まり、上げ幅を大きく縮小する展開。ただ、後場序盤に期近主導で売られた後は、買い戻し優勢となり、安値から大きく切り返した。前日比20円〜1000円高。灯油は当限が小幅に続落し、他限月は期先中心に反発。一時は期先2本を除いた限月がマイナスサイドまで売られたものの、ガソリンが期先中心に買われたことに連動してプラス圏を回復して引けた。前日比250円安〜1000円高。原油は反発。当限は納会を控え、140円高と小動きに納まり、期先では製品高に連動した買いから堅調に推移した。前日比140円〜740円高。

 昨晩のNYは、ガソリン在庫の結果に懐古的な見方が広まった様子。メキシコ湾での製油所は依然として通常時の100%が停止中で、幾分需要が減退しているとは言え、440万バレル増加という数字を素直に受け止めなかった様子。今晩にも見直しから修正安となる展開も予想できるが、需要期入りを控え、ヒーティングオイルの在庫減少も強材料視された様子で、今晩発表される天然ガス在庫の結果が大きく影響しそうである。メキシコ湾の製油所では、「リタ」が過ぎ去った当初の思惑より、回復が遅れている。その為、IEAによる輸出を受けた在庫統計で、内容的に弱材料となっても、市場では目先ではなく、冬季需要を見据えた姿勢を見せた上、関心がガソリンから留出油やヒーティングオイルにシフトした証でもあった気がする。さて、国内では、灯油3月限が1月限に対し、上ザヤで推移するという異例の相場となっている。例年であれば、2000円以上は下ザヤで不思議でない3月限だが、本日終値時点で、1280円上ザヤと前日よりも更に拡大した。昨日もコメントしたが、ファンド筋は3月限を大きく買い越しており、ここ数日で大量に手仕舞いを入れてきた形跡がある。27日のサヤが960円に対し、28日が670円。昨日はファンドの手仕舞いが主な内容となって、サヤを縮小させたものの、本日は大きくサヤを拡大させている。今後、ファンド筋中心に本格的な4月限への玉の乗せ換えが始まった場合、ポジション整理を踏まえる意味でも、サヤ取りの妙味があると思われる。今後、NYが上昇した場合、IEAによる備蓄石油放出期間の延長がある可能性もあり、そうなれば、加盟国である国内はNY高に過剰に反応せざるを得ない。65ドルを境にして揉み合いレンジとなっているが、そろそろ抜け出すように思われ、来週の展開は、今週末の動きが成長すると私は考えています。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は総じて高い展開となりました。ガソリン灯油の先限は引けでは偶然なのかそろって1000円ちょうどの前日比高と、気持ち悪い数字で終わっています。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比1280円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、大幅高での寄り付きから、一気に下降を見せ、その後は大きなもみ合いで横ばい気味に推移しました。後半はジリジリと値を上げて終値前日比は+1000円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右上に下髭付きの陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、再度形を変えてのド短期上昇トレンドを作りかけのようにも見えます。しかし高値圏でのもみ合いがきつく大きくもみ合いながらの推移で、62000円手前の位置では頭を押さえられている格好に見えます。この線を越えてくると再び上に伸びてきそうな感もありますが今のところは上下5部と5部というところでしょうか。引き続き激しい乱高下が予想されます。上下両方向からを慎重に見ながら坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、810円レンジ+1000円、1090円レンジ+1000円、210円レンジ+710円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 今日の関西は、阪神タイガースのリーグ優勝となるかどうかの大盛り上がりになっています。私自身プロ野球が好きで、球状まではあまり行かないものの、テレビでよく観戦をしています。阪神タイガースは、子供の頃の田淵、江夏の時代が好きで、テレビにかじりついてよく見ていました。一方巨人も好きで王、長島、張本もよくテレビで観戦していました。私自身、今も昔も変りませんが、これという一番好きなものがない為、何でも幅広く興味をしめします。それが私自身の性格のいいところでもあり悪いところでもあるのではないかと思ったりもします。
 プロ野球をはじめ、プロのスポーツは、いろんな事を勉強させてくれます。まずは理論的な戦いが素晴らしく、「こうすればこうなる」「こうするからこうなってしまう」「こういう場合はこのように切り抜ける」などの理論の下に各選手が訓練を行い実践して戦い抜いていきます。そこに奥の深さを感じるわけです。飛んでくる球を好き勝手に打ってるわけでもなく、投手も好き勝に手投げているわけでもなく、一番有効な一手を常に緊張感の中実践している様は、まるで丁寧に将棋を刺しているかのように見えます。ひとたびリズムが狂えば精神的な動揺となり、敗戦してしまうのもプロのゲームの面白さではないでしょうか。今日の試合はどうなるかはわかりませんが、せっかくの大舞台大いに盛り上がってもらいたいものです。


                           また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月28日 水曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月28日(水)

9月27日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
65.82 65.70 66.17 64.60 65.07 -0.75
9月28日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:18)
64.94 65.15 64.60 64.76 64.89

9月27日のNYは反落。製油所の閉鎖が続く中、製品期近が買われ、原油の下値を支える要因となっていたが、引けにかけては売り方優勢に転じ、65ドル割れからは買い戻される展開。依然として、メキシコ湾にある製油所では、通常の100%が停止中で、供給懸念から製品期近は続伸した。サウジアラビアでは、生産余力である日量200万バレルを増産したとしても、購入者が存在しない、とコメント。IEAのマンディル事務局長は、石油備蓄放出期間の延長は可能とした。今週の在庫統計の事前予想では、原油が前週比100万バレル減、ガソリンは同270万バレル減、ヒーティングオイルは同200万バレル減とされている。

国内は小安く寄り付いた後、前場は終始小動きに止まったが、後場からはジリジリと水準を切り下げ、大幅に売られる展開。軟調に推移した夜間や国内在庫の増加を嫌気された様子。ガソリンは期中3本がストップ安となり、前日比480円〜1060円安。灯油は2,3月限がストップまで売られたが、引けにかけては僅かに買い戻された。前日比210円〜1260円安。原油は当限が210円安の40080円と安値引けしたものの、4万円台を維持。他限月は620円〜710円安と大幅反落し、113円回復という円安は材料視されていなかった様子。

 本日発表された国内石油供給統計では、ガソリンが前週比6757kl増の202万7267kl、灯油は同32万6291kl増の442万1984kl。稼働率は2.1%上昇の89.4%。海上スポット価格は両製品ともに変わらずのガソリンが54900円〜55500円、灯油は52200円〜52800円。当限では、ガソリンが下ザヤ、灯油は上ザヤ。季節的要因を考慮すれば、妥当なところで下げ渋る展開となった。国内元売りでは、出光興産とジャパンエナジーは1.2円、新日本石油は0.9円と10月の小売価格を引き上げることに決定した。NYは、26日にヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを形成することに失敗し、昨晩は65ドルを割り込みながらも、回復して引けている。在庫統計を控え、62ドル〜68ドルレンジの中間地点という居心地の良いポジションと見受けられる。それだけに今後の方向感が難しいが、65ドルを割り込んだところで、ファンド筋と見られる買いが入っている状況から、65ドルがサポートラインとなっていることは間違いない。その為、維持されるようであれば、68ドル辺りまでの上昇、割り込むようであれば、下値目標は62ドルと考えられる。国内では、ファンド筋が両製品の3月限で大きく買い越していた為、前日に続き、本日も相当の手仕舞いが入ったと思える。逆に商社は売り越し、大衆はガソリン買い越し、灯油は売り越しではないか。相変わらずだが、灯油の不需要期入りとも需要期とも言える3月限に対しての売り人気は相当である。4月限には多少抵抗があるのか、強いて期先で取り組む姿勢は見られず、取引要綱変更に対し、様子見が続いている状況。夜間取引では、再度65ドルを割り込んで推移しているものの、在庫統計発表後に65ドルからどちらに離れるかがポイント。今週も原油、製品ともに減少予想。前回は減少予想に反し、ガソリン、留出油が微増であったため、昨晩のNYは事前予想を織り込んでいないと思え、売り越しであるファンドのポジションがどう取り組まれるかに注目です。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、水曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は引けでは全体大幅安となりました。場中ジリジリ値を切り下げ、ガソリン灯油はストップ安を含めて大幅安となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比230円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、小幅安からの寄り付きから、場中一方的な下降トレンドを作りながら一方的にジリジリ下げていきました。終値前日比は−1060円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右下に大き目の陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、短期上昇トレンドラインからの急上昇で前回9月1日の高値を先週末若干越えてきた格好から、一気に大幅下落という形でしたが、昨日再び前回9月1日の高値を超えて、今日はまたまた弾かれた感じになっています。ここ最近は荒々しいもみ合いの中、キチンと方向性が出ないまま推移している格好です。引き続き激しい乱高下が予想されます。上下両方向からを慎重に見ながら坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、1190円レンジ−1060円、1330円レンジ−1260円、530レンジ−700円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 車で事故を起こした場合、おそらく事故を起こした人は、その事故をなぜ起こしてしまったのか、こうしておけばよかった、などを含め、その事故自体の反省や後悔をしていることでしょう。しかし偶然暴走車両が突っ込んできたなどの特別な場合を除き、大半の場合は、普段の運転姿勢がなっていないのが原因で、何時事故を起こしても不思議でない、または事故を起こすべくして起きたというのが本当のところ、という事が多いのではないでしょうか。そんな感覚での普段の運転姿勢な為、一度事故で懲りても忘れた頃にまた事故を起こしてしまい、何度も何度も事故を起こしてしまうというのが特に駄目ドライバーの特徴です。
事故を起こし、その事故について何度も後悔したとて、根本的な運転姿勢が変らない限り事故を起こす可能性はついて回るし、次回も起こすべくして事故を起こすでしょう、というのが私の考えです。
さて、人生の中で、日々の物事を進めていく中で、同じような事は、沢山あると思います。ギャンブルや借金、仕事や人間関係。トラブルを起こす人はいつまでたっても忘れた頃にまたトラブルを起こすというのはそういう理屈からではないでしょうか。「またあいつか」なんて言葉は日常茶飯事聞こえてくるはずです。人の事はよく見えても自分の事はなかなか分析できないのが世の常です。しかし、その気になって何でもやれば可能なのも人生です。同じ失敗を極力繰り返さぬよう自分自身の根本の考え方を上手くメンテナンス出来る人間が、本当に良い人生を送っていけるのではないかと、私は思っています。



                           また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月27日 火曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月27日(火)

9月26日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
64.19 63.44 65.90 62.65 65.82 +1.63
9月27日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:19)
65.70 66.17 65.14 65.75 65.14

9月26日のNYは反発して65ドルを回復。序盤は夜間取引の軟調な流れを引き継いだが、63ドルを割り込んだ前場半ばからは買い戻し優勢の展開に一転した。「カトリーナ」と「リタ」による影響から、メキシコ湾にある製油所の100%が停止しており、日量440万バレルの生産がストップしているとのこと。メキシコ湾での生産量は全米の約25%に当たることから、冬季を控え、ヒーティングオイル主導で買われた。ブッシュ大統領は、石油の供給不足に対し、戦略石油備蓄を活用する方針を明らかにした。今週の在庫統計の事前予想では、原油が前週比60万バレル減、ガソリンは同280万バレル減、留出油は同240万バレル減とされている。

国内はNYの反発を受けて、製品はマチマチ、原油は反発。NYは反発したものの、前日の国内が下げ足りないことから、序盤は買われたものの、引けにかけて売られる展開。ガソリンは当限、先限が反発、他限月は続落。期先は先限つなぎで最高値を更新し、一時はストップ高まで買われたが、他限月に連動して高値から離れた。前日比520円安〜2070円高。灯油は期先のみ反発し、他限月は続落。前日比790円安〜1920円高。原油は大幅反発。NYが65ドルを回復し、夜間でも堅調に推移していたことを好感した買いが入った様子。前日比380円〜960円高。

昨晩のNYは、前日コメントで指摘していたレンジを安値62.65ドルと割り込んだものの、その地点から買い戻され、65ドルを回復。ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを形成するには至らず、冬季の暖房油需要から、供給懸念が払拭されることはなく、ヒーティングオイル主導で買われた昨晩。主導権がガソリンからヒーティングオイルにバトンタッチされた日でもあった。国内では、気象庁が25日に発表した3ヶ月予報によると、東北、北海道は平年並み、それ以外では平年並みか高いとされている。IEAの備蓄放出に基づき、政府側からの輸入規制があり、仮に例年より気温が低めとなっても、輸入規制が継続される可能性があることで、気象予報は弱材料視されていない様子。昨晩のNY反発の理由がどうであるというよりは、前日に売られ過ぎと受け止めるべきで、「リタ」による被害が最小限となって売られたが、そもそも「リタ」が発生する前の価格帯に戻すことが不自然。生産量への影響は大きく、累積で3328万3422バレルの生産量が減少との見込み。これはメキシコ湾に生産される年間生産量の約6%に当たる。今後、回復していく稼働率だが、前回同様に停止率50%前半までは時間が要らないにしても、そこからペースが落ちるはず。時期的に9月と10月では季節的要因が違うため、回復ペースへの反応も違うはずで、65ドルをサポートラインに形成していくシナリオと私は見ています。ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを形成しつつも、そこから65ドル回復まで買われたことで、昨年同様にファンド筋の強さを感じた昨晩でした。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は引けでは製品安の原油高となり、昨日発会したガソリン灯油の先限は、鞘を調整する格好となり大幅高となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。この限月から単位と値幅が変更された4月限は前日比2110円高からの寄り付きスタート。昨日はほとんどの限月がストップ安張り付きで推移した中の発会とあって、かなり下の位置につけてしまった4月限は、今日の寄り付きで一気に鞘調整となり大幅高で始まりました。チャート(5分足)では、大幅高で寄り付いた後、ほぼ高値圏での横ばいの大きなもみ合いとなり、終値は寄り付き値段近辺で引けています。終値前日比は+2070円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。昨日シンポ発会で今日の寄り付きで一気に鞘調整となった4月限は昨日の足の右遥か上部分にクロスに近い小さな陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、短期上昇トレンドラインからの急上昇で前回9月1日の高値を先週末若干越えてきた格好から、一気に大幅下落という形でしたが、今日の鞘調整のせいか、再び前回9月1日の高値をぶち抜いてきた格好です。一代足で見るのと先つなぎでは大きく違ってきますが、ここは基本の先つなぎで見て行きたいと思います。引き続き激しい乱高下が予想されます。引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、570円レンジ+2070円、1410円レンジ+1920円、350レンジ+910円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 現在いくら調子がいい生活をしている人でも一直線に右上がりに上がってきた人は少ないのではないかと思います。人生山あり谷ありとよく言いますが、その人の調子なんてものは、生まれて死ぬまで絶好調で続く人などなかなかいないのではないでしょうか。プロ野球選手とて、選手生活何十年かの中で良い時もあればスランプに苦しむ時期もあり、そこで何らかの方法や改善策を用いてスランプ脱出し、また好調を取り戻し第一線で活躍していくのだと思います。問題はいい時になぜ今この状態であるのかを改めて意識し、今一度悪くなった時に理にかなった対処法ができるよう、準備しておく事が大切だと思います。人間は好調の時には調子に乗り、不調の時にはマイナス思考になりがちですが、好調の時ほど謙虚に慎重に、不調の時ほどプラス思考に改善と建て直しで流れを掴んでいかなければならないのではないかと思います。人生山あり谷ありで、推移しながら、それでも少しずつ右肩上がりで、レベルを切り上げていけたらそれは最高の事だと思います。私もそういう形で人生の上昇トレンドをキープしていきたいと思います。



                           また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月26日 月曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月26日(月)

9月22日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
66.80 66.85 68.14 66.05 66.50 -0.30
9月23日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
66.50 66.58 66.80 63.85 64.19 -2.31
9月26日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:15) (19:20)
63.44 63.74 62.95 63.37 63.61

9月22日のNYは0.30ドル安の66.50ドルと小反落。ハリケーン「リタ」が勢力をカテゴリ-5に引き上げられたことで、テキサス州ヒューストン近郊の製油所が閉鎖、それを受けた市場は夜間取引で68.14ドルまで買われた。しかし、通常取引に入った時点では、「リタ」の勢力がカテゴリー4に引き下げられ、予想されていた進路より東となるメキシコ湾北西に向かうとのことから、石油施設への被害が小さくなるとの思惑が出て、売り方優勢の展開に一転した。メキシコ湾にある製油所は通常時の91.93%が停止。ナイジェリアでは、武装勢力がシェブロン所有の製油所を占拠し、操業は停止したとのこと。

9月23日のNYは大幅続落。「リタ」の進路は、石油施設が集まるテキサス州から、ルイジアナ州よりに進路を変えたことから、被害観測が弱まり、売り方優勢に取引された。東部午後2時にカテゴリーを3に引き下げられたこともあり、売り方優勢な展開は変わらず、一時は63.85ドルまで売られ、引けにかけては僅かに買い戻され、前日比2.31ドル安の終値64.19ドル。「リタの」の影響から、メキシコ湾の製油所では、通常時の91.13%が停止となり、減産量はガソリンが日量220万バレル、留出油は同120万バレルとされている。

国内はNYの急落を受けて、軒並みストップ安。ガソリン4月限は1470円下ザヤの58940円で発会。通常、3月限に対して500円以上は上ザヤとなるが、NYの下げ幅を換算すると、3月限がストップ安では下げ足りないことから、大きく下ザヤでの発会となった。灯油4月限は3530円下ザヤの55500円で発会。ガソリン同様の理由に加え、従来のサヤでも1700円程度下ザヤで推移するため、ガソリン以上に下ザヤ発会となった。原油は当限を除いた全限月がストップ安。当限は270円安と下げ渋りながらも4万円の大台割れとなった。

 2日間の外電入力の合計は、2.61ドル安となり、国内23日の大引け時点からでは、約3.60ドル安となった。また、NYMEXは、「リタ」による影響から相場の混乱を避けるため、通常より9時間早めとなる日本時間の25日午後11時から夜間取引を開始。その夜間取引でも64ドルを割り込む軟調な週明けとなった。「リタ」の被害懸念が発生する前では16日終値で63.00ドルと、きっちり上昇幅を売られる結果となった。停電による製油所の稼動停止以外、目立った被害報告はないものの、「リタ」によって、生産量が減少したことは間違いなく、発生前の水準まで修正されるのはやや売られ過ぎではないか。25日時点では、「カトリーナ」と「リタ」による影響から、メキシコ湾にある製油所のほぼ100%が稼動停止。日量約150万バレルの生産が停止している。今週中に16日時点の停止率56.1%まで回復するのは難しく、ハリケーン被害観測後退から激しく売られたものの、停止率の回復ペースを背景に、買い戻しがあっても不思議ではない。サポートラインの63ドルを割り込むことがなければ、冬季の最需要期に向けた相場を見ている証拠ではないか。20日時点のファンド建玉明細では、原油が前週比4855枚増の1万3103万の売り越し、ガソリンは同1414枚減の25869枚買い越し、ヒーティングオイルは同3245枚減の1780枚買い越しとなっている。上昇時にも関わらず、原油は売り越し枚数が増加。製品主導で買われていた相場がよくわかる。恐らく、ヒーティングオイルも現時点で売り越しになっていると考えられ、ガソリンがそれに連動するか、それとも主導権を譲らず、上昇への引率役となるか。在庫統計を控えてはいるが、今晩のNYが63ドルを維持すれば、再度65ドルへ向かうと私は考えています。しかし、8月12日高値67.10ドル、18日安値62.25ドル、30日高値70.85ドル、9月12日安値62.55ドル、21日高値68.27ドルが強く意識されるはずで、63ドルを割り込んで引けるようだと、ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを形成するため、60ドルを目標に展開する公算が高まりそうです。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、月曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。本日ガソリン灯油がシンポ発会。今日の石油相場はNY原油の大幅下落を受けてか、各商品大幅安で、ほとんどがストップ安となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン3月限の値動きです。前日比−1000円ストップ安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、終日ストップ安で張り付いて推移しました。終値前日比は−1000円ストップ安。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日はシンポ発会で昨日の足の右下に陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、短期上昇トレンドラインからの急上昇で前回9月1日の高値を先週末若干越えてきた格好でしたが、今日発会のシンポの位置は下位置となり、若干ダブルトップ気味に下落傾向を作ってきました。再度短期上昇トレンドラインの位置まで下落してくるのか否かというところが注目されます。上下両方向からを慎重に見ながら引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン3月限、灯油3月限、原油先限の順で、張り付きレンジ−1000円ストップ安、張り付きレンジ−1200円ストップ安、張り付きレンジ−1200円ストップ安。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 物事の捉え方についても、幾通りもの捉え方がある事と思います。映画ひとつ見ても、浅く見すぎて主役の演技しか見ていないということになれば、本来の脚本の面白みや脇役の素晴らしい演技や監督の演出の素晴らしさなども意識として入ってこずにとても薄っぺらい部分のみしか感じられない事になるでしょう。人生の面白みとしては、物事を同捉えるかという事がけっこうキーワードになってくると私自身思うわけです。というのもやはり、仕事にしても人間づきあいにしても、スポーツ、映画、絵画、そのたもろもろ、意識して物事を見て、そして何かを気付いて、それをまた追求していく事により、より幅の広い楽しみ方が出来ると思います。またレベルも数段上を目指せる事でしょう。相場も同じで勝った負けたの表面だけを追っていくのか、それとも意識して仕組みや流れを見続けるのかにより、同じ2年間のトレード歴をもつ投資家を比べても数段差がついている事が多いのではないかと思います。



                           また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月22日 木曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月22日(木)

9月21日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
66.20 66.22 68.27 66.15 66.80 +0.60
9月22日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:16)
66.85 67.95 66.66 67.81 67.70

9月21日のNYは続伸。ハリケーン「リタ」が、カテゴリー4まで引き上げられたことで、買いが先行し、一時は68.27ドルまで買われた。しかし、在庫統計で、ガソリンが予想に反して大幅増加したことが嫌気され、マイナスサイドまで売られる展開となった。売り一巡後は、買い戻され、0.60ドル高の66.80ドルで引けた。EIA発表の在庫統計では、原油が前週比30万バレル減の3億810万バレル、ガソリンは同340万バレル増の1億9540万バレル、留出油は同80万バレル増の1億3410万バレル、ヒーティングオイルは同170万バレル増の5970万バレルとされた。

国内は期先中心に続伸。ガソリン当限は810円安の54910円で納会となり、期近は影響を受けたが、期先は堅調に推移する夜間取引を材料に続伸。前日比810円安〜780円高。灯油当限は1150円安の53010円で納会。11月限がストップ安となるなど、期先以外は反落。3月限はガソリンに連動し、引けにかけてプラス圏を回復して引けた。前日比1200円安〜180円高。原油は小幅に反発。NYは続伸したものの、前日の国内引け時点より安い位置にあったため、反落して寄り付いた。その後、夜間で57ドルを回復し、ジリジリと上げ幅を拡大する動きを材料に買われた。前日比20円〜170円高。

 本日発表された国内石油供給統計では、ガソリンが前週比1万6972kl増の202万597kl、灯油は同19万6278kl増の409万6298kl。稼働率は2.2%低下の87.3%。ガソリンは輸入が2万6775klあり、200万kl台を維持し、灯油は順調な積み増しから400万klを回復する結果となった。時期的に灯油の在庫水準は供給懸念が出るレベルではないが、IEAの備蓄放出決定、加えて政府の輸入規制から、今後需要期入りを前に輸入が出来難くなるため、供給懸念が払拭されないでいる。昨晩のNYは、夜間を下回る位置で引けたわけだが、東部4時にカテゴリー5に引き上げられたことで、本日の夜間で上げ幅を拡大し、国内期先はそれに連動した展開。メキシコ湾岸の製油所では、1度は56%まで回復したが、現在は通常の73.16%が停止となっている。「リタ」による影響を受けて、IEAのマンディル事務局長は、再度備蓄放出の延長を検討する、とコメント。ハリケーンセンターによると、「リタ」は早ければ23日夜にもテキサス州に上陸との予報で、カテゴリー5のまま上陸すれば、1935年、69、92年に続く4回目とのこと。大規模な被害をもたらした「カトリーナ」でも上陸の際はカテゴリー5から4に引き下げられていた。カトリーナによる被害だけでも、冬季の需要期に影響が出るのは必至の状態でありながら、「リタ」による直接的被害が出れば、70ドルを突破する公算は高い。IEAの加盟国の多くは欧州であり、今後、暖房油の需要期に入ることで、今回同様の備蓄放出が可能とは考え難い。また、ナイジェリアでは、反政府組織の指導者が逮捕されたことで、武装勢力が釈放を求める反政府運動を起こし、石油施設への攻撃を警告。国内は、明日が休場となるため、26日再開時点では、「リタ」の結果は出ている。今夜、明晩のNYの値動き合計がプラスであっても、24日時点で「リタ」による影響が予想以下であれば、週明けの国内は売り方優勢に取引される可能性もある。逆に最悪の結果となれば、ストップ高は免れられない。NYは、冬季需要を材料に年内には最高値更新をすると見ていますが、数日、取組高が減少傾向にあるため、今週中に最高値更新することは難しいように私は思っています。ハリケーンの被害から、石油生産量の減少が強材料視される中、価格高騰や経済成長における需要減退から、在庫が増加する見方もできるため、いつでも素直に転換できる心構えで、取り組んで頂きたいと思います。それでは、良い週末をお過ごし下さい。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、連休前木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は各商品高安マチマチとなり、先ベースでは全商品前日比プラス圏での引けとなりました。中でもガソリン先は大幅高で、引け前には大幅上昇を見せましたガソリン灯油、引けではストップ高。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比±0円からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、前日終値かわらずからの寄り付きの後、前場一旦上昇した後は大き目の上げ下げでもみ合い、後場からは若干上昇気味に横ばいでもみ合いました。引け前寸前5分間では大きく急上昇して引けでは大幅高、高値引けとなりました。終値前日比は+780円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上に陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、短期上昇トレンドラインからの急上昇で前回9月1日の高値を若干越えてきた格好となりました。来週頭にもう一段高があれば一層上向きの可能性が出てきますが、前回高値付近にいる為、跳ね返されればダブルトップで再び下落に転じる可能性もあります。上下両方向からを慎重に見ながら引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、1100円レンジ+780円、1210円レンジ+180円、450円レンジ+170円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 人間、向上心が強いとどうしても先を急ぎがちです。貪欲な人間ほどどうしても手っ取り早く急いでしまいます。私もその一人で、そういう感覚は若い頃から持っておりました。以前の私は何でもかんでも早く結果を出したいという心理が働き、どうしてもセッカチになっていました。早く一人前になりたい、早く大金が稼ぎたい、早く上の位の仕事がしたい、などのセッカチさから、知識やノウハウが着いてこずによく失敗したものです。いや、今から思えば毎回失敗を重ねていたといっていいほどの無謀な行動ではなかったかと思います。今から思えば、その向上心と貪欲さ、そして数々の失敗で学習しながら今の感覚があるのではないかと思いますので、良かったのか悪かったのかといえば結果オーライだったのではないでしょうか。ことわざで「急がば回れ」という言葉があるように、自分で手っ取り早いと思った事でも結局は遠回りしていた、なんて事などはザラで、やはり一つ一つ上り詰めていかなければ足元は固まらないような気がします。なんでも手っ取り早いものや、一気に上り詰めたものというものは、自分自身の土台が弱い為、すぐに崩壊に追い込まれたり、立ち直りに時間がかかったりで、結局じっくり足元を固めたほうが結果的に早かったなんてこともあるわけです。
現在我々は相場に取り組み、システム売買というものを追求し日々取り組んでいますが、それも同じことが言えると思います。また、投資家一人一人も同じで、あせって一気に物事を進めようと思うのものではなく、時間をかけて感覚やノウハウをバージョンアップさせ、そのひとつひとつを自分自身の感覚に刻み込んでいかなければならないと思っています。そしてこうして土台が固まったものは、より強く、より確かなノウハウとして自分のものになっていくのであろうと思います。そして最終的に資産もパワーもとてつもなく大きなものになっていれば、それが一番良いのではないかと私は思います。



                        明日は祝日、また来週
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月21日 水曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月21日(水)

9月20日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
67.39 67.24 67.38 64.80 66.23 -1.16
9月21日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:17)
66.22 67.60 66.15 67.35 67.31

9月20日のNYは反落。熱帯性低気圧「リタ」による障害懸念が後退したことや前日の急伸からの利食い売りなどから反落。序盤は、「リタ」に勢力拡大の動きが見られず、製油所の従業員の避難が避けられるのではという思惑が先行して、64.80ドルまで値を削った。しかし、後場に入ると、「リタ」がハリケーンに発達し、カテゴリー2に引き上げられたことを材料に買い戻しの展開となり、66ドルを回復し、10月限は66.23ドルで納会。OPECは生産枠を日量2800万バレルで据え置き、余剰生産能力である日量200万バレルを活用する方針で合意した。メキシコ湾の製油所では、通常の58.49%が停止となっている。今週の在庫統計の事前予想は、原油が前週比20万バレル増、ガソリンは同20万バレル減、留出油は同20万バレル減とされている。

国内は、前日のNYが反落したものの、夜間取引では再度基調を強めていることから、買われて寄り付いた。ガソリンは高寄りから、期近が軟調に推移し、当限のみ反落。明日の納会を睨んだ動きから、海上スポット価格内(100円高の55200円〜55800円)に止まった。期近は上げ渋ったが、期先2本はストップ高まで買われ、前日比330円安〜1500円高。灯油は期先2本がストップ高、期近は当限に連動して上げ渋る展開となり、前日比230円〜1800円高。海上スポット価格は600円高の51600円〜52200円。原油は当限のみ130円安と反落し、他限月は540円〜680円高。前日のNYは1.16ドル安だったが、夜間で1ドル以上の反発となっており、製品高や円安を材料視された様子。

ハリケーンに発達した「リタ」は、メキシコ湾を西に進んでいる。予想される進路上では、マラソン・オイル、デボン・エナジー、エクソンモービル、コノコフィリップスなどが、リグやプラットホームでの生産を停止しており、「カトリーナ」で閉鎖されなかった石油施設をも閉鎖に追い込んでいる状況。23〜24日にテキサス州湾岸に上陸との予報だが、同州では製油所26ヶ所、米国全体の26%に相当する日量460万バレルの精製能力があり、被害懸念が強まっている。仮に直接被害がなくとも、同州の製油所は2.3日閉鎖に追い込まれる見通しで、生産に影響が出るのは必至。ハリケーンセンターによる最新情報(日本時間午後3時)では、「リタ」の風速は115マイル(時速約185キロ)とカテゴリーが3に引き上げられた。今後、テキサス州に達するまでにカテゴリーを4または5に引き上げられる可能性があるとのこと。昨日コメントしたように、今回のハリケーンは勢力の多くを海上で振ることなく、接近していることで、カテゴリ-5レベルで懸念されている気がします。明日の国内は、製品の納会日となり、両製品ともに平穏納会と予想されている。また明日は国内石油供給統計の発表があり、灯油在庫の400万kl回復、ガソリンの200万kl台維持など、今晩のNYの動きのみならず、後場からの国内在庫の内容次第で、前場、後場で大きく流れが変化する可能性がある。製品最高値では、ガソリンが9月1日の61100円、灯油は8月12日の60910円と、明日にも更新する可能性があり、加えて23日が休場で週末要因が影響するため、更新後に一転する可能性もある為、値動きの荒い1日となりそう。昨晩は反落したNYだが、納会の影響から、限月の乗せ換えが活発となり、下げたくて下げたわけでも、戻したくて安値から離れたわけでもないというのが、個人的に見方。夜間で1ドル以上戻す動きを見ると、そんな気がします。国内製品期先は6万円回復となったが、今後においても値頃は通用せず、高いから売るのでも、安いから買うのでもないことを念頭に置いて、取り組んで頂きたいと思います。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、水曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は昨日に引き続き強含みで大幅上昇となりました。ガソリン灯油、引けではストップ高。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比670円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、高寄り付きの後、前場いっぱい上昇気味に横ばいでもみ合いました。後場からは一方的な急上昇を見せ2:00過ぎにはストップ高をマークしてしばらく離れたり付いたりを繰り返しながら3時前からは完全に張り付きとなりそのまま引けました。終値前日比は+1500円ストップ高。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上に陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインと短期上昇トレンドラインの交差した位置(形は三角持合の最終先っちょの位置)から、4本右上がりに付けて来ました。さて、9月1日の最高値がターゲットに入ってきました。明日、すんなりとぶち抜いてくればよりいっそう上方向の可能性が高くなるように見えます。しかし、ダブルトップで跳ね返される可能性も大で、そうなれば再び下降を作ってくる事も考えられます。上下両方向からを慎重に見ながら引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、880円レンジ+1500円ストップ高、1240円レンジ+1800円ストップ高、490円レンジ+540円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 人は、自分が正しいと思っていた信念が本当は間違いであったと気付いた時にどのように修正していくのでしょうか。
人間であるゆえに正解もあれば、時には間違った考え方を持ってしまうこともあります。そこで考え方が「間違っている」「間違っていない」の判断をする事が重要になってきます。私の場合は単純明快、その考え方での行動で物事を進めた場合の「結果」です。良い結果ばかりであれば正解、逆に悪い結果に多々なる場合は間違いというように解釈します。結果が思わしくなければ考え方が間違っている、良ければ正しいと再確認できます。よく見かけるのは、考え方自身が間違っているのにもかかわらず、「悪い結果」に対しては他人や周りのせいにするという人がいます。考え方が間違っている事に気付かなく、それを今後もやり通す事により悪い結果ばかりが続いてしまうという事になるわけです。

「考え方」をベースに「行動」→「結果」→「行動」→「結果」を繰り返していきますので、ベースの「考え方自身」が狂っていては、右に切ったら左に走るようなハンドルの狂った車を一生懸命運転するようなものや、狂った答えが出る電卓で一生懸命計算をするようなもので、やはりベースをしっかりメンテナンスしないと、未来の良き結果は期待できないと思います。それは他人が助言してくれる場合もありますが、基本は自分自身で気付き、自分自身で修正していかないものなのではないでしょうか。そして相場も人生も、ひとつの結果が重要なのではなく、ひとつの行動が問題なのでもなく、本当は根本の考え方が重要なのではないでしょうか。ひとつの失敗の結果を悔やんでも、行動を悔やんでも、根本の考え方がキチンとメンテナンスできなければ、何の解決にもならないと私は思います。



                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月20日 火曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    

9月20日(火)

9月16日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
64.75 64.70 64.70 62.85 63.00 -1.75
9月19日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
63.00 63.39 67.60 63.20 67.39 +4.39
9月20日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:15) (19:17)
67.24 67.28 66.17 67.34 66.60

9月16日のNYは、1.75ドル安と大幅続落して終値63.00ドル。OPECが増産に前向きな姿勢をとっていたことや週末のポジション調整から、買い方の手仕舞いが活発となった様子。CFTC発表による13日時点の建玉明細では、原油が買い越し幅1万9936枚減少の8248枚売り越しに変化、ガソリンは買い越し幅2623枚減の2万7283枚買い越し、ヒーティングオイルは買い越し6852枚減の5025枚買い越しとなった。

9月19日のNYはハリケーン発生を材料に4.39ドル高と急反発し、67ドルを回復。大西洋上に2つ(フィリップ、リタ)の熱帯性低気圧が発生しており、リタの方が、ハリケーンに発達する可能性が高く、現在、フロリダ半島に進路を取っている。その後メキシコ湾、テキサス州へと向かう予報となっている。それを受けて、予測される進路にある製油所の数ヵ所では、従業員を避難させると発表しており、「カトリーナ」による被害に追い討ちをかけるように、製油所の稼働率低下が懸念された。また、増産観測が強まっていたOPEC総会の19日時点の話し合いでは、生産枠据え置きの内容で終えており、最終的な結果は20日に持ち越し。市場から求められるようであれば、余力200万バレルの生産量を活用するとの内容でまとまる見方が強まっている。なお、在庫統計の事前予想では、原油が前週比110万バレル増、ガソリンは同80万バレル減、留出油は同50万バレル減とされている。

国内は2日分の外電入力合計2.64ドル高を受けて急反発。3商品ともに当限を除く全限月がストップ高。やや上げ渋りを見せた当限を受けて、灯油や原油の期近2本は高値から離れる場面も見られたが、引けにかけては値幅一杯まで再度買われた。

メキシコ湾岸に位置する製油所の生産量は日量150万バレル。「カトリーナ」による影響から、8月30日に通常時の95%が停止し、7日時点で57.4%、16日時点で56.1%と、依然コメントしたように、回復ペースは落ちている。それにも増して、リタの接近により、回復ペースが落ちるどころか、停止率が上昇する可能性も出てきた。これまでのハリケーンでは、熱帯性低気圧からハリケーンに発達した上で、進路的に上陸や障害の懸念が先行して強材料視されていた。しかし、今回はハリケーンに発達しないまま接近し、ハリケーンに発達する確率が高い上に、進路的にも石油施設を脅かすことになっている。ハリケーンに発達後、その勢力を振るうのが2〜4日間として、これまではその半分、または半分以上の期間が海上、もしくは手前で低気圧に戻ることが大半だったわけだが、今回は全期間が陸上になる可能性があり、その点を一番強材料視されたように私は考えている。また、ハリケーンセンターによると、海面温度が高いために、大型ハリケーンに発達する可能性があることを示唆しており、今晩にもフロリダ半島を通過し、21日にメキシコ湾に向かい、週末にテキサス州へと進路を取るとの予報。IEA決定による欧州からの輸入においても、滞る可能性があり、市場は過去にない反応を見せている。上記した13日時点のファンドポジションにおいても、恐らく、14日に買い越しに転じていても、16日には再度売り越しになっているような値動きだったため、内部要因的に買い方の手仕舞いが急がされるようなことはなさそう。昨晩の急伸から、OPECが再度増産を話し合う展開も予想できるが、増産で合意しても、余力がなくなることで、逆に強材料視される公算が高いのではないか。なお、今週は季節的要因中心に書き込むつもりでしたが、ハリケーン中心に変更致します。




                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、連休明け火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場はNY原油の暴騰を受けてか全体に大幅高となり全商品期近を除いてストップ高となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比1000円ストップ高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、ストップ高寄付き、終日張り付き状態で推移しました。終値前日比は+1000円ストップ高。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上にストップ高張り付きの駒を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインと短期上昇トレンドラインの交差した位置(形は三角持合の最終先っちょの位置)から、3本右上がりに付けて来た格好です。再度高値を狙ってくるか否かというところでしょうか。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、張り付きレンジレンジ+1000円ストップ高、張り付きレンジ+1200円ストップ高、張り付きレンジ+1200円ストップ高。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 私は20代の頃に「困らない方法」についてしばらく考えていた事があります。世の中人生において何事かで結構困っている人はいるとは思いますが、私はその人生において困らない為にはどうすればよいかという事を考えた時期がありました。

人生において困る要素のひとつに「お金」に関する問題はついて回ります。ひとたびお金で困ってしまえばなかなか復活するのには時間もかかるし精神も疲労します。世間では時に自殺に追い込まれるケースも少なくないほど重要な問題です。世の中には「保険」という言葉があります。保険というものは、生命保険や自動車保険のように万が一何かが起こって大金がいる事になれば保険金でまかなえるという保障を毎月の掛け金で買うというシステムです。それと平行して預金も私にとっては保険です。自分が万が一しばらくの間働けなくなる状態におちいった場合、当面の生活が出来るぐらいの蓄えはおいておきたいものです。他にも私には保険があります。例えば職業です。昔の人や先輩方は私によく言ったものです「生涯一職業、何事も気を散らすことなく挫折することなく仕事を続けなさい」。賛否両論ありますでしょうが、私自身の考えでは、これも出来るがあれも出来る、最悪アルバイトをして20歳の人間にあごで使われても苦痛に思わずこなせるだけの技術や器量を持っておきたいと思いました。今では実際3職種の仕事をこなせるだけの準備は出来ているので、万が一その業界自体が危機にさらされても充分転向出来る自信はあります。これが私にとっての保険です。後は数々の友人関係です。これはこの人たちから儲けようとか、助けてもらおうとか、これっぽっちも思った事はないわけですが、おそらく私が危機にさらされた時におそらく命がけで助けてくれるだろう友がいます。これも自分自身で気付いてきた信頼という名の保険ではないでしょうか。逆にそいつらが危機にさらされた時には私自身命がけで助けるでしょう。そして私の友の奴らは各々自己責任でともに迷惑を掛けまいと心掛けながら生きている事を私は本当の友情を感じます。そんなこんなで、私はかつて困らない方法を自分なりに考えた事により、今だどうしょうもなく困った事はないわけです。これからの人生もこの調子で、夢は大きく、攻撃的に、しかし足元はキチンと固めながら生きて行きたいと思います。



                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月16日 金曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

   

     相場雑感 
    



9月16日(金)

9月15日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
65.04 65.05 65.66 63.90 64.75 -0.34
9月16日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:19)
64.70 64.70 64.20 64.49 64.20

9月15日のNYは反落。OPECが2005年の世界石油需要の見通しを下方修正したことや前日の急伸から買い方の利食い売りが出たことで、小幅反落して55ドルを割り込んで引けた。OPEC発表によると、2005年の世界石油需要の見通しを日量140万バレル、2006年分を同150万バレル引き下げ、これで5ヶ月連続での下方修正となった。前日に予想に反して増加したガソリン在庫やこの日発表された天然ガス在庫が大幅に増加したことも弱材料視された様子。メキシコ湾岸の製油所は通常時の56%が依然稼動停止中。

国内は総じて反落。ガソリン、灯油は前日の未消化に買い注文の影響もあって、プラス圏に転じる場面も見られたが、週末要因も重なり、買い方の利食い売りが活発となって反落。ガソリン前日比490円〜830円安、灯油は同350円〜510円安。原油は反落。安寄りから軟調な夜間を背景に売り方優勢に取引され、下げ幅を拡大して引ける展開。前日比280円〜480円安。

 来週の国内は連休続きで、3営業日しかない上、22日は製品納会日を控えている。海上スポット価格は、ガソリンが変わらずの55100円〜55700円、灯油は100円高の51000円〜51600円。ガソリン当限は現物価格から大きく離れることはなさそうで、灯油は季節的要因を考慮すれば、割高感はなくなった気がします。昨晩のNYは、昨日コメントしたように、急伸からの修正安と見るべきで、65ドルを割り込んで引けたことを材料視したのか、連休を控える週末要因が重なったか、NYに対し、大きく売られた国内でした。19日にはOPEC総会が開かれる予定。現在、日量50万バレル増産との見方が多いが、カタールのアティーヤエネルギー相は、増産しても価格抑制はできない、とコメントしている。確かに、サウジが重質油中心の原油を増産しても、NY原油の価格抑制には結びつかず、軽質油と重質油との価格が拡がるばかりで、重質油は供給過剰状態とも言える。先週時点のEIA原油在庫は3億840万バレル。従来、2億8000万バレルが安定ラインとされ、割り込めば、在庫統計の減少結果に強く反応していた。単純に原油、製品ともに増加という内容は考え難く、原油減、製品増、またはその逆が考え易い内容となっている。その都度、ファンド筋は原油減、製品減、どちらかを強材料視して築いてきたトレンドであり、そういう意味では、今後2週間で3億バレルを割り込む可能性がある原油は強材料視され続けることになるのではないか。時期的に、10月が目前となり、冬季の仮需要が下値を支える頃に差し掛かる。実際はどうであれ、厳冬になった場合はどうかと過剰に考えるのが市場である。63ドル〜65ドルの揉み合いレンジから抜け出すには日柄が必要かとも思えるが、長期的に見た場合、ダマシに遭いながらも、流れに逆わらず、トレードを繰り返している方が良い結果を出す、そういう相場に変わりないと思っている。過去にはない値段帯という理由だけで売れば、簡単には損切りができない。なぜなら、含み損が膨らめば膨らむほど、過去にはない値段をつけているからであり、買うことはなお更無理なはず。昨年同時期は値頃売買で痛手を負う個人投資家が絶えなかった。冬季需要入りを控え、最高値はまだ上にあると私は見ていますが、取引単位が半分になり、幾分、市場に参加しやすくなるであろう9月後半以降の相場において、取引再開を考えておられる投資家の方は、同じ繰り返しをなさらないよう十分気をつけて頂きたいと思います。10月から季節的要因が大きくなるため、それを中心に来週は書きたいと思っています。それでは、良い週末をお過ごし下さい。

実施日:平成17年9月26日に新甫発会いたします平成18年4月限より
     
平成18年3月限までの限月については現行通りです。

取引単位(倍率) 100キロリットル(100倍)
50キロリットル(50倍)

     標準価格帯       制限値幅     取引本証拠金基準額
40,000円未満           1,400円         105,000円
40,000円以上65,000円未満   1,600円         120,000円
65,000円以上           1,800円         135,000円

 取引本証拠金基準額は、取引所が毎月決定します。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、金曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は総じて弱い展開となり、ガソリン灯油は昨日の終値近辺から始まり、場中ジリジリと下げる展開となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比50円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、寄付きから一方的な下げで、一直線同角度の下降トレンドラインを描きながら推移しました3時以降は少し戻して最終引けとなりました。終値前日比は−630円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の真横から右下に陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインと短期上昇トレンドラインの交差した位置(形は三角持合の最終先っちょの位置)から、昨日の一本、そして今日の陰線も上の位置にあります。若干上向き有利かにみえますが、このあたりで大きくもみ合ってくる可能性もあります。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、940円レンジ−630円、740円レンジ−510円、400円レンジ−380円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 人間が生きていくにあたり、時間の流れというものがあります。過去→現在→未来という様に時間は流れていくわけですが、自分自身は過去にも未来にもおらず、常に「現在」に居るわけで、未来が現在になり過去になっていくのです。生きていくのは常に「現在」であり、未来に向かって一秒一秒進んでいるわけです。

 人間はそれぞれ考え方や感覚が違いますが、「ほぼ今(現在)だけを重要に生きる」、という考え方と、「今(現在)を未来の為に生きる」、という考え方、大きく分けて2種類の考え方があると思います。当然年齢にもよるでしょうし、その人の現在の状態にもよると思います。ちなみに私は未来の為に現在を生きるという考え方で以前からやってきたわけですが、どちらの考え方も良い悪いはあると思います。未来の事などどう転ぶかわからないし、何歳まで生きるのかわからない、それじゃ今を精一杯楽しもうではないか、という考え方も正解だと思います。逆に私の考えは、未来はいずれ現在となってやってくるのだから、未来の為、未来の為と行動しておけば、順繰りにやってくると思うからです。
 種をまいて実を実らせてから食べるという考え、もう一方は種が腐ってしまうかもしれないし実がならないかもしれない、だから食べれる時に種を食べておこう、という違いでしょう。

 この両者の考え方、どちらが良いか悪いかはわかりませんが、何もないところから、何かを築いていこうと思えば、私は後者の考え方を選びます。おそらく仮に実が実らなくとも、大量の実を付けるまで種をまき続けると思います。

                            また来週
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2005年9月15日 木曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月15日(木)

9月14日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
63.11 63.09 65.20 63.05 65.04 +1.98
9月15日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:23)
65.05 65.65 65.00 65.25 65.42

9月14日のNYは在庫統計を受けて急反発。EIA発表の在庫統計では、原油が前週比660万バレル減の3億840万バレル、ガソリンは同190万バレル増の1億9200万バレル、留出油は同110万バレル減の1億3330万バレル、ヒーティングオイルは同40万バレル増の5800万バレルとされた。ガソリンは予想に反して増加したが、2週連続で大幅減少した原油や100万バレル以上減少した留出油が材料視された。OPECのアハマド議長は19日の総会で、日量50万バレルの増産を提案する、とコメント。米エネルギー省高官は、IEAに対し、追加の石油備蓄放出を要請しない、とコメント。

国内はNYの反発を受けて、軒並みストップ高。ガソリン、灯油ともに当限を除いた全限月がストップ高。海上スポット価格は、ガソリンが100円高の55100円〜55700円、灯油は変わらずの50900円〜51500円。原油は大幅反発。一時は当限以外の限月がストップ高まで買われたが、上げ渋る夜間を背景に買い方の利食い売りが出て、外れる結果となった。当限を除いては4万円台回復となり、前日比780円〜1170円高。

昨晩の在庫統計は予想に反してガソリンが増加した。市場の大半が予想していなかったが、石油備蓄の放出で、欧州からの輸入分が加算されての結果。大幅減少した原油においては、依然として3億バレルという高水準を保っており、強材料視されなくても不思議ではなかった。一見、内容的には弱材料と受け取れたが、市場はガソリン在庫に関して、IEA加盟国からの輸入が途絶えると、再び減少に向かうと見た様子。その為、上記した米エネルギー省高官の発言の分、強材料視された。ガソリンの生産に追われているため、暖房油に生産に回りきれないことが、今後の課題となり、留出油、ヒーティングオイルの在庫に関心が集まる。63ドルを割り込むことに失敗し、65ドルを回復。今週にも65ドルを再度割り込むことがなければ、下値支持線は63ドルから65ドルに変わり、上値目標は70ドルとなる。国内では、エクソンモービルに続き、新日本石油や出光興産など4社が米国へのガソリン輸出計画を発表しており、需給引き締め感が強まっている。個人的には、昨晩のNYは在庫統計を強材料視し過ぎで、幾分の修正が必要かと考えています。63ドル〜66ドル辺りの揉み合いレンジに以降する可能性が高いが、材料的に強材料が多いというよりは、目立った売り材料が見当たらない状況。来週の国内は、3営業日しかないため、明日の国内はポジション整理が活発になり、今晩のNYが小幅な値動きであれば、連動しない可能性は十分にあると見ています。なお、9月26日に発会されるガソリン,灯油4月限以降の取引要綱が以下のように変更されましたので、ご注意下さい。

実施日:平成17年9月26日に新甫発会いたします平成18年4月限より
     
平成18年3月限までの限月については現行通りです。

取引単位(倍率) 100キロリットル(100倍)
50キロリットル(50倍)

     標準価格帯       制限値幅     取引本証拠金基準額
40,000円未満           1,400円         105,000円
40,000円以上65,000円未満   1,600円         120,000円
65,000円以上           1,800円         135,000円

 取引本証拠金基準額は、取引所が毎月決定します。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は強い展開となり、ガソリン灯油はストップ高となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比1000円ストップ高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、終日ストップ高で張り付いたまま推移しました。終値前日比は+1000円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上にストップ高の駒を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインと短期上昇トレンドラインの交差した位置(形は三角持合の最終先っちょの位置)から、今日の一本分上に飛び出してきた格好です。今日の状態では流れは上のように見えますが、仮に明日の足が右上に来る事によりより上向き有利になるように見えてきます。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、張り付きレンジ+1000円ストップ高、張り付きレンジ+1200円ストップ高、180円レンジ+1130円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 年齢のせいか、最近さほど細かい事が気にならなくなったのは気のせいであろうか。例えば普段何かで損をしてしまった事であっても、他人のちょっとした失敗で迷惑をこうむった事などは、以前に比べて大きな気持ちで見れるようになって来ました。以前であれば、ちょっとした事で嫌な気持ちになったり、それを何時まででもひきづることにより次のアクションがおのずと悪い結果となってしまう事が多かったように思いますが、最近思える事は、良い結果もあれば悪い結果もあり、他人の行動にしても完璧な人間などいないわけで、一つ一つを単体として、区別できるようになってきたように思います。そして一つ一つを消化して次回に引きづらないことにより、次のアクションも単体でこなせるようになってきたと思います。何事もメンタルは付き物ですが、プロ野球やプロゴルフの世界でも同じことが言えます。そのあたりの感触が自分自身の実感として解って来たような気がします。

                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月14日 水曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月14日(水)

9月13日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
63.34 63.31 63.85 62.65 63.11 -0.23
9月14日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:19)
63.09 63.69 63.05 63.28 63.65

9月13日のNY原油は小幅続落、製品は小反発。一時は62.65ドルまで売られた原油だが、製品高や前日の安値62.55ドルを下回らなかったことから買い戻され、63ドル維持して引けた。また、IEAはこれまで必要とあれば、備蓄放出期間を30日延長するとしていたが、13日、事務局長は延長の必要性を否定した。ロサンゼルスの停電の影響で、2ヶ所の製油所が稼動停止したが、材料視されず、在庫統計を控え、様子見ムードが強かった様子。今週の在庫統計の事前予想では、原油が前週比140万バレル減、ガソリン同250万バレル減、留出油同20万バレル減とされている。

国内は商品間でマチマチ。ガソリン、灯油は期近安・期先高。期先は比較的堅調に推移したが、期近では国内在庫の増加を受けて、小幅安。ガソリン前日比240円安〜390円高、灯油60円安〜430円安。原油は総じて反発。僅かに買われていた夜間や売り方の買い戻しから小幅に反発するも、4万円台回復には至らなかった。前日比140円〜290円高。

本日発表された国内石油供給統計では、ガソリンが前週比1万579kl増の200万3625kl、半製品在庫は同11万2870kl減の109万8271kl。灯油在庫は同25万2449kl増の390万20kl、半製品は同5万5356kl増の49万4085klとされた。ガソリン輸入量は9万3186klとあり、200万kl回復。灯油は順調な積み増しペースで次週にも400万kl回復のメドが立った。海上スポット価格はガソリンが変わらずの55000円〜55600円、灯油は100円高の50900円〜51500円。在庫の増加と現物の上げ止まりから、期近中心に上げ渋りの展開。NYは2日連続で安値が63ドルを下回りながらも、サポートラインを割り込まずに引けている。NY、本日の国内ともに在庫統計を控えた様子見ムードから、どちらにも大きくは動けなかった様子。ただ、昨晩のNYは事前予想を支援材料に下げ止まった気配もあり、予想範囲内の結果となれば、弱材料視されそうに私は考えています。そうなれば、63ドルを割り込んで引けることになり、60ドルが下値目標となる。国内では、ガソリン在庫が200万kl回復したが、IEAの決定から、元売りは出荷量を抑えている様子。灯油は400万kl回復のメドが立ち、需要期入りの供給懸念が緩和した様子で、今後の現物価格の動向に注意したい。本日の反発は在庫統計を控え、売り方が当面の利益を確定しようと手仕舞いを入れた影響が大きく、方向性に変化があったと受け取るには時期尚早。10月に入れば、冬季需要の意識が強まる為、上げないにしても下げ難い展開が予想される。今後、年内に国内外とも高値更新するならば、もう一段安を展開してからの方が上げ易いのではないだろうか。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、水曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は少し強含みの展開となりました。ガソリン灯油は期近は弱い状態となり、先は寄り付きから直後は安く、場中は前日比プラス圏でもみ合いました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比150円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、若干高で寄付き、直後安い場面もありましたが、すぐに切り返し前場いっぱい上昇し続けました。後場からは前引け値段近辺でもみ合い横ばいを作りながらそのまま引けとなりました。終値前日比は+390円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上に下髭付きの小さな陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインと短期上昇トレンドラインの交差した位置にあると見ます。形は三角持合の最終先っちょの位置で、明日の足で大きく飛び出た方向に動くと見ています。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、600円レンジ+390円、710円レンジ+430円、280円レンジ+140円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 世の中にはツイテイル人間とツイテイナイと言われる人間があります。運がついている人間と言われている人たちは、お金儲けも順調で人間関係も充実して、尚且つ何かしらチャンスが舞い込み、それをキチンとものにしてしまっている状態の人ではないでしょうか。逆についていないと言われている人とは、お金儲けは失敗するし、人に騙されるし、チャンスが舞い込んできたと思っても対応できる状態ではない、人間関係はだんだん人が離れていく、おまけに病気になってお金はいるわ働けないわで、なんてついていないのだろうなんて状態の人をよく指します。ここまで大げさではないですが多かれ少なかれ誰でもついているついていないのどちらかのタイプになるのではないでしょうか。
 つくとかつかないとかは何なのでしょうか。ついているというのは一見偶々宝くじが当たったとか、偶々事故にあってついていない、などは別として、普段の生活の中で、良い方向にチャンスがめぐって来る事を「ついている」または、何かしら被害をこうむる、騙される、失敗するなどを「ついていない」などと言ったりします。

 私が思うに、ついているといわれている人は、それなりに、良い方向に行くような考え方を基に行動をしているから結果としてチャンスがめぐってくるようになるのではないかと思います。10年間家でボケッと誰にも接しないでこもってチマチマしている人と、日ごろからいろんな場所に出向き、いろんな人間と接し、自分が理にかなった考え方などを吸収出来るよう日々勉強している人間とでは、めぐってくるチャンスの量も違うでしょうし、チャンスを掴み取る力も違うでしょう。また、失敗を糧にしてどんどんバージョンアップしていく人と、失敗を嫌がり何もしない人とでは、10年20年経った時に、判断の正確さが天と地ほどの差になってきている事と思います。今世間で言われている「ついている人」とは、そうなるべくして心掛けてきた人間ではないかと思いますがいかがでしょうか。同じ生きていくなら人生ついているほうが楽しいと思いますよ。




                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月13日 火曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月13日(火)

9月12日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
64.08 64.15 64.41 62.55 63.34 -0.74
9月13日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:19)
63.31 63.50 62.95 63.33 63.36

9月12日のNYは続落。引き続き、IEAによる石油備蓄の放出が圧迫要因となり、製品主導で続落。「カトリーナ」による影響から、米経済成長の見通しが0.5〜1.0%引き下げられたことで、石油需要の減退懸念が広がった。米環境保護局は、ガソリン高騰を理由に空気清浄規制の見送り期間を延長。「カトリーナ」によって閉鎖していたルイジアナ州にある輸出基地LOOPの稼動再開の見通しが立ったことも弱材料視された様子。アルジェリアの石油相は、19日のOPEC総会で100万バレルの増産を示唆した。

国内は続落。ガソリンは期先中心に売られて続落。当限は一時55000円台を割り込みながらも維持して引けており、現物市況の堅調さから地合いが緩みにくい状況。前日比160円〜870円安。灯油は期央限月が1000円以上の下げとなるなど、大幅続落。9日にガソリンに連動しなかった分、昨日は下げ渋り、その下げ渋った分、本日は売られるという展開。前日比280円〜1020円安。原油はNY安を受けて続落。夜間取引には目立った動きはなく、円安を受けて下げ幅を縮小する場面も見られたが、引けにかけては再度製品安を受けて売られる展開。全限月が4万円台割れとなり、前日比350円〜600円安。

米国市場では、IEAによる備蓄放出より、経済成長の鈍化が圧迫要因となっている。昨晩は安値で62.55ドルと63ドルを割り込みながらも、回復するという下値を模索する展開。米国の昨年のガソリン需要は、8月より9月の需要が多かったが、今年の9月は8月を下回るとの見方が優勢となっており、需要減退が明らかになれば、ファンド筋の長期的な戦略も変更せざるを得ないのではないか。サポートラインは63ドル、次に60ドル。63ドルを割り込めば、65ドルが強めの抵抗線となりそう。国内では今週末に連休を控えており、ガソリン需要の拡大が期待されるが、価格高騰から消費を控える状況。元売りは10月にも小売価格を1円引き上げる予想となっているが、今後も需要減退が明らかとなれば、引き上げも難しくなるのではないか。ガソリンの下値目標は8日の安値56810円、下抜けるようであれば、8月23日安値53940円となる。灯油は8日の55470円、そして、先限つなぎ見た場合、季節的要因の影響から、7月22日安値52510円とガソリンより日柄が飛ぶ。現在の期先は、需要が増え出すガソリン、減退し始める灯油と、先限でつなぐと灯油の基調が弱く見えがち。しかし、例年のサヤを逆転していることもあり、それが幾分修正される期待を含めて、ガソリンの方が売り妙味があるように私は考えている。今週の在庫統計は引き続き、原油、ガソリンともに減少予想。ポイントは増減ではなく、先週の減少幅から改善されているかどうか。NYが下落、国内先物も期先中心に下落、国内現物は堅調となっているわけで、今後、当限の動向から修正を求められる期先かとも思える。だが、ガソリン当限-先限の同時期のサヤを見れば、02年同ザヤ、03年、04年は当限が上ザヤで推移しており、本来のサヤへの変化ともなれば、ガソリン期先の下値は以外と深いとも見ることができる。最後に、よくコメントすることだが、あくまでも長期上昇トレンド中の下降トレンドと受け止め、欲を出さず、いつでも転換できる心構えでないといけない。NYの年内高値はまだ上にあると想定した上で、トレードを坦々と繰り返す必要があるように思います。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は昨日に引き続き全体弱含みで、前日比マイナス圏で推移しました。ガソリン灯油は引け間際では更に下げがきつくなりガソリンは大幅安で安値引けとなりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比640円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、前場いっぱい一直線同角度で上昇ラインを描き上昇し続けました。後場からは一転して1:00までは急激に下げ、そこからきっちり3:00までは横ばいを作りもみ合いました。最後引けまでの30分間は再度急激な下げを見せ、終値前日比は−870円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右下に上髭付きの小さな陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインの角度を変えて新たに形成中に見えます。今日の足を加える事によって、下げ方向は若干有利に見えますが、短期上昇トレンドライン真上付近にいる為、跳ね返しを食らい再度上昇ということも考えられます。上下両面から慎重に見て引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、550円レンジ−870円、410円レンジ−820円、430円レンジ−530円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 何時の時代も若者は、大人を「理屈っぽい」と思っています。大人は大人で若者に対して「屁理屈を言うな」といいます。しかし何事も理論(理屈)があるわけで、それをキチンと正しく理解しているのといないのとでは、普段何をやるにしても結果の良し悪しにかかわってきます。理論では追求できない事や、フィーリングでやっちゃってた方が上手く行く事もありますが、これも極一部の事であり、全ての結果が偶々ではいけないと思います。ほとんどが理屈で他人に説明を言えるほどに物事を解っていれば、それも良い結果につながるのではないかと思う訳です。

 その点、私はスポーツに学ぶ事が最近多いような気がします。野球のような投げたボールをバットで打つような単純なスポーツでも、沢山の理論があります。打つフォーム、投げるフォーム、選ぶバットなどなど、今までの数々の研究者、プレイヤーが、改善改善してきた理論を今現在プロ野球のコーチはじめ指導員が選手を育てるのに使っています。「こうするからこうなる」「こうするからうまくいかない」などのきちんとしたノウハウはその世界が始まった頃には全く未知で、私たちの先輩方が自ら見て聞いて気付いて考え出してきた理論だと思います。

 その他、スノーボード、ウエイクボード、釣り、音楽、何でも勉強になります。やはり人間生きていて、一番向上できるタイプはこの前言ったように、考え方をメンテナンス出来る人間、気付く人間(モノの見方)、これが全て人生の勝利に繋がると思います。それだけ理論は私にとって必需品でもあります。そしてその見方、理論の立て方、活用の仕方が、今の私の人間関係や仕事、また相場の売買の柱になっているわけです。


                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月13日 火曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月13日(火)

9月12日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
64.08 64.15 64.41 62.55 63.34 -0.74
9月13日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:19)
63.31 63.50 62.95 63.33 63.36

9月12日のNYは続落。引き続き、IEAによる石油備蓄の放出が圧迫要因となり、製品主導で続落。「カトリーナ」による影響から、米経済成長の見通しが0.5〜1.0%引き下げられたことで、石油需要の減退懸念が広がった。米環境保護局は、ガソリン高騰を理由に空気清浄規制の見送り期間を延長。「カトリーナ」によって閉鎖していたルイジアナ州にある輸出基地LOOPの稼動再開の見通しが立ったことも弱材料視された様子。アルジェリアの石油相は、19日のOPEC総会で100万バレルの増産を示唆した。

国内は続落。ガソリンは期先中心に売られて続落。当限は一時55000円台を割り込みながらも維持して引けており、現物市況の堅調さから地合いが緩みにくい状況。前日比160円〜870円安。灯油は期央限月が1000円以上の下げとなるなど、大幅続落。9日にガソリンに連動しなかった分、昨日は下げ渋り、その下げ渋った分、本日は売られるという展開。前日比280円〜1020円安。原油はNY安を受けて続落。夜間取引には目立った動きはなく、円安を受けて下げ幅を縮小する場面も見られたが、引けにかけては再度製品安を受けて売られる展開。全限月が4万円台割れとなり、前日比350円〜600円安。

米国市場では、IEAによる備蓄放出より、経済成長の鈍化が圧迫要因となっている。昨晩は安値で62.55ドルと63ドルを割り込みながらも、回復するという下値を模索する展開。米国の昨年のガソリン需要は、8月より9月の需要が多かったが、今年の9月は8月を下回るとの見方が優勢となっており、需要減退が明らかになれば、ファンド筋の長期的な戦略も変更せざるを得ないのではないか。サポートラインは63ドル、次に60ドル。63ドルを割り込めば、65ドルが強めの抵抗線となりそう。国内では今週末に連休を控えており、ガソリン需要の拡大が期待されるが、価格高騰から消費を控える状況。元売りは10月にも小売価格を1円引き上げる予想となっているが、今後も需要減退が明らかとなれば、引き上げも難しくなるのではないか。ガソリンの下値目標は8日の安値56810円、下抜けるようであれば、8月23日安値53940円となる。灯油は8日の55470円、そして、先限つなぎ見た場合、季節的要因の影響から、7月22日安値52510円とガソリンより日柄が飛ぶ。現在の期先は、需要が増え出すガソリン、減退し始める灯油と、先限でつなぐと灯油の基調が弱く見えがち。しかし、例年のサヤを逆転していることもあり、それが幾分修正される期待を含めて、ガソリンの方が売り妙味があるように私は考えている。今週の在庫統計は引き続き、原油、ガソリンともに減少予想。ポイントは増減ではなく、先週の減少幅から改善されているかどうか。NYが下落、国内先物も期先中心に下落、国内現物は堅調となっているわけで、今後、当限の動向から修正を求められる期先かとも思える。だが、ガソリン当限-先限の同時期のサヤを見れば、02年同ザヤ、03年、04年は当限が上ザヤで推移しており、本来のサヤへの変化ともなれば、ガソリン期先の下値は以外と深いとも見ることができる。最後に、よくコメントすることだが、あくまでも長期上昇トレンド中の下降トレンドと受け止め、欲を出さず、いつでも転換できる心構えでないといけない。NYの年内高値はまだ上にあると想定した上で、トレードを坦々と繰り返す必要があるように思います。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は昨日に引き続き全体弱含みで、前日比マイナス圏で推移しました。ガソリン灯油は引け間際では更に下げがきつくなりガソリンは大幅安で安値引けとなりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比640円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、前場いっぱい一直線同角度で上昇ラインを描き上昇し続けました。後場からは一転して1:00までは急激に下げ、そこからきっちり3:00までは横ばいを作りもみ合いました。最後引けまでの30分間は再度急激な下げを見せ、終値前日比は−870円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右下に上髭付きの小さな陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の下降トレンドラインの角度を変えて新たに形成中に見えます。今日の足を加える事によって、下げ方向は若干有利に見えますが、短期上昇トレンドライン真上付近にいる為、跳ね返しを食らい再度上昇ということも考えられます。上下両面から慎重に見て引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、550円レンジ−870円、410円レンジ−820円、430円レンジ−530円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 何時の時代も若者は、大人を「理屈っぽい」と思っています。大人は大人で若者に対して「屁理屈を言うな」といいます。しかし何事も理論(理屈)があるわけで、それをキチンと正しく理解しているのといないのとでは、普段何をやるにしても結果の良し悪しにかかわってきます。理論では追求できない事や、フィーリングでやっちゃってた方が上手く行く事もありますが、これも極一部の事であり、全ての結果が偶々ではいけないと思います。ほとんどが理屈で他人に説明を言えるほどに物事を解っていれば、それも良い結果につながるのではないかと思う訳です。

 その点、私はスポーツに学ぶ事が最近多いような気がします。野球のような投げたボールをバットで打つような単純なスポーツでも、沢山の理論があります。打つフォーム、投げるフォーム、選ぶバットなどなど、今までの数々の研究者、プレイヤーが、改善改善してきた理論を今現在プロ野球のコーチはじめ指導員が選手を育てるのに使っています。「こうするからこうなる」「こうするからうまくいかない」などのきちんとしたノウハウはその世界が始まった頃には全く未知で、私たちの先輩方が自ら見て聞いて気付いて考え出してきた理論だと思います。

 その他、スノーボード、ウエイクボード、釣り、音楽、何でも勉強になります。やはり人間生きていて、一番向上できるタイプはこの前言ったように、考え方をメンテナンス出来る人間、気付く人間(モノの見方)、これが全て人生の勝利に繋がると思います。それだけ理論は私にとって必需品でもあります。そしてその見方、理論の立て方、活用の仕方が、今の私の人間関係や仕事、また相場の売買の柱になっているわけです。


                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月12日 月曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月12日(月)

9月9日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
64.49 64.67 65.35 63.55 64.08 -0.41
9月12日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:17)
64.15 64.40 63.83 64.38 63.98

9月9日のNYは反落。IEAが、「カトリーナ」による影響から回復するには数ヶ月かかると発表したことで、序盤は買い方優勢に取引されたが、引き続き、石油備蓄放出がアッパク要因となり、ガソリン主導で反落。IEAは、2005年の需要見通しを日量25万バレル引き下げ、1日の需要平均を8348万亜bレルとした。また、2005年のOPECへの原油需要を日量2810万バレルとし、2006年の見通しも2005年同様の2810万バレルとした。

国内は総じて安い。伸び悩む夜間と背景に急速に進んだ円高を嫌気された様子。ガソリンは、当限において先週までの堅調さが見られず、市場に一服感が出た様子。前日比570円〜800円安。灯油は小幅続落。2月限の売り圧力が強く、一時はストップ安まで売られたが、売られ過ぎ感から買い戻され、先限では一時プラス圏まで買われる場面も見られた。しかし、ガソリンが売り方優勢に展開していることもあり、プラス圏を維持できず、小幅続落。前日比40円〜320円安。原油は円高を嫌気した売りから続落。一時期先2本でも4万円台を割り込んで推移したが、引けにかけてはやや買い戻され、4万円台を維持して引けた。前日比520円〜760円安。

メキシコ湾岸における製油所の停止率は僅かに回復し、59.85%。やはり、これまでのような回復ペースとはいかず、逆に再開している製油所からトラブルが出ないか懸念される状況。IEAによると、製油所の稼動停止により、約3800万バレルの石油製品が影響を受ける見通し。メキシコ湾岸では今月3300万バレルの生産量減となる見通しともした。OPEC関連では、イランのOPEC担当やドイツ誌の「シュピーゲル」が、今月19日にウィーンで開かれる総会で増産決定を示唆したが、OPEC側はこれを否定した。IEAに決定から下落している原油価格の動向を見守りながら、慎重な姿勢を取っている様子。OPECでは、設備の点検や稼働率の限界から、生産量が伸び悩んでいる状況。その中、増産余力のあるサウジアラビアでは、重質油の生産が需要に対して過剰になっている。本日の海上スポット価格は、ガソリンが100円高の55000円〜55600円、灯油は変わらずの50800円〜51400円。依然として、備蓄の放出から、ガソリンは堅調。ただ、元売りの中で、具体的に内容が決定しているのはエクソンモービルのみ。今後の国内系元売りの対応が現物価格に影響を与えてくると思われる。灯油当限は、現物価格より上ザヤで推移しており、季節的要因を考慮しても、少し割高な当限に思える。ただ、今後、北海道から需要が始まる中、現地の灯油スポット価格は上昇し始めており、実際に需要が動き出す時期が例年より早くなりそうだと、全国的に地合いが引き締まる公算が高い。本日の国内相場は、ファンド筋はガソリン買い、灯油売りの姿勢を見せた。依然コメントした両製品2,3月限のサヤにおいても、拡大する展開となっているが、元売りの放出内容が具体的に出れば、解消に動くことも考えられ、上記した北海道の需要開始となれば、サヤが逆転することもあるのではないか。今週は在庫統計より、欧州からの石油製品の輸送が順調に進むかどうか。新たなハリケーンがなければ、やや方向感に乏しい状況で、ポジション整理中心の前半となるのではないか。後半は、欧州からの輸送が問題なく進めば、頭の重い展開になるのではと考えています。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、月曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は全体弱含みで、前日比マイナス圏で推移しました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比650円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、大幅安で寄り付いた後、横ばいもみ合い状態で終日推移しました。終値前日比は−570円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右下に上下髭付きの小さな陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、一旦の下落から、短期の上昇トレンドラインに支えられ再度上向きかけている様に見えます。しかし今日の足を加える事によって、見方によればド短期の下降トレンドラインの角度を変えてきたようにも見えます。そうなればもう一段安値を狙ってきてもおかしくない形に見えます。引き続き上下両面から慎重に見て行きたいと思います。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、520円レンジ−570円、1120円レンジ−40円、360円レンジ−630円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

            本日はシステムメンテナンスの為、このコーナーはお休みを頂きます。


                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月9日 金曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月9日(金)

9月8日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
64.37 64.44 65.15 63.10 64.49 +0.12
9月9日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:17)
64.67 65.11 64.67 64.88 65.01

9月8日のNYは小幅反発。発表された在庫統計では、原油が予想範囲内で収まり、ガソリンは予想以下の減少幅となったことで、一時は63.10ドルまで売り込まれた。進路の予測が難しいとされていた熱帯性低気圧「オフィリア」が、メキシコ湾岸に進路を取る可能性が低くなったことも弱材料視された。ただ、数日の急激な下げからの買い戻しや在庫統計が予想範囲内でありながらも減少したことが見直され、プラス圏まで買われて引けた。EIA発表の在庫統計では、原油が前週比640万バレル減、ガソリンは同430万バレル減、留出油は同80万バレル減、ヒーティングオイルは同50万バレル増とされた。

国内は商品間でマチマチ。ガソリンは小幅安の寄り付きから、序盤は売り込まれたものの、前場引けにはプラス圏まで買い戻され、後場からは期近中心に上げ幅を拡大して引けた。前日比310円〜800円高。灯油は小幅反落。安寄り後にガソリンに連動した買いから一時は全限月がプラス圏まで買い戻されたが、ガソリンほど基調は強くなく、午後2時半辺りから売り方優勢に一転した。前日比110円〜280円安。原油は1月限を除く全限月が小幅に反発。マチマチの寄り付き後、堅調に推移する夜間やガソリン高を背景に買い戻される展開となった。前日比40円安〜270円高。

IEAの備蓄石油放出の決定を受け、現在、欧州から20隻のタンカーが米国に向かっている。入港して輸送するのは来週中にほぼ終えるが、来週の在庫統計には反映されず、在庫は減少予想となり、大きく売り込めないのが現状か。今週分においては予想範囲内で収まり、序盤は売り方優勢に取引された。熱帯性低気圧「オフィリア」がハリケーンに発達し、フロリダ半島に向かう可能性が出たことで、夜間は堅調に推移しているが、65ドル回復に抵抗を示している。ハリケーンセンターによれば、「オフィリア」の進路予測が難しく、米国海岸沿いから離れる予想とされながらも、フロリダに向かう可能性を排除できない、とのこと。現在、フロリダ半島沖合い100km地点で停滞しており、現地10日の深夜までには勢力を増して動き出す可能性がある、とのこと。夜間取引は前日終値より買われているものの、ハリケーンの進路に判断がつかない状況で、買うに買いきれない状況。結果、その動きが65ドルに抵抗を感じているように見ることができるわけで、実際、テクニカル的に抵抗になっているかどうかは判断できない。国内はガソリンが堅調。海上スポット価格は、ガソリンが200円高の54900円〜55500円、灯油は変わらずの50800円〜51400円。IEAの決定に基づき、ガソリン中心の放出、政府側の要請によるガソリン輸入の規制とガソリン供給に懸念が強まっている。欧州を中心として、米国向けにガソリンを輸出され、結果、米国は価格の下落基調を見せ、逆に輸出国となる日本のガソリンは買われる展開。NY原油は製品高に連動しきれておらず、その原油を指標としていた国内製品に割安感が生じることは当然のことと言える。来週のNYは下値を確認しそうな流れであり、ファンドの動向が気になるところ。これまでの利食い売りから、買いに回れば、輸出国とした国内市場は過剰に反応せざるを得ないと考えています。輸出側に回る元売りからすれば、これまで以上に需給の引き締めを図るはずです。それでは、良い週末をお過ごし下さい。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、金曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、引けではガソリン高の灯油安、原油は変らず近辺となりました。ガソリン灯油は今日も場中大きく動き、場中大幅高引け前から急落という投機的な動きを見せました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比100円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、小安く寄り付いた後、昨日の流れを受け継いで一直線の上昇トレンドラインを描きながらジリジリ値を上げ続けていきました。2:30以降はガラッと流れを変えて急落に向かいそれも2:45前後まででその後は引けまでもみ合いました。終値前日比は+310円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の真横から右上に上下髭付きの陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、一旦の下落から、短期の上昇トレンドラインに支えられ再度上向きかけているか否かというところでしょうか。見方によればド短期の下降トレンドラインの角度を変えて、もう一段安値を狙ってきそうにも見えます。引き続きダブルトップも視野にいれ、上下両面から慎重に見て行きたいと思います。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、1480円レンジ+310円、980円レンジ−270円、260円レンジ+20円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 人それぞれモノの見方や、考え方は違うものであります。人生観や仕事に対して、人に対しても同じです。太く短く生きるのも良し、細く長く生きるのもひとつの考え方だと思います。また、その人のもって生まれた性格や育った環境によっても見方や考え方は違ってきて当然だと思います。

 私が思うに人生とは、「行動→結果→行動→結果→〜〜 」の繰り返しで構成されているものだと思います。人は行動し、結果が出て、その結果で次の行動となり、そのまた結果が出てくるという仕組みで、全ては成り立っていると思うわけです。人は今現在の行動と結果を見て悔やんだり反省したりする場合がほとんどですが、実際はたった一つの行動と結果などは長い人生においてよほどの取り返しのつかないことでない限りさほど重要ではないものです。問題は根本となる「モノの見方」と「考え方」にあると私は考えます。

 行動は、モノの見方と考え方から出来ており、その根本が理にかなっていなかったり間違っていたとすればどうでしょうか。その根本を使い続ける限りは人生において死ぬまで理にかなっていない行動とそれに伴う結果となってしまうことになり、その悪い結果をもとにして新たな行動を起こすことにより、不幸の循環を起こします。これを私は「不幸の連鎖」と呼びます。逆にその根本がしっかり出来ていれば幸福の連鎖を起こし、日ごとバージョンアップしていく事でしょう。

 物事が上手く行っていない人は現状で腐らずあきらめず、思い切って考え方を調整してみるのもいいかもわかりません。上手く行っている人ももちろん調整は大事だと思います。車も人生もキチンとメンテナンスして調整してやれば何時まででも調子よく走ってくれると思いますよ。


                            また来週
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月8日 木曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月8日(木)

9月7日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
65.96 65.83 66.50 63.90 64.37 -1.59
9月8日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:19)
64.44 65.12 64.25 64.98 64.76

9月7日のNYは65ドルを割り込む大幅続落。引き続き、IEAによる石油備蓄放出が圧迫材料。IEAのマンディル事務局長は、米国のガソリン需給の緩和が見られなければ、放出期間をさらに30日延長する用意がある、とコメント。EIAは、米国の第4四半期の石油需要を日量2129万バレル(前回2143万バレル)に下方修正した。メキシコ湾岸の製油所では、通常の53%が稼動停止中。ハリケーンセンターによると、熱帯性低気圧「オフィリア」は、フロリダを通過し、メキシコ湾に向かう可能性がある、とのこと。今週の在庫統計の事前予想では、原油が前週比640万バレル減、ガソリンは同620万バレル減、留出油は同260万バレル減とされている。

国内は原油安の製品高。NYの続落を受け、総じて安く寄り付いた国内相場だったが、買い戻される夜間や在庫統計を控えての売り方の手仕舞いなどから、後場から一転して買い方優勢に取引された。ガソリンは、海上スポット価格が200円高の54700円〜55300円で取引されたことで、当限が下げ渋り、後場から買い方優勢に一転し、期先3本がストップ高まで買われた。灯油の海上スポット価格は100円高の50800円〜51400円。季節的要因を考慮しても、依然上ザヤで推移する当限だけに、ガソリンほど買われることはなかったが、結果、連れ高となり、前日比220円〜650円高。原油は製品高を受けて、下げ幅を縮小したが、プラス圏まで買われる勢力はなく、小幅続落。前日比10円〜280円安。

 昨晩のNYはサポートラインの65ドルをあっさりと割り込んで引けたが、夜間取引では65ドル回復の兆しを見せ、国内が引けてから65ドルに到達した。在庫統計の予想は、原油、ガソリンともに大幅に減少する見込みで、共に800万バレル減少と見る向きもある。IEAが放出延長の可能性を示唆したことで、冬季における在庫積み増しへの懸念が少し和らいだ昨晩だった。しかし、本日の国内は、在庫統計を受けるNYが反発すると先読みし、買い方優勢に一転した。1.59ドル安の続落となり、国内大引け時点の夜間では64.98ドル辺り。単純には、0.98ドル安に対し、ガソリンは1000円高となっており、最近の連動性からすれば、2ドル〜2.50ドル高くらいは織り込んだことになる。その為、予想範囲内の反発幅であった場合、週末要因をも踏まえると、寄り付きは高くとも、そこから値を削っていく展開が妥当なところと私は考えています。IEAの放出決定により、元売りや商社などの民間備蓄の放出が決定し、現物市場は堅調に推移している。当限自体は、売られにくい状況だが、灯油においては上ザヤで推移する分、ガソリンほど現物に反応しない。その影響から、2月限のサヤが随分縮小しており、サヤ取りをする筋からすれば、魅力が出てきたのではないか。これはガソリンが上ザヤで推移している3月限でも言えることである。ファンド筋が上を目指しているのなら、在庫統計は絶好の材料となるはずだが、減少したとしても、予想以下、または予想範囲内での結果に対し、売られるようであれば、基調は弱く、62ドル辺りが下値目標。65ドルをサポートラインとした場合、70ドル回復には材料的不足気味であり、新たな熱帯性低気圧の進路や発達にもよるが、頭の重い展開となり、65ドル〜68ドル辺りが居心地のいい所だと思われます。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は、製品高の原油小幅安という結果となりました。ガソリンは特に高くなり、引けでは先から3限月はストップ高となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比200円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、小安く寄り付いた後、前場いっぱい下降トレンドラインを描きながらジリジリ下げて行きました。後場からは一転して急激な上昇を見せ、ガンガン急激に値を上げていきました。最終的にはストップ高まで到達し終値前日比は+1000円ストップ高。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右真横に下髭付きの巨大な陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の上昇トレンドライン進行中から下に大きく突っ込んできた形です。ド短期の下降トレンドの軌道上にはまだとどまっている感はありますが、明日行こう大きく伸びてくると再度高値を追ってくる可能性も出てきました。短期の上昇トレンドラインがサポートという形を取るならば今日の足をサポートとなるか、もう一押し56000ぎりぎりまでもみ合うかというところでしょうか。今日の足であっさりサポートというパターンも考えられます。ド短期を除き、現在のところ中短期共上昇基調には変らない為、上下両面から慎重に見て行きたいと思います。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、1690円レンジ+1000円ストップ高、1710円レンジ+540円、360円レンジ−80円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 今週は、機械的な判断と、人間の判断の利点欠点を考えてきました。心理的不安や楽観的思惑は、相場の動きには関連性がないのではないのか、というのが私の考えです。上がると思ったが下がった、下がると思ったが上がった、もうそろそろ天井だろうと思ったところからとてつもなく高くなった、どこまで下がるかわからないから怖くて買えないと思っていたが、すぐに切り替えしはじめ、少し戻したところで買うチャンスはあったが手を出せず、はたまたその後は大きく値を上げてしまった。などなど今まで沢山のこういう場面を見てきました。そのような原因で、含み損を妙に耐えてしまって、とてつもない損を出したり、本来は大きく利益を出さなければならないところを、少しの利益で利食ってしまったり、はたまた、楽観的ないい加減なタイミングで仕込んだ為に、最後までその玉が精神的圧迫をして本来の商いが出来なくなったりで、何一つ安心感のある売買が期待できず、その為に大きな商いが出来ないということになっている人もいると思います。

機械的な判断といっても、前にお話したとおり人間の判断意思を事前に組み込んでいるだけなので、本当は全て人間の判断だということになります。ただし機械的判断の場合は、時間的に以前の意思を使用している為、現在の心理的なものでそれを曲げたりせず、頑固に忠実に守ろうとするわけです。だから機械的判断というものは、どんな不安な事や舞い上がる事がおきても、以前の冷静な人間の判断を採用できるというところが、最大のメリットではないでしょうか。調子に乗らず、不安がらず、冷静に坦々と判断していくのがメリットではないかと思います。


                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月7日 水曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月7日(水)

9月6日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
67.57 66.60 67.56 65.65 65.96 -1.61
9月7日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:18)
65.83 65.96 65.28 65.62 65.62

9月6日のNYは大幅続落。IEAによる石油備蓄の放出の関し、現実味が帯びてきたことで、買い方の手仕舞いが活発となった。「カトリーナ」による影響から、稼動停止に追い込まれていた製油所でも、42%が稼動再開となり、ガソリン当限が大幅続落し、原油の圧迫要因となった。イランのOPEC担当によると、9月19日の総会で日量50万〜100万バレルの増産が決定する見込み、とコメント。また、大西洋上に発生した熱帯性低気圧は、フロリダ半島に進路を取っているが、ハリケーンに発達する可能性は低いとのことで、材料視されなかった様子。

国内は期先中心に売られる展開。ガソリン、灯油は期先2本がストップ安。海上スポット価格がガソリンで100円高の54500円〜55100円、灯油は200円高の50700円〜51300円で取引されたことで、期近の下げ幅は限定的。原油は前日比240円〜460円安と反落。期先のみ製品安に連動したが、他限月は下げ幅を縮小して引けている。在庫統計を控え、様子見ムードが強まっていることで、一方的に売り込まれる展開にはならなかった。

 本日発表された国内石油供給統計では、ガソリンが前週比1万6530kl減の199万3046kl、灯油在庫は同10万9618kl増の364万7571kl。稼働率は0.4%低下の89.6%。さて、NYだが、続々と操業再開し始めている製油所。今週末に2ヶ所、来週中に1ヶ所が再開予定となっており、当初の予想より、回復ペースは早い様子。ただ、少なくとも3ヶ所の製油所は復旧まで1ヶ月以上かかる見通しとなっており、IEAの放出期間内での回復は難しくなっている。イランのOPEC担当は、次回ウィーンで開かれる総会で増産決定を示唆したが、実際、余剰能力はサウジアラビアしかなく、重質油中心となる50万〜100万バレルの増産が決定しても、供給緩和には及ばない。原油在庫は3億バレルを超えており、2億7000万バレルを割り込むまでは、OPECによる増産はそもそも材料性がないと言っていい。ただ、それでいても、弱材料視される状況であるならば、基調は弱いと見てよいことになる。IEAによる放出では減少分全てを補えない計算でも、「カトリーナ」によって、被害観測が強まった時点より、値を下げている。よって、65ドルをサポートラインとし、自律反発する可能性は十分ある。残り58%の停止率がどれだけのペースで解消されていくか。これまで同様のペースとはいかないはずで、再開した分からトラブルが生じる可能性もある。ナイジェリアでは、14日からスト突入、とのニュースも入っている。禁物なのは、今日がストップ安だったからとか、高値から幾ら離れたからとか、または昨年の同時期と比較してどうだとか、そういう観点から相場を見定めての売買。「カトリーナ」による被害がなくても、近日中には70ドルをマークしていたと考えていたほうが良い。仮に65ドルをサポートラインとして反発した場合、一般投資家のどれだけの人が買えるかと考えれば、やはり、ファンドの犠牲になる方が多いだろうと考えてしまう。頭ではわかっていても、つい逆バリをしてしまう方は、常に自分と反対の建玉をライバル視してしまう。そして、同一方向の材料ばかりを集め、そのうちにと思っている間に損切りが遅れ、良い仕切り直しができない。大切なのは値頃を捨て、焦らず、コンスタントにトレンドに乗っていくこと。相場は高いから売るのでも、安いから買うのでもない、ということを身に沁みこませなければならないと思います。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、水曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は、全体値下がりとなり、ガソリン灯油はストップ安となりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比490円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、安く寄り付いた後、大きくもみ合う事もなくダラダラと値を切り下げていきました。結果的には終日下降トレンドを描きながら最終的にストップ安となりました。終値前日比は−1000円ストップ安。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右下に陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の上昇トレンドライン進行中から下に大きく突っ込んできた形です。ここでド短期の下降トレンドに軌道を変えてきたと見ますが、短期の上昇トレンドラインが目前まで来ております。このラインがサポートするならば再度上昇に向かう事になり、依然気を抜けない微妙な位置にあると言えます。下は短期の上昇トレンドライン位置は56000円前後の位置。その下は中期上昇トレンドラインの45000円前後という位置です。もちろんまだまだ中期も短期も上昇基調には変らない為、上下両面から慎重に見て行きたいと思います。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、540円レンジ−1000円ストップ安、810円レンジ−1200円ストップ安、400円レンジ−400円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 相場の売買において、人間心理がマイナス要因である。というのが、私の理論であります。

 人間の心理や神経というものは一般的にはうまく出来ており、危険を避ける役割をしています。「高いところが怖い」「暗いところが怖い」「ワニが怖い」「猛スピードの車に乗るのは怖い」などなど、危険を避ける為に「怖さ」という心理が人間に与えられていると思います。怖く感じる心が行動を避ける働きから危険を回避する役割となっています。「神経も同じで痛いから痛くないようにしよう」、「熱いからやけどしないように触らないでおこう」これが、痛くも熱くも感じない体であれば、火傷や打撲で到底無事な体では過ごせないでしょう。お腹が痛いとかばったり養生したりで直そうとします。頭が痛いと検査にいったり治療したりもします。これが痛みや熱さしんどさを感じないとなると全く検査も治療も養生もしないでしょう。痛みや苦しさを過去に味わったものは、同じ痛みや苦しみを避ける行動をします。恐怖感がある場合はその行動自体を避ける作用があります。


 恐怖感や苦しさのほかにもイライラ感や調子に乗った心理など、数々の心理があります。このように心理的要因は人間が人間らしく安全に暮らしていく為にはとても重要なものかもしれません。しかし、相場の売買においては、その心理的要因が行動を狂わせる場合が多々あると思います。怖いから行けない、「調子に乗っているから行き過ぎる」
後は「口座に余裕があるから思い切って行ける」、「資金がなくなってきたからビビル。」「前回上手く行ったから今回も上手く行くだろう」「前回反対向いたから今回もそうなりそうな気がするから怖い」などなど、相場動向を見据えて、本来はどう動く可能性が高いか、どうすれば利益が取れるかと言う問題を、全く関係ない心理を織り交ぜて判断する事によりデタラメな行動をしてしまう事もあるわけです。そして特にそういう場合、「早すぎた利食い」、「遅れてしまった損切り」という様になり、トータルでは利益が取れない状態になってしまいがちです。そういうことから、相場が上手く行かない理由、今後のBESTな方法を考えた場合、その都度その都度の人間心理を織り交ぜないようにすればよいのではないかという私の考えです。明日も続きをお話したいと思います。

                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月6日 火曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月6日(火)

9月5日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
67.57 休場        
9月6日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:17)
66.60 66.89 66.26 66.70 66.82

9月5日のNYは休場。IEAのマンディル事務局長によると、同機関が放出する6000万バレルの約50%が米国、日本を含むアジア各国の合計が20%以下(日本は12.2%)、ドイツが約10%、フランスが7%、スペインが5%になるとのこと。。

国内は、連休明けから再開した夜間取引が軟調に推移したことを受けて、総じて続落から始まった。ガソリンは当限中心に買い戻され、期近高・期先安。政府が民間石油備蓄義務日数を3日間引き下げ、7日から放出を始めることを明らかにしたことで、期近中心に地合いの引き締まりを見せた。前日比780円安〜380円高。灯油はガソリン同様の動きとなり、期中が需要期限月であることで、ガソリンより買い方優勢に取引された。結果、期先のみ小幅に続落し、他限月は当限中心に反発。前日比100円安〜830円高。原油は小幅安から始まり、当限以外がプラス圏まで買い戻されて反発。夜間取引が下げ渋りを見せたことや円安基調、IEA決定による備蓄の放出などが材料視された様子。前日比130円安〜380円高。

IEAの決定を受け、国内は7日から放出することとなり、30日間の放出量は計730万バレル。民間備蓄義務量は70日分から67日分に引き下げられることになり、元売り、商社などの計80社で分担することになった。6月末時点の民間備蓄は79日分、国家備蓄では91日分とされており、今回は国家備蓄からの放出はない。放出する油種や方法においては、民間各社が判断することになっており、今後の動向に関心が強まっている。本日の相場では、期先は夜間取引を材料視したが、期近では放出からなる供給懸念が上回り、絵に描いたように、期近高・期先安となった。ガソリン中心の放出となれば、需要期を終えたばかりの日本においては、それなりに供給懸念が強まるが、そもそも世界的に在庫積み増しは堅調であり、米国のみ例外であった。30日間の放出決定により、この間は相場が大きく上伸することはないのではないか、というのが大半の見方となったかも知れない。世界的な在庫取り崩しとなるわけで、その後は世界的に積み増しが積極化する。北半球の冬季需要期入り前には、IEA加盟国は挽回したいはずであり、IEAから新たな方針が打ち出されない限りは、放出期間終了後の石油需要は世界的に引き締まると考えている。連休明けに軟調なスタートとなったNYだが、週末に時間を短縮されたこともあり、週末の流れを引き継いだ状況。通常取引からの動きが焦点であり、本日の国内は夜間を材料視した筋と、様子見から売りの手仕舞いを入れた筋と分かれたのではないか。「カトリーナ」による影響がどれだけ在庫統計に反映するかが一番のポイントであり、ファンド筋は買い玉の手仕舞いを進めながらも安値を買い拾ってくるのではないか。最後に、OPECは9月19日の総会で、日量50万〜100万バレルの増産に踏み切るだろう、とイランのOPEC担当者が明らかにした。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は、全体マチマチで、原油は強く、ガソリン灯油は期近を中心に強いが先は弱いという状態で、ガソリン先は大きめの値下がりとなりました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比800円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、大幅安で寄り付きスタートから大き目のもみ合いで終日横ばいのような状態が続きました。終値前日比は−780円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右下に上髭付きの小さな陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の上昇トレンドライン進行中から昨日の下げでラインいっぱい、今日の下げでは下に突っ込んできた格好です。このまま明日以降大きく下げてくるような形を作ってくるならば下は短期の上昇トレンドラインまでの下げを作ってくる可能性が出てきました。位置は56000円前後の位置という事になりますが、その下は中期上昇トレンドラインの45000円前後という事になります。もちろんまだまだ中期も短期も上昇基調には変らない為、上下両面から慎重に見て行きたいと思います。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、600円レンジ−780円、750円レンジ−100円、470円レンジ+380円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 物によりますが、個人的な好き嫌いでいえば機械よりも人間のほうが私は好きです。ネットで買い物するよりかはお店に行って店員さんとあれやこれや言いながら買い物をするほうが楽しいのです。ジュースやタバコも自動販売機が主流になっている今の世の中では、店の中にもあるけれど世の中の人々は店先の自動販売機で物を買うほうが多いのではないかと思います。「今日は暑いですね」なんて店主のおばさんに言いながら、おまけしてもらうのが昔は楽しかったものです。

さて、その自動販売機というものは、人間が作り出したもので人間の意思によって動かされています。時間の流れ的に言えば客に売る瞬間よりもずっとずっと以前に意思が込められています。時間の流れをたどると、まず自動販売機メーカーの開発の人間は、販売機を購入する店主の意思の変化、変更に対応する項目を調整できるように設計しています。そして次に購入した店主はその項目を自分の意思により調整します。クールであれば10度ホットであれば65度などの温度調整、どのしょうひんを入れるか、商品の価格は幾らにするか、などなど。価格がメーカーから決められているものを除けば店主の意思で設定できます。ジュースを80円で売ろうが120円で売ろうが、場所によれば200円で販売しているところもあります。そして次の段階では客が購入となります。コインを入れて商品を買う頃には、店主はいちいちその瞬間何の意思も出しませんが、意思を込められ設定された機械が勝手に動いてくれて、狂いなくキチンと設定された方法で販売するわけです。機械というものの時間の流れを深く考えれば理解できますが、事前に決めた決め事を坦々と繰り返すのが機械です。「今日は販売量が少ないので少し安く売ってでも売り上げが欲しい」などの心理的要因などは発生せず、キチンと入力時の意思を守ります。それが良いのか悪いのかと言われれば、一長一短ありますが、相場の売買において、心理的要因がマイナス要因である限りは、機械的売買のほうが、思惑売買に勝ると言うのが私の考えです。しかし機械というものを人間が上手く使いこなせなければ、何の役にも立たないものになります。当社のシステム売買プログラムにおいても、キチンと理にかなった判断基準を設定していなければデタラメな指示が出たり、判断できなくなったりする可能性もあるわけで、そうなれば年間利益も当然期待できなくなってしまいます。機械という物は、設計段階から入力、調整、操作、修正にいたるまで、BEST、完璧でなければなりません。ということで機械に対する今後の課題はまだまだ続きます。

                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月5日 月曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月5日(月)

9月2日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
69.47 68.40 69.66 67.35 67.57 -1.90
9月5日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30)  
休場        

9月2日のNYは5日の連休を控え、短縮取引となる中、製品期近主導で急反落。IEAの要請により、加盟国が米国の供給不足を補うために、石油製品備蓄の放出を検討しているとのニュースが入り、売り方優勢に取引された。IEAが取引終了後に発表した内容によると、備蓄石油を30日に亘って日量200万バレル放出するとのこと。現在、メキシコ湾岸に製油所では、通常の88.5%が停止中。停止中の製油所の50%が2週間以内に操業再開できる見通しだが、残りの50%は再開まで1ヶ月からそれ以上かかる見通しとなっている。

国内は軒並み大幅安。ガソリンは期先4本がストップ安。海上スポット価格が前日比700円高の54900円〜55500円と堅調に推移したことで、当限が230円安と下げ渋り、11月限もその動きに連動して下げ幅を縮小した。灯油は期先3本がストップ安。海上スポット価格は400円高の50700円〜51300円となり、当限も630円安と下げ渋りを見せたが、依然として上ザヤで推移していることで、ガソリン当限より下げ幅は大きく、期近への影響も小さかった。原油は一時当限以外の全限月がストップ安まで売られた。後場からは売り方の買い戻しからストップが外れたが、円高基調が圧迫要因となり、地合いが引き締まることはなかった。前日比1070円〜1200円安。

 IEAでは26ヶ国の加盟国が石油備蓄放出に合意し、計6000万バレルの石油を放出することを決定した。メキシコ湾岸にある製油所の回復のメドを上記した内容から計算すれば、減産量はIEAが放出する量を上回ることになり、完全に供給懸念を払拭することはできない。また、IEAの加盟国はヨーロッパ中心であり、その国々の石油価格が高騰する可能性があり、そうなれば、石油製品を欧州から輸入している米国は連れ高する可能性が高い。日本もまた、IEAの加盟国であり、日量24万バレルの原油備蓄を放出するとのことで、ハリケーンによる被害から、直接的に国内需給に影響を及ぼす可能性が出てきた。台風14号の影響を懸念されたこともあるが、本日の海上スポット価格の上昇は放出の影響からと見るべきであり、下ザヤで推移するガソリン当限は季節的要因を考慮すれば、妥当なラインだが、これまでの現物と先物のサヤからすれば、割安感が生じる。IEA加盟国として、ガソリン中心の放出となる可能性は高く、ガソリンへの供給懸念は強まりそうである。本日の国内は、連休明けのNYを予想した展開のように思えた。週末のNYは短縮取引となっており、且つ週末に目立った買い材料が出なかったことで、連休明けのNYが週末の流れを引き継ぐと見たのではないか。ブッシュ大統領は、これまでの石油価格高騰の流れには目立った対処をしていなかったが、ハリケーンによる被害からなる高騰をきっかけに国民への不満勃発を沈静化させるため、本格的に動き出した。IEAからの放出は一過性と見る向きが多い中、大統領がそれ以上に一体どれだけ供給懸念の払拭に働きかけるか。大統領の対応は未知であるため、明日の国内早朝から再開する夜間取引次第のところもあるが、上にも下にも、いつでも転換できる心構えで望む必要があるように思えます。


                                                   小西
                             2005年8月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、月曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は、全体に弱含みとなりガソリン灯油はストップ安で張り付き、原油も大幅安で引けました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比1000円ストップ安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、ストップ安で始まり張り付き状態のまま終日推移しました。終値前日比は−1000円ストップ安。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右下にストップ張り付きの駒を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の上昇トレンドラインを綺麗に形成中です。高値を更新中。前回8月12日の高値をあっさり越えて、更に高値を目指し上昇中。今日の大幅安でもチャートの形的には上昇トレンドキープという事になりますが、プログラムの判断はどうでしょうか。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、張り付きレンジ−1000円ストップ安、100円レンジ−1200円ストップ安、210円レンジ−1140円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 先週末に引き続き人間の判断と機械的な判断の違いについて、また利点と欠点について考えてます。

人間の思惑での判断というものは、ある意味専門分野においてはその人自信の知識と勘を最大限に織り込んだ物という事になります。全て思惑で判断する場合は、頭の中で整理して、「これでよかろう」思ったものに対してはGOの判断、「きっと駄目だろう」と思ったものに対してはNGの判断をします。相場においては特にその人自身の経済的状態が気分を左右する場合が多く、負けが続いて資金的に少なくなってきておれば不安な気持ちになり、逃げ腰な判断になってしまいがちです。また逆に「勝ち」が続いて資金が多くなっている時には、気持ちにも余裕があり、楽観的に物事を判断してしまうケースも少なくないと思います。もしも瞬間的に精神的に病んでいる時などは特に、裏目裏目の判断の答えが出てしまう事もあるでしょう。利点があるとすれば、長年の経験と勘で、職人技の判断が出来る人は、俊敏に正確な答えを出せるという事でしょう。また人間の判断には、仮にイレギュラーな事件や物事が起きた場合、それが相場に多大な悪影響を及ぼしそうな雰囲気を察知し、過去の事例には関係なく危険を回避しようとできる事などは人間的な判断といえるでしょうか。


 一方機械的な判断とは、例えば我々のプログラムに関しては、投機を全て機械が判断してくれます。操作する人間が何も考えなくても、何も予想しなくても、一日のデータを参考に過去のデータと照らし合わせ答えを出していきます。
もちろん仕込み仕切りのタイミングまで判断していきます。利点としては、上でのべた「気分」に左右されず、気分の良い時も悪い時も冷静に判断する事です。例えば、明日以降相場はどのように動いていくであろうか予測をする場合、その人自身の「気分」や「調子」、また、経済的事情などは、全く関係がないと言ってよいのではないかと思います。

 相場の売買においての判断は何時、どのタイミングで何をどれだけ建てるか?またそれを何時どのタイミングでどのように仕切るかという事になります。機械というものは人間が作り出すもの。人間の考えを人間自身が事前に組み込み、そして、事前に人間の判断方法、その複数を、プログラムに組み込む事により、完成以降のプログラムは、事前に決定した判断基準で常に坦々と心理を入れずに判断し答えを出せるという事です。


                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月2日 金曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月2日(金)

9月1日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
69.19 68.75 69.60 68.25 69.47 +0.53
9月2日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:15)
69.40 69.66 68.89 68.98 69.10

9月1日のNYは反発。政府側がガソリン価格の規制緩和に動き出したことや戦略石油備蓄の貸し出しを始めたことが圧迫要因となり、買い方の利食い売りが先行した。しかし、「カトリーナ」による影響から、メキシコ湾岸にある製油所8ヶ所が操業停止となり、通常生産量の90.4%が停止している状況から、製品期近が買われ、原油も連れ高となった。8月末時点で計75ヶ所のガソリンスタンドにおいて在庫がなくなり、閉店に追い込まれているとのニュースも入り、製品の供給懸念がより強まった。

国内は総じて安い。期先中心に買われた製品だったが、軟調に推移する夜間に加え、週末要因も重なり、利食い売りが活発となった。ガソリンは期近中心に売られて反落。この日の海上スポットは200円安の54200円〜54800円と軟調な動きとなり、当限は大幅に値を下げてサヤを縮小した。前日比130円〜880円安。灯油は期近中心に続落。海上スポットでは、400円安の50300円〜50900円。大幅に上ザヤで推移する当限は大きく調整に動きたものの、依然とサヤは大きく、頭の重い状況。前日比380円〜1380円安。原油は続落。2月限は220円上ザヤの42420円で発会され、かろうじで42000円台を維持して引けた。数日の円高基調が圧迫要因となっており、前日に39760円で納会した8月限に対しのサヤ滑りの動きも出た様子。前日比280円〜390円安。

全米の精製能力の50%を占めるメキシコ湾岸の製油所での操業停止。昨日コメントした来週の在庫統計に関してもだが、メキシコ湾岸には原油を輸入する港が全体の50%以上と集中しており、製油所の稼働率が大きく低下した上、原油在庫も大幅に減少する可能性がある。季節的要因からすれば、ガソリンの最需要期を脱し、暖房油の需要期入りには時間があるという、比較的基調は弱くなる時期に差し掛かるわけで、昨年を除けば、9月、10月の基調は弱めであった。この季節的要因には大きな変化はないわけだが、昨年同様にハリケーンによる影響が相場を強くしており、65ドルがサポートラインとなっている。急進する製品期近に対し、原油は上げ渋っている状況で、大きくサヤを拡大している。そんなNY原油に対し、中東原油はサヤを拡大しているわけで、中国の買い控え、重質油の増産などが主な原因だが、当然のごとく、本来ならNY原油と国内先物価格のサヤも拡大しなければならないように思える。上記したが、現物価格に連動して期近中心に上げ渋る、または売られる展開は当然のことであり、商品間で動きが食い違ってくるのも当然のように思える。また、依然コメントしたように、国内製品のタンクは満タン状態であり、需要が活発なガソリンは別として、灯油期近は積極的な買いが入らない分、下げやすくなっている。さて、来週のNYは5日が労働者の日で休場となり、この連休までがガソリンの最需要期。季節的要因では売られやすく、ハリケーンによる被害報告が続々と寄せられてくる週末を考えれば、売り難いはず。よって、連休中に主だったニュースがなく、且つハリケーンによる被害報告の続報が予想範囲内であれば、今夜の金曜日に対し、連休明けのNYは反対に動く可能性が高い。連休明け後に在庫統計の事前予想を材料視する動きになるわけで、国内8日は要注意。そして、来週末のNYはテロ懸念が再発すると思われ、週末は底堅く推移すると見ています。その為、在庫統計の内容が弱材料であっても、売り難い相場には変わりなく、国内においても製品間で多少動きの違いが生じても、大きく崩れる展開にはならないと考えています。それでは、良い週末をお過ごし下さい。


                                                   小西
                             2005年7月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、金曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は、全体に弱含みで期近を中心に下げました。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比400円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、若干高からの寄り付きで大き目のもみ合いを作りながら大きく差し込んでいきました。特に後場スタートから2:00までの下落がきつく、急角度で差し込んで推移しました。引け前には大きく戻し前日比では若干安で終わっています。終値前日比は−130円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上から真横にかけての上髭の長い陰線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の上昇トレンドラインを綺麗に形成中です。高値を更新中。前回8月12日の高値をあっさり越えて、更に高値を目指し上昇中。本格的な上昇基調に入ってきた形をしています。今日は頭を抑えられるような形になり上髭の長い陰線引けとなった事で、明日以降の動き次第では、頭を弾かれる可能性もあります。一瞬の判断ミス、一瞬の思い違いが大きく勝敗を分けてきます。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油1月限の順で、1440円レンジ−130円、1750円レンジ−380円、660円レンジ−320円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

 人間の判断と機械的な判断の違いについて考えてました。

 現代では人間の仕事、機械の仕事に分けられている事が多くあります。古くから人間がやってきた仕事も今は機械が引き受けている事も少なくありません。人間でしか出来ない事も機械でしか出来ない仕事も、また人間が機械を使用して可能な仕事もあります。販売であれば、対面販売と自動販売とがあります。対面販売の場合は値切られたり売値を間違って売ってしまったりというのがありますが、自動販売機の場合は、値切られる事もなければ売値を間違えてしまう事も100%に近いぐらい無いと考えてよいでしょう。しかし、ディスカウントしてでもお客さんに喜んでもらいリピーターとして期待させるような仕事は機械には出来ず、それもネット販売のようにポイント制という制度を導入し、沢山使ってくれた人には自動的にポイントがたまり、そのポイントでお金代わりに買い物が出来ると言うように上手く考えられてきています。基本的に人間の判断は、その時々の状態や気分によってあやふやなものとなり、毎回全く同じように坦々と判断できません。それに対して機械的な判断は、事前に決められている決め事(プログラミング)を忠実に守り、気分も何もなく坦々とこなします。そう考えれば、双方良いところ悪いところがあるということですが、形も色も重量も決まっているものを大量に生産するには機械が向いているでしょうし、接客業などの人間的な仕事、また人間的な判断を要する仕事に関しては人間でなければ出来ないと思います。

 そこで我々が相場の売買を機械的な判断に任せているわけですが、それがはたして良いのか悪いのか、そこのところを、来週一週間考えていきたいと思います。



                            また来週
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

2005年9月1日 木曜日20:00更新    月〜金18:00〜20:00更新 

    

     相場雑感 

9月1日(木)

8月31日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
69.81 69.95 70.65 67.80 68.94 -0.87
9月1日 NY原油夜間取引
       (日本時間)
始値 高値 安値 (15:30) (19:17)
68.75 69.59 68.50 68.94 69.19

8月31日のNYは反落。発表された在庫統計の内容で、原油が予想に反して減少したことから、高値70.85ドル手前まで買われたたものの、更新までは及ばず、ガソリンが予想以下の減少、留出油が予想以上に増加したことが嫌気され、利食い売りが優勢となった。また、政府は、メキシコ湾岸にある3ヶ所の製油所に戦略石油備蓄の貸し出しを承認したことも弱材料視された。ヒーティングオイルは原油同様に反落したが、ガソリン期近は続伸。9月限は大幅に続伸して納会。EIA発表の原油在庫は前週比150万バレル減の3億2140万バレル、ガソリンは同50万バレル減の1億9440万バレル、留出油は同270万バレル増の1億3520万バレル、ヒーティングオイルは同170万バレル増の5710万バレルとされた。

国内は商品間でマチマチの寄り付き。ガソリンはマチマチの寄り付きから、堅調に推移する夜間を材料に買い方優勢に展開。期先では一時1000円以上の上げ幅を見せるも、引けにかけては大きく上げ幅を縮小した。前日比280円〜650円高。灯油は総じて反落して寄り付き、後場からはガソリンの上昇に連動して、期先3本はプラス圏まで買われた。しかし、引けにかけて急速に上げ幅を縮小するガソリンを背景に高値から離れる展開となり、1、3月限のみ小幅続伸。他限月は反落し、前日比520円安〜200円高。原油は安寄りから下げ幅を縮小するも、円高が圧迫要因となり、プラス圏までには及ばず、前日比80円〜580円安。

昨晩の在庫統計は、大きく取り扱われる内容ではなかった。稼働率は97.1%まで上昇し、原油が減少、ガソリンの減少幅も小さく止まった。「カトリーナ」上陸後、停止率は95%から91.45%へとやや回復するものの、来週の在庫統計では、ガソリンが大幅に減少する見通しには変わりない。逆に原油は増加するのが従来の見方となるが、今回はこれまで同様の輸入とはいかないはず。パイプラインにも被害はあり、タンカーからの輸送ペースは落ちることは確実で、原油、ガソリンともに減少する可能性はある。そういう見方が、利食い売りを活発化させない1つの理由である。また、今回の在庫統計の内容に関しても、APIの方では、メキシコ湾岸にある一部の製油所からの報告がなかったこともあり、EIA分に対しても疑いの目で見るしかない。依然としてハリケーンのピーク時であり、新たな熱帯性低気圧が発生すれば、過剰に反応する可能性が高い。国内では、プライスリーダーとされるエクソンモービルが9月3日から小売価格を2.2円引き上げるとし、先行して引き上げた国内元売りより引き上げ額が大きく、現物や当限には強材料となりそうである。昨晩のNYは急伸からの調整ならば、今夜にももう1度高値70.85ドルを試すはずであり、調整安と見る向きが多かったからこそ、NY安に連動せず、買われた国内ガソリンだったという気がしてならない。


                                                   小西
                             2005年7月分迄更新済み成績表
      

     
     
    トレンドライン日報

 本日、木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場は、ガソリン全限月値上がりで、灯油はマチマチ、原油は前日比マイナス圏で終わっています。ガソリン先限の位置関係、また状況については、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。

 本日のガソリン先限の値動きです。前日比±0円からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、昨日終値同値段からの寄り付きで10:30近辺までもみ合い横ばい。そこからは3:00近辺まで一直線の上昇トレンドラインを描きながら一方的な上昇を見せました。引け前残り三十分は一方的一直線に下げて大引けを迎えました。終値前日比は+650円。


 日足チャートガソリン先つなぎ。今日は昨日の足の右上に上髭の長い陽線を付けました。
日足チャートの見た目は、ド短期の上昇トレンドラインを綺麗に形成中です。高値を更新中。前回8月12日の高値をあっさり越えて、更に高値を目指し上昇中。本格的な上昇基調に入ってきたように見えます。下げそうで下げない、しかしこんな高い所からは買い辛いという心理状態になりがちな状況が続きますが、ここはキッチリ方針を固めて臨むべきです。引き続き坦々とマイペースでキッチりプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、1650円レンジ+650円、1580円レンジ+200円、640円レンジ+240円。


  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスなどは正確に
バランスを無視してしまいがちですが、本来のバランスで。崩すとやられます。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。バランスを崩せばやられます。

2004年度版売買プランのご紹介
                                                中西

                                        
                               なんでもご意見箱 ご意見ご感想お聞かせ下さい。



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同



                   本日のコラム

      本日、データー集計、及びシステムメンテナンスの為、このコーナーはお休みを頂きます。



                            また明日
                             
                          やまもと いちろう
                    

                      



   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME

    本日の相場観バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                            2004年1月
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                      2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月