本日の相場観、商品先物取引東京工業品取引所の東京ガソリン、東京灯油、東京原油、石油3商品に絞り、海外相場の掲載を含め本日の値動き解説、自社プログラムによる、展望も掲載

本日の相場観バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月   
2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
会員申し込みに関する問い合わせ 会員の申し込み及び案内
E-mail  info@ntl-pro.com    24時間 入金確認後即パスワード発行
月内途中入会可

日本トレンドライン
TEL  06−6352−0500    PM1:00〜PM7:00
  
   新規会員募集中

 入会ご希望の方は、入会申し込みフォームからお申し込み頂くか、事務局にお問い合わせ頂きますようお願い致します。

    日本トレンドライン 事務局 06−6352−0500

    
                                     日本トレンドライン 事務局

2006年9月29日 金曜日18:00更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月29日(金)

9月28日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
62.96 62.99 62.99 62.39 62.76 -0.20
9月29日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:17) ※前日比
62.70 62.70 62.31 62.60 62.34 -0.16

28日のNYは期近3本が小幅に反落。ナイジェリア国営石油会社が、10月1日から輸出量を5%削減すると報道されたことやサウジアラビアやクウェートも同調するとされたことから、一時は64.00ドルまで上昇。その後、減産観測に不透明感が強まったことから、売り方優勢に一転。この日発表された天然ガス在庫が前週比770億立方フィート増の3兆2540億立方フィートとされたことも圧迫要因。クウェート国営石油の幹部は、同国は減産を行わない、とコメント。OPECのエドモンド議長は、OPECが減産に踏み切るとの噂は事実ではない、とコメント。

国内は製品安の原油高。ガソリンはマチマチ。狭いレンジ内での揉み合いが続き、引けにかけて下げ幅を僅かに縮小して終えた。12,1月限は小幅続伸となり、当限を除く期近高・期先安。前日比290円安〜180円高。灯油はマチマチ。当限、2,3月限は小幅続伸となり、他限月は小反落。前日比180円安〜200円高。原油は当限以外が小幅続伸。NY安に対し、円安や昨日に値幅制限で買いきれなかった上昇分もあり、おおむね堅調に推移した。前日比20円安〜240円高。

 昨晩のNYは、減産観測やそれを噂として否定されるなど、揺れ動いた1日だった。エドモンド議長は、後のコメントで、ナイジェリア、サウジアラビア、クウェートの3カ国が、価格の下落を理由に原油輸出の削減で合意した、とコメント。これはOPECとしての削減ではなく、各国が独自に削減する内容となっており、生産量第1位のサウジアラビアの削減幅が大きなポイントとなる。ただ、同国からは詳細は明かされておらず、リップサービスの可能性も否定できない状況ではある。仮に事実だった場合、他の産油国が同調する可能性もあり、OPEC関連以外に弱材料が出ても、大きくは売り込めない状況に一変したのではないだろうか。以前指摘したが、NYは週末、月末、第3四半期末とポジション整理が活発になっており、週末から出来高が増加しつつある。しかし、月末最後の営業日を前に、ポジション整理はほぼ完了したと思われ、3カ国の削減を改めて材料視する可能性が高いように思われる。いよいよ来月から冬季相場が始まるわけだが、米国は平年を下回る気温で経過しており、国内は逆に近い状況。NY高に買われ、現物や期近の動きで上げ幅を売られてと、前場と後場の方向性が変化しやすい相場を予想しているが、対照的だった場合、どちらを重要視するか、大衆筋は難しいところかと思える。その日その日の値動きだけで、予想をつけるのも困難であり、ペースを崩され易い。こういう時ほど売買プランを堅守し、焦らず、坦々とトレードする必要があるように考えています。勝ちは大きく、負けは小さく。明日は何とかなる、そう考えているうちは望まない方向に動くのが相場です。8月序盤から大きく下落した相場だが、これは忘れるべきであり、新たに0地点からのスタートという心構えが必要です。相場での最大のライバルは、自分が建てる方向と逆を支持する勢力ではなく、自分自身だということを忘れないで下さい。それでは、良い週末をお過ごし下さい。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、金曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、高安マチマチの小幅な動きで、先ベースではガソリン灯油は小幅安。原油は小幅値上がりで終わっています。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より370円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、小幅に安い位置からの寄り付きスタート。前場スタートから、前場いっぱい、昨日の流れを受け継いで下降トレンド。後場からは流れが変り。少し上向きにもみ合いながら横ばいを描きました。終値前日比は−280円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右下に、上下髭付きの小さい陽線を付けました。ほとんどクロスに見えます。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、更に急激ペースで下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。直近では9月25日を境に上昇に転じ、上昇基調形成中。本格的上昇なるか、一旦戻りから再度短期下降トレンドが継続するかのハザマの位置と見えます。引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、490円レンジ−280円、650円レンジ−130円、370レンジ+220円。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 相場の売買は、仕込みと仕切りの工程からできています。仕込んだ値段と仕切った値段の差額が利益や損失となります。同じ日、同じ時間に仕込んだとしても仕切りの日時が違えば利益にも損失にも変ってきます。仕切りも同様、仕切りの日時が同時期だったとしても、仕込みの日時が違えばそれも利益もしくは損失にも変ってきます。

 昨日までにお話した中で、相場の売買は、100%の仕込みで利益を取っていくのは不可能に近い事はお話しました。そういう事で、利益と損失を繰り返しながら、差し引きプラスで、利益を出していかなければなりません。

プログラムの売買で一番重要視している事は、理に適った目安の基で調整し、同じ手法で中長期売買するということです。仕込み、仕切りのタイミングはその一番重要なポイントでもあります。相場は下落基調、上昇基調が繰り返し変化していくもので、その判断の仕方も、プログラムによって違ってくる訳です。



                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月28日 木曜日18:00更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月28日(木)

9月27日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
61.01 61.14 63.10 60.10 62.96 +1.95
9月28日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:20) ※前日比
62.99 63.21 62.81 62.92 62.91 -0.04

27日のNYは急反発。この日発表された在庫統計が弱気な内容となったことから、序盤は60.10ドルまで売り込まれた。しかし、60ドルを割り込まなかったことやOPECによる減産観測から買い戻し優勢の展開に一転。一旦、62ドルを上抜くと、売り方のストップロスが活発となり、高値で63.10ドルまで買われ、引けにかけては僅かに下げ幅を縮小して終値62.96ドル。EIA発表の在庫統計では、原油が前週比10万バレル減の3億2480万バレル、ガソリンは同630万バレル増の2億1390万バレル、留出油は同260万バレル増の1億5130万バレルとされた。

国内は急伸。大幅高から上げ幅を拡大し、一時は期先3本がストップ高まで買われた。しかし、後場からは夜間が伸び悩んだことや戻り売りから上げ幅を縮小して終えている。前日比1090円〜1380円高。灯油は投機性の高い限月が不需要期限月であることから、ストップ高には至らず、後場からはガソリン同様に上げ幅を縮小した。前日比1060円〜1450円高。原油は納会を控えた当限のみ140円高と上げ渋ったが、他の全限月はストップ高となり、明日以降の期先においては、45000円を回復できるかに関心が集まっている。

 昨晩のNYは週末、月末、第3四半期末とポジション整理が活発となる時期を迎えており、ファンド側は当面の利益確定に動き出し、売り方の買い戻しが活発になった様子。また、米国の暖房油消費の3分2を占めるとされている北東部では、例年より低い気温で推移していることから、冬場の気温が平年を下回るのではないかという思惑が出始めている。クウェートのアハマド・エネルギー相は、OPEC内で生産枠を引き下げようする動きはない、とコメント。湾岸筋によると、OPECが10月末のラマダンがあける前に、原油価格について協議する緊急会合を開く予定はないことを明らかにした。同時にアラブ湾岸諸国の石油相会合が予定の10月から11月に延期されたことも明らかにした模様。本日の国内は、NY高に素直に反応したが、冬季における気温予報が対照的に近い状態となっているため、NY高に追随が続いた場合には、需給面からの修正局面も必要かと思われる。NYにおいては、昨日指摘した2営業日内で、これまでの60ドル〜62ドルレンジを上抜いたため、今後は62ドルを維持できるかどうか。これは今晩に割り込んだとしても、売りトレンド継続と受け止めるのは時期尚早と考えている。今晩を含め、3営業日後に維持しているかどうか。週明けの月曜(米国)がポイントと見ています。今晩のNYは、在庫統計の見直しも十分考えられるが、21時半(日本時間)に発表される米国第2四半期実質GDPも材料性を持っていると思われます。ちなみに前回は2.9%。今回の市場予想平均は2.9%、モルガンスタンレーは2.8%としています。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、今日は大幅上昇で、原油はストップ高。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より1450円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、大幅に高い位置からの寄り付きスタート。前場スタートから、もみ合い横ばいで推移しましたが10時40分から急上昇。その後前引けまで上昇でストップ高寸前。後場はスタートから引き続き強い基調で、12時45分前後にはストップ高をマーク。張り付く状況がしばらく続きました。しかし1時20分以降はちらほらストップも外れ、そこからは下落基調に軌道を変えてジリジリと値を下げていきました。終値前日比は+1380円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右上に、上髭付きの陰線を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、更に急激ペースで下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。今日の足で右上に位置し、ド短期の下降トレンドラインは上に抜けた格好。短期の下降トレンドラインも気にしながらになりそうですが、各プログラムも新たな動きが徐々に出てきております。また、各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証して、引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、530円レンジ+1380円、700円レンジ+1270円、張り付きレンジ+1200円ストップ高。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 「終わりよければ全てよし」ということばがあります。物事は、その過程の中で、いくら心地よくても、最終的に悪い状態で終われば、それは、悪い結果という事になります。逆に、その過程の中、心地悪くても、最終的には良い状態となれば全てOKという事になると思います。勿論途中経過も最終的にも心地よいものであればそれに越した事はないのですが、「人生楽有りゃ苦もあるさ」と言うように、何事にも波はあって当然です。例えば相場の売買に例えると、全ての仕込が勝てるというのはとうてい無理な話です。勝つ時もあれば負ける時もあります。その過程の中で最終的に良い結果を残さなければならないとおもいます。また、普段からその事を踏まえで行動する事が重要だと私は思っています。



                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月27日 水曜日17:40更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月27日(水)

9月26日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
61.45 61.44 62.00 60.60 61.01 -0.44
9月27日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:16) ※前日比
61.14 61.40 61.10 61.17 61.38 +0.16

26日のNYは反落。序盤はOPECによる減産観測から買われ、一時は62ドルラインまで買われたが、上抜くまでは買いが続かず、今晩発表される在庫統計を控え、製品増加の予想を弱材料視した売りから反落。今週の在庫統計の事前予想では、原油が170万バレル減、ガソリンは同5万バレル増、留出油は同230万バレルとされている。BPのプルドーベイ油田の生産高は日量30万バレルまで回復。OPECのダウコル議長は、原油価格は極めて低水準であり、12月の総会で価格安定のために、何らかの対応をとる必要がある、とコメント。

国内は油種間でマチマチの寄り付き。ガソリンは期近安の期先高の展開で始まり、揉み合う展開が続いた。引けにかけては期近の軟調さから、期先も一時は全限月がマイナスサイドに転じ、3月限のみプラス圏で引けたが、他限月は反落。前日比360円安〜100円高。灯油は期近が現物の急落を受けて反落。期先2本はプラス圏を維持し、期近安の期先高の前日比720円安〜270円高。原油は当限を除いて全限月が小幅続伸。前日のNY安に対し、夜間の小反発や円安が僅かに上回った。在庫統計を控え、様子見ムードが強く、商いは閑散としていた。前日比30円安〜160円高。

 本日発表された国内石油供給統計では、ガソリンが前週比1万8453kl増の201万2143kl、灯油は21万2007kl増の500万2463klと大台を突破した。本日の海上スポット価格はガソリンが前日比3500円安の55900円〜56500円、灯油は同3200円安の53000円〜53600円と大きな修正安となった。灯油に関しては、季節的要因を考慮する場合、当限には割高感がなく、ガソリンは依然として、現物側に修正される必要性があるように思える。昨日のNYは、OPEC側から急落を懸念したコメントが入り、冬季需要期にかけた供給面からなる買いが入った様子。現在の在庫水準や暖房油の需要期入り時期を考えれば、慌てて買いに動く必要はないように考えられるが、60ドル〜62ドルというの狭いレンジにおける上値抵抗線を試しに行く展開に傾いてきた気配はある。ここ5営業日は60ドル割れを試しつつも、下げ止まり感を強める結果となっており、62ドル以上の水準から買える材料とタイミングを待っているかのよう。しかし、60ドルを支持線として固めつつある現在と同様に、62ドルラインを上抜けないのも事実で、今夜を含めた2営業日内あたりで上抜けないようであれば、再度60ドル割れを試す展開に移行する可能性は高いように思える。数日の国内相場では、ファンドが原油買いの製品売りに動いており、双方のサヤが縮小に向かう動きが続いている。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、水曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、先ベースでは灯油と原油が小幅値上がり、ガソリンは小幅に安く引けております。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より320円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、若干高い位置からの寄り付きスタート。前場スタートから、大きめのもみ合いから、小さくもみ合い幅を変えて横ばいを続けました。引け前は一押しして引け、終値前日比は−60円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の真横から右下にかけ、陰線を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、更に急激ペースで下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。昨日のシンポ、上鞘で寄り付き、今日も少し右下に位置し、短期の下降トレンドライン、今の所上限に綺麗に収まっています。各プログラムも新たな動きが徐々に出てきております。また、各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証して、引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、450円レンジ−60円、450円レンジ+270円、170円レンジ+90円。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 相場の売買においての売買方法は、いろんな考え方の下で何通りもの方法が考えられます。

相場とは、上がったり下がったりするものです。「安く買って、高く売り抜ける。」「高く売って、安く買い戻す。」その差益が利益になり、逆行すれば当然損失が出ます。

 例えば、相場が中短期的に下降期間にある時に何を基準で売ったり買ったりするのかというと、それは考え方によってマチマチです。下降期間の終盤と見て、「早い目に買いを入れる」というのもひとつの考え方ですし、下落基調が続いていると言う事で、今後も下がり続けるという予想のもとで更に売りを入れるというのもひとつの考え方です。
ただ、一番良くないであろう方法としては、次のパターンが考えられます。
仕込みタイミングの目安が、今回は早い目、今回は遅い目。今回はレンジ上限を抜けた所、今回はレンジ下限、などとバラバラに根拠なく仕込む方法。
仕切りの方は、今回は移動平均を基準に仕切り手仕舞い、今回は持ち玉に含み損が出ているからもう少し維持、今回は当日大きく逆行した動きになっているので投げ。などと、あまり利益を取る根拠としてはあたいしないランダムな理由で、つどバラバラな方法でやってしまうという事です。

システム売買や、プログラム売買などは、そういう事のない様にキチンと決め事での売買ができることを主旨に考えられています。
 出来るだけ同じパターンで、理に適った方法を設定し、キチンと売買する事が成功の近道だと思います。





                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月26日 火曜日17:30更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月26日(火)

9月25日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
60.55 60.25 62.15 59.32 61.45 +0.90
9月26日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:16) ※前日比
61.44 61.90 61.42 61.44 61.29 -0.01

25日のNYは反発。序盤はアラスカのプルドーベイ油田の生産再開が予想より早まるとの材料から、59.65ドルまで売り込まれた。しかし、60ドルを割り込んだラインから、売られ過ぎ感によるテクニカル的な買い戻しが活発となった上、OPECが生産枠の減産に動く思惑が浮上したことで、後場から上げ幅を拡大する展開となり、一時は62ドルを回復したが、引けにかけては戻り売りから割り込んで引けている。英国紙で、関係者筋の発言として、OPECが12月にナイジェリアで開かれる次期総会の前に減産で合意する可能性がある、と報じられたことが支援材料。

国内は反発。ガソリン4月限は1370円上ザヤの57300円で発会。大幅反発から、期先主導で上げ幅を縮小する展開となり、期先2本は安値引けしている。前日比110円〜420円高。灯油4月限は2070円下ザヤの53880円で発会。やや下ザヤ過ぎたか、他限月が上げ幅を縮小する中、4月限のみ上げ幅を拡大して引けている。本日は、NYの今後の動向を見守りたいとの様子見ムードが強く、NY高を素直に受けて買って出る筋も少なかった様子。前日比350円〜610円高。原油は大幅反発。狭いレンジ内での取引となった原油は、引けにかけて上げ幅を縮小し、期先2本が安値引け。期先2本が一時43000円を回復したが、5番月は維持できずに終えている。前日比170円〜930円高。

 昨晩のNYは、これまで指摘してきた60ドル〜62ドルレンジのどちらにも抜いて出るという値動きの大きい1日となった。結果的に、レンジ内に納まる反発となり、夜間もおおむね堅調だったが、国内は戻り売り有利の展開となった。下落を続ける原油価格に対し、OPECはリップサービスとも受け取れる減産示唆。冬季需要期前を控えた製油所の保守点検が始まることで、製品在庫の減少観測を強材料視する向きも見られた。また、点検とは別に、バレロ・コーバクリスティー製油所など3ヶ所で新たにトラブルが発生したとのこと。そして、これらの材料とは逆に、9月を終えると、大西洋のハリケーンシーズンが終わりを告げるため、今後は米国に直接的被害をもたらすハリケーンが発生する可能性はかなり低くなる。そして、ファンドの買玉の整理が急がれていること、景気後退による需要減退観測など、目新しい材料に欠ける中、OPECはやや警戒心を強め、実施されれば04年12月以来となる減産をほのめかす結果となった。トレンドが転換するには、これまでの下げ幅は十分過ぎるほどだが、季節的要因から言えば、日柄は残されており、やや揉み合いレンジに移行するか。いずれにせよ、昨日は60ドルという支持線、62ドルの抵抗線を共に強めたことで、このどちらかのラインを終値ベースで抜け出ると、勢いが増す可能性が以前より強まった気がします。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、ガソリン、灯油、シンポ発会で、原油は大き目の値上がりで、ガソリン灯油の3月限は小幅の値上がりで引けております。ガソリン灯油各Nプロは各9000円8000円幅を超える含み利益を抱えたまま、今日の段階では追撃中。その他プログラムは徐々に新たな動きが出てきております。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン3月限の値動きです。前日終値より760円高からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、高い位置からの寄り付きスタート。前場スタートから、下降気味のもみ合いで下降トレンドを描き、後場からもそれを引き継ぎ下降トレンドラインを描きながら下落。高い位置からの寄り付きから、引けでは小幅安で収まっています。終値前日比は+110円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。本日シンポ発会で昨日の足の右上に、大き目の陰線を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、更に急激ペースで下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。今日はシンポ発会で上鞘で寄り付き、短期の下降トレンドライン上限に綺麗に収まりました。高値寄り付き安値引けでおおよそ1000円幅の大陰線。引き続き今日も綺麗な位置に付けました。各プログラムも新たな動きが徐々に出てきております。また、各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証して、引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン3月限、灯油3月限、原油先限の順で、790円レンジ+110円、610円レンジ+610円、280円レンジ+760円。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


       
                  本日、このコーナーは休刊いたします。





                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME



2006年9月25日 月曜日17:00更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月25日(月)

9月22日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
61.59 61.71 62.26 60.19 60.55 -1.04
9月25日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:17) ※前日比
60.25 60.40 59.94 60.01 60.27 -0.54

22日のNYは大幅反落。主だった材料がない中、週末要因からなるポジション整理や潤沢な在庫水準を嫌気され、売り方優勢の展開。61ドルラインで揉み合いが続いたが、後場半ばに再度61ドルを割り込んだところからは売り勢力が増し、一時は安値で60.19ドルまで売り込まれた。冬季需要期を控え、留出油在庫が過去5年平均を約15%上回っており、9年ぶりの水準に達していることから、ヒーティングオイル期近は2月17日以来の水準に一段安となった。

国内は大幅反落。ガソリン当限は500円安の55070円で納会。他限月は期先主導で売られ、揉み合う展開が続いたが、引けに下げ幅し拡大し、期先は安値引け。前日比500円〜1690円安。灯油は当限が1280円安の52600円で納会。他限月も大幅反落となり、期先は引けに下げ幅を拡大し、安値近辺で引けている。前日比1280円〜1650円安。原油は当限を除く全限月が一時ストップ安まで売り込まれるなど、夜間の続落や円高が材料視された。結局、10月、2月限がストップ安で引け、期央は41000円台まで水準を切り下げている。

 OPECは11日の定例会を前にして、10月以降の生産枠を日量2800万バレルで据え置く方針を決めた。19日時点の建玉明細では、原油が前週比1万4522枚減の2万2498枚買い越し、改質ガソリンは同950万減の1万359枚買い越し、これまでの無鉛ガソリンは同4745増の3033枚売り越しに変化、ヒーティングオイルは6261枚減の1094枚買い越しとされた。本日の海上スポット価格は共に変わらずのガソリンが60400円〜61000円、灯油は57200円〜57800円。明日から当限の回る11月限のサヤは大きく、明日以降のサヤ滑りに注目したいところ。NYは一時的に60ドルを割り込んでおり、これまで指摘してきた60ドル〜62ドルレンジのどちらに抜いて出るかがポイント。週末には高値で62ドルを上抜いていたが、維持することができず、上値の重さを露にしただけに、今晩以降の通常取引で60ドルを試す展開が予想される。これまでの60ドルという下値支持線は、バスケット価格の大台割れ、またOPECによる減産が懸念として存在したため、心理的にも強力なラインではあった。しかし、生産枠を据え置く方針を固めた限り、これまでほどの抵抗力はないと考えられる。これまでの自律反発的な反発も非常に小さく、下値を切り下げてきたNY原油は、売られ過ぎ感を強めながら、下値を模索する週明けとなりそうである。本日、気象庁から発表された12月の気温予報では、北海道と東北地方が平年並みと平年より高い確率がともに40%、関東や近畿では平均気温が平年より高い確率が50%とされた。暖冬予報と受け取ってもいいレベルの予報となっており、北海道の暖房油消費開始時期が平年より遅れる見込みが強くなった場合には、NYが下落せずとも、灯油期近主導で一段安の可能性も出てくると考えています。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、月曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、大幅下落となり、引き続き今日段階ではチャート上は、かなり綺麗なラインでの推移となりました。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より1330円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、大幅に安い位置からの寄り付きスタート。前場スタートすぐでは一旦上昇を見せましたが、すぐに下降。前場いっぱいは緩やかな下落基調で推移。後場は横ばい気味に推移を続けましたが、後半は弱含み、安値で引けました。終値前日比は−1690円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右下に、上髭付きの陰線を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、更に急激ペースで下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。引き続き今日も綺麗な位置に付けました。各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証して、引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、620円レンジ−1690円、630円レンジ−1600円、290円レンジ−1200円ストップ安。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 私自身、若い頃から相場というものに興味があり、手掛けるようになり、更にこの世界で身をおくようになった訳ですが、結論から言いまして、「相場は奥が深い」というのが正直な感想です。

古くからお付き合いのある方には何度かそういうお話はした記憶がありますが、相場のヨミや売買方法などは、キチンと答えがあるものでもなく、幾通りもの考え方や方法があるということです。

そして1つ言える事は、してはいけない方法、理に適っていない売買方法をいち早く習得し、自分のトレードから排除するという作業が重要課題だという事です。そういう事もあり日々、物事を追求するという意識は、調子の良いとき悪い時にかかわらず、どういう場合であっても持っていなければ、身になる相場の売買はできないと、私は思っています。




                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月22日 金曜日17:00更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月22日(金)

9月21日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
60.74 60.81 61.80 60.65 61.59 +0.85
9月22日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:18) ※前日比
61.71 62.02 61.71 61.98 61.96 +0.39

21日のNYは反発。主だった材料のない中、テクニカル的な買いに支援された。後場からは揉み合う展開が続いたが、61ドルを割り込まなかったことが好感され、引けにかけては上げ幅を拡大した。イラク北部のキルーク油田からトルコ向けた輸送を再開。トタルのポートアーサー製油所で、定期点検が開始された。

国内は総じて反発して寄り付いたが、その後は油種間でマチマチの展開。ガソリンは納会を控えた当限がマイナスサイドに転じるなど、全体的に戻り売り有利となり、期先が上げ幅を縮小。結果、当限のみ続落し、他限月は期近中心に反発。前日比130円安〜350円高。灯油は当限が大幅続落となったが、需要期限月は底堅く推移し、上げ幅を拡大。逆に投機性の高い期先は上げ幅を縮小して終えている。前日比130円安〜350円高。原油は反発。夜間は続伸していたものの、伸び悩んでおり、円高要因と相殺した形。その為、前日のNY高のみを素直に受けた感じの商いとなった。前日比100円〜300円高。

 昨晩のNYは反発したものの、前日の高値を上抜けず、高値で前日の始値を僅かに上抜いたことで、はらみ線ともならなかった。昨日の反発は底を暗示する形成とは言えず、夜間は続伸している中、本日の国内は戻り売り有利の展開。NYは0.85ドル高だったが、前日の夜間で0.30ドル高程度は織り込み済み。それでも換算すれば300円前後高となったが、納会を週明けに控えた当限の軟調さが影響した様子。灯油は期近3本が前日に続いて一代安値を更新するなど、以前に指摘したように、在庫の潤沢さが嫌気されている。来週に関して、まずは気象庁が発表する季節予報が国内需給に関して大きなポイント。今晩のNYが続伸した場合には、底打ち感がそれなりに強まるが、国内の冬季気温が暖冬予報となれば、灯油の期近主導で売られる可能性は十分に考えられる。27日(米国時間)の在庫統計、28日(同)の米国第2四半期実質GDPや個人消費などにも需要面から関心が集まる。現在の夜間は62ドルラインに対して重い動きとなっており、昨日コメントしたように、60ドル〜62ドルレンジをどちらに抜けるかが来週の最大のポイントではないか。10月に入り、気温が下がり始めるが、その分、ハリケーンのピーク時も終わりを告げることになっていき、相殺するようであれば、冬季相場への移行はまだ先になる公算が高い。国内製品10月限の納会(アク抜けの可能性)と同時にNYが反発の兆しをみせるようであれば、売り方の手仕舞いが活発となることが予想されるだけに、国内は週明け25日、26日が注意日と見ています。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、金曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、小幅反発となりました。引き続き今日段階ではチャート上は、かなり綺麗に推移しています。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より520円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、少し高いの位置からの寄り付きスタート。前場スタートから10時30分前後まで一方的下落。その後は1時10分前後まで上昇。その後再び緩やかな下落で結果的には、場中、一直線の下降トレンドラインをたどってのもみ合い下落となりました。終値前日比は+100円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右上に、陰線を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、急激ペースで下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。引き続き今日も綺麗な位置に付けました。明日以降、更に上に飛び出てくれば、一旦のある程度の幅戻りもしくはもみ合いに入る可能性もあり、再び突っ込んでくれば、下落ペースは継続という可能性というようにはチャート上見えます。各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証して、引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、620円レンジ+100円、730円レンジ+80円、310円レンジ+240円。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 現在の石油相場は、まさに相場格言ではないですが、「もうはまだなり」的な動きで、下げ続けています。もう切り返すであろうという予想に反し、下げるというのも相場の特徴でもあります。それは下げるか上げるかと予想する場合の理由にもよります。一番よろしくないであろう予想の仕方で、「ここまで下げたんだから、いくらなんでももう下げないだろう。」という発想は、大きな損を食らってしまうひとつの原因でもあります。といっても、その予想もあたってしまう場合もあるわけで、相場の売買を長期にわたって行って、トータル利益をえていく為には、根拠のある理由のもと、予測を持続して、利益と損しつのバランスを保っていく事が重要だと考えています。



                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月21日 木曜日17:05更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月21日(木)

9月20日 NYMEX原油 11月限
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
62.17 62.17 62.34 60.61 60.74 -1.43
9月21日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:18) ※前日比
60.81 61.11 60.80 61.04 61.03 +0.30

20日のNYは大幅続落。この日発表された在庫統計で、製品在庫が予想を上回る結果となったことから、売り方優勢の商いとなった。EIA発表の在庫統計では、原油が前週比280万バレル減の3億2490万バレル、ガソリンは同60万バレル増の2億760万バレル、留出油は同410万バレル増の1億4870万バレルとされた。この日の原油相場は、序盤から底堅い動きを見せていたが、62ドルを上抜いて以降は買いが続かず、後場半ばから戻り売り有利の展開となった。

国内は大幅続落。ガソリンは納会を控えた当限が序盤下げ渋ったが、期央で55000円を割り込む大幅続落となり、一時は54000円を割り込む場面さえ見られた。前日比1110円〜1680円高。灯油は期近主導で大幅続落。納会を控えた当限が大きく売られ、期先は値頃の買いや売り方の買い戻しなどから下げ幅を縮小し、安値から離れて引けることになった。前日比880円〜1650円安。原油は当限が下げ渋るも、他限月は前日の値幅制限による下げ足りなさから大幅続落。前日比210円〜1780円安。

 本日発表された国内石油供給統計では、ガソリンが前週比3万1929kl減の199万3690kl、灯油は同15万8569kl増の479万456kl。灯油は輸出量が前週比5万3741kl増と、以前にお伝えしたように、タンクスペースの問題から、回転を効かす動きが見られ始めている。NY10月限は前日比1.20ドル安の60.46ドル、11月限は1.43ドル安の60.74ドルと僅かだが、サヤ滑りを見せた。昨日指摘していた12月限は同1.53ドル安と11月限以上にサヤ滑りを見せる結果となった。製品在庫の結果を受けた後も、しばらくはテクニカル的な買い戻しからおおむね堅調に推移していたが、62ドルを上回ったラインからは戻り売りが活発となった。8月8日高値77.45ドルから約17ドルの下落幅となっているNYは、地合いが悪く、65ドル回復には相当の勢力が必要と思われる。62ドルから売られた結果から、今後のポイントとして、上値抵抗線を62ドル、支持線を60ドルとして、どちらかに均衡が割れた場合において、商いが活発になる可能性が高いのではないか。昨日コメントしたOPEC関連筋の各コメントを見る限り、幾分の下げ幅は未だ歓迎的であり、リップサービスによる支援的行動は感じられなかった。また、減産に踏み切る場合、時期的に冬季需要期に向かっている分、判断には慎重さが求められる。本日の海上スポット価格は、ガソリンが前日比1900円安の61100円〜61760円、灯油は同1000円安の59700円〜60300円。共に依然として大きなサヤがあり、現物市況が追いつかない展開となっている。以前にお伝えしたが、25日の季節予報次第では、灯油の需給予想が大きく変化する可能性があり、納会を含め、25日が10月序盤に向けての重要なポイントとなりそうです。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、木曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、引き続き大幅下落で全面安の展開。引き続き今日もチャート上は、かなり綺麗に推移しています。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より1170円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、大幅安の位置からの寄り付きスタート。前場スタートから一旦下に行った後上昇で行って来い。後場は若干下降気味に横ばいでもみ合いました。終値前日比は-1110円。

 
日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右下に、少し上下髭のある小さな陽線を付けました。ほとんどクロスに見えます

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、急激に下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。引き続き今日も綺麗な位置に付けました。各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証しています。引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、830円レンジ−1110円、880円レンジ−880円、350円レンジ−1670円。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


                  本日、このコーナーは休刊いたします。



                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月20日 水曜日17:05更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月20日(水)

9月19日 NYMEX原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
63.80 63.85 64.46 61.55 61.66 -2.14
9月20日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) 16:16) ※前日比
61.70 61.82 61.60 61.76 61.47 +0.10

19日のNYは急落。石油商品に直接的な材料はなかったものの、この日発表された生産者物価指数や住宅着工件数が予想を下回る結果となったことから、景気後退からなる石油需要の減退観測が強まった様子。OPECのダウコル議長は、原油価格が短期的に下落した場合においては、OPECの生産枠を見直す必要はないだろう、とコメント。今週の在庫統計の事前予想は、原油が前週比160万バレル減、ガソリンは同10万バレル増、留出油は190万バレル増とされている。

国内は急反落。寄り付きから軒並みストップ安。製品は夜間の反発から外れる場面も見られたが、再度売られる展開。製品は当限を除く全限月がストップ安となり、明日以降、ガソリン期央限月が5万5000円を維持できるかどうかに関心が集まっている。原油は当限以外がストップ安となり、総じて4万5000円割れ。1200円の値幅制限が影響し、多くの売り注文を残して終える結果となった。

 リビア国営石油公社のガーネム総裁は、原油価格は60ドル前後の水準で推移し、40〜50ドルの水準にまで下落することはないだろう、とコメント。IEAのマンディル事務局長は、BPのサンダーホースの操業延期によって、OPECの原油需要は日量10万バレル引き上げられると指摘。OPECのバルキンド事務局長代行は、原油価格が今後大きく下落すれば、生産枠を検討する必要があるが、現在の水準では見直すことはない、とコメント。本日の海上スポット価格は、ガソリンが前週比変わらずの63000円〜63600円、灯油は200円高の59700円〜60300円。当限とのサヤはさらに拡大しており、25日の納会を控え、残り2営業日でいかなる調整となるか。NY当限は61.66ドルで終え、今晩が納会日。当限に回る11月限の終値は62.17ドルと、60ドル割れには下げ余地があるが、これを売り妙味と見ることができるかどうか。昨晩は僅かにサヤ滑りを見せているが、仮に今晩において、同じ動きが見られたとしても、冬季需要限月である12月限が寄せない限りは素直に売り込んでいくことにやや警戒心が強まる状況ではある。製品の不需要期にあたり、年初来最大の下落を演じている石油相場は、売られ過ぎ感を強めながらも60ドル割れを試し、日柄が稼がれるようであれば、冬季需要期に向けた取組に変化していくと見ています。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、水曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、大幅下落で先限全商はストップ安となりました。今日もチャート上は、かなり綺麗に推移しています。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より1800円ストップ安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、ストップ安の位置からの寄り付きスタート。前場スタートから一旦上昇で前場いっぱい横ばい気味にもみ合いました。後場は再度ストップ安の位置で張り付き、そのまま推移しました。終値前日比は-1800円ストップ安。

 日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右下に、少し上髭のあるストップ安の駒を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、急激に下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。昨日の上げからほぼ倍の幅を下に下り、今日も綺麗な位置に付けました。9月1日からの直線的な下降トレンドも日柄的に一方的下げは終盤付近の位置まで来ています。各プログラムは急激な戻り及び買い転換を慎重に検証しています。引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、200円レンジ−1800円ストップ安、160円レンジ−1800円ストップ安、張り付き円レンジ−1200円ストップ安。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 気候もすっかり秋の空気となってきた今日この頃です。女心と秋の空とよく言いますが、相場の世界はまさに年中秋の空的な動きをしています。昨日はあんなに上昇ムード一色で取引時間中もガンガンと値を切り上げていたものが、今日は一転して売り注文一色で大幅に下落してきているなどという動き、又逆もありますが、相場というものは、まさにそういうものでしょう。石油相場でも、過去に午前中ストップ高で、後場にストップ安などというようなこともありました。
そういう事からも、相場はその場の雰囲気に騙されてはいけないと言う事を常にしっかり踏まえていかなければなりません。内容をよく見て、大きな流れも把握しての、判断が重要です。



                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME


2006年9月19日 火曜日17:05更新    17:00〜:19:00更新 (月曜〜金曜) 

   

     相場雑感 
    

9月19日(火)

9月15日NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
63.22 63.45 63.66 62.03 63.33 +0.11
9月19日  NYMEX 原油
前日終値 始値 高値 安値 終値 前日比
63.33 63.49 64.45 62.85 63.80 +0.47
9月20日 NY原油夜間(日本時間)
    ※前日終値から本日15:30時点
始値 高値 安値 (15:30) (16:19) ※前日比
63.85 64.12 63.82 64.01 63.97 +0.21

15日のNYは当限のみ0.11ドル高と小反発したものの、他限月は小幅に続落。OPECは月報で、第4四半期の世界石油需要見通しを前回より日量30万バレル下方修正し、日量8560万バレルとした。世界的な経済成長の鈍化が主な理由となっており、それを踏まえた上で、留出油や天然ガス在庫の増加を引き続き弱材料視された。一時は62.03ドルまで売り込まれ、62ドル割れに抵抗を示すと急速な下げによる売られ過ぎ感から買い戻される展開。安値から1.30ドル戻して引けることになった。

18日のNYは続伸。メキシコ湾にあるBPの海洋採掘施設「サンダ―ホース」で新たな問題が見つかり、生産開始が08年半ばまでずれ込むとの発表を受け、買い方優勢の展開となった。ナイジェリアではストで停止していた原油輸出が再開。IEAのマンディル事務局長は、07年初めに市場で買い付けられない原油を生産しているようであれば、OPECによる減産の可能性がある、とコメント。  

国内は2日分の外電入力となり、先週末から計0.58ドル高を受けて大幅反発。ガソリン期先は一時6万円を回復する場面も見られたが、夜間の上げ渋りを背景に戻り売りも入り、維持できずに高値から離れて引けている。前日比930円〜1170円高。灯油は需要期限月が揃って6万円台となったが、高値圏で揉み合った後は、方向感の欠ける展開となった。前日比680円〜1120円高。原油は大幅反発となり、期近4本が揃って45000円台を回復。後場からは上値の重い展開となり、動意薄の商いが引けまで続いた。前日比400円〜870円高。

 週末のNYは0.11ドル高、週明けは0.47ドル高の計0.58ドル高。換算上は600円〜700円高。週末の安値62.03ドルからの切り返しを背景に、底を打ったとの見方が優勢に売り方の手仕舞いを急がせた状況。ただ、自律反発的な領域を抜けておらず、トレンドが変化したと受け取るには時期尚早と見る向きも少なくなかった様子。今週の在庫統計の事前予想は、原油が前週比160万バレル減、ガソリンは同40万バレル増、留出油は180万バレル増とされている。内容的には、原油の減少より、留出油の増加を材料視されると思われるが、この予想通りの結果となった場合においても、買われるようであれば、ファンド筋が上に向かおうとしている見方もできる。NY原油当限は20日に納会日を迎え、当限にまわる11月限は0.65ドル上ザヤの終値64.45ドル。納会前後に鮮明なサヤ滑りがない限り、65ドルを上抜くのに必要とされる勢力は、これまでより必要としない環境ではある。国内においては、本日に海上スポット価格が、ガソリンは前日比400円安の63000円〜63600円、灯油は同2200円安の59500円〜60100円。灯油は大きくサヤ寄せし、季節的要因を考慮すれば、現物が下げない限りは、当限の下げ幅は限定的な水準ではないか。



                                                   小西
                            
      

 
     
    トレンドライン日報

 本日、火曜日、商品先物取引市場、国内石油相場。今日の石油相場、大幅値上がりとなりました。現在までチャート上は、かなり綺麗に推移しています。ガソリン先限の位置関係は、後ほど日足チャートの欄でお話いたします。



 本日のガソリン先限の値動きです。前日終値より800円安からの寄り付きスタート。チャート(5分足)では、高い位置からの寄り付きスタート。前場スタートから緩やかな上昇トレンドラインを描き一旦上昇。後場からは横ばいで少し下降気味に推移しました。終値前日比は+930円。

 日足チャートガソリン先つなぎ。昨日の足の右上に、上髭のある陽線を付けました。

チャートの見た目は、8月8日の高値70790円を頂点に綺麗に下げて、8月18日まで下げ続けた後の反発の場面からレンジ内もみ合い状態で日柄を稼いだ後、9月4日に下抜け。完全にド短期下降トレンドを描いて、更に大幅下落してきています。更に中期のサポートラインも下抜け、急激に下げてきています。
チャート上、非常に綺麗に推移。各プログラムもほぼ方向どおりで大幅含み利益を抱えて追撃中。今日の上昇を一旦の単発戻りと見るか、一旦の戻りスタートなのか、もしくは上昇転換の始まりと見るかというところでしょうが。そのあたりのタイミングもプログラム検証中。引き続き上下両方向からを慎重に見ながら坦々とプログラムについて行きたいと思います。
 (チャートはあくまでも目安です。チャートのみでは、当社での売買はしておりません。あくまでもプログラムのみの売買です。目安の補足ということで、ご理解ください。コメントはあくまでも個人的観測です。)


 前日比とレンジは、ガソリン先限、灯油先限、原油先限の順で、610円レンジ+930円、650円レンジ+1120円、290円レンジ+840円。

  相場はトータルのものです。決してあせることなく考えましょう。
※バランスは正確に
無視してしまいがちですが、本来のバランスで。正確なタイミングとバランスは会員ページ要チェック。


相場の話総集編相場で利益を上げる方法相場攻略システムのご紹介などにもう一度目を通し、システム売買のあり方などを再認識して下さい。システム売買は、バランスとタイミングと継続力が命です。

                                                中西

                                        
                  



 商品先物取引という物を追究し、商品先物取引を理解し、常に商品先物取り引きと向き合い、疑問に思うことを一つ一つ解決していく事が重要です。また、日本トレンドラインでは、東京ガソリン、東京灯油、東京原油と、各性質性格が違いますので、日々プログラムは調整を続けております。基本理念としましては、「商品先物取引年間トータル利益」それと「誠実な人間性の向上」をテーマに日々活動を続けております。
                                      日本トレンドライン スタッフ一同
                   

                               「本日のコラム」


 株、為替、商品先物取引含め、各一般投資家は、最終的勝ち残る人口は過半数以下だと思います。それだけ機関投資家、価格を誘導でき安い機関、大手ファンドが一般投資家から利益を吸い上げているという構図は今も変らないからでしょう。
 そうだとすれば、一般投資家はどう対処し、望んでいけば、効率よく利益を上げる事が出来るでしょうか。

それは、やはりキチンとプランを組んで、それを忠実に、ケジメある売買を遂行する事ではないでしょうか。
先週お話した、バランス、ウエイト、タイミングの3点を予め設定し、ケジメある売買を行う。それが一般投資家の勝てる方法としては一番近いのではないかと思います。



                     やまもと いちろう


                 

   
  売買プランのご紹介 ※プログラムを使っての必勝売買プラン

            やまもといちろう の相場のお話 総集編


        なんでもご意見箱ご意見ご感想、リクエストなどあればお聞かせ下さい。

                 ↓暇なとき読んでください何回でも
             
             当社ホームページ「相場で利益を上げる方法」
相場攻略システムのご紹介|本日の相場観|過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME
    本日の相場観バックナンバー2003年4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                            2004年1月
2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
                      2005年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  
                      2006年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月