さて、このページをご覧の皆様は十人十色、色んな手法で日々相場に参加されていることと思います。中には今回初めて参加される方、または参加されて間もない方もいらっしゃるでしょう。
  
 皆様は、何故、何を目的として、相場に参加しているのでしょう? それは
利益を得るためではないでしょうか。利益が上がらない、まして、損が出るなんて事は考えてないはずです。最終的利益が上がってる人は、全体の何割ぐらいいるでしょうか。一時的に予想が的中し、多額の利益を上げたとしても、最終的には損失を出している人が大多数いるのではないか、と思うのですが、どうでしょう。もちろん、今現在順調に利益を上げ続けている人もいることと思いますが。
 
 相場とは、心理的に勝てるかどうかが、80%のウエイトで決定付けられます。不安な気持ちで相場に臨んでも、それでは勝てません。
勝てる方法を行うことによって、不安な気持ちもまた解消されるということです。


 今回、上手く行かない、どうしても最終的に勝てないという方のために、その原因と改善策をご一緒に考えて行きたいと思います。 
 

 勝てる人と負ける人、なぜ勝てる人の中に入れないのか?相場は勝てないもの?それは違います。

勝てない人の特徴(共通点)

  ・思い込みが激しい

  ・自分で調べる事をせず、読むものもキチンと読まずに把握しない。

  ・負けたものから目をそらし、また違うものに挑戦する。(原因追求をしない)

  ・計算が出来ない(資金配分、建て玉バランスがデタラメ)

  ・欲深いが利益を大事に考えない。

  ・感情的になりやすく、負けがかさむと冷静さを無くし、より一層デタラメをする。

  ・損が出ると早く取り戻そうとする。

  ・気持ちが逃げ腰だと余計に負ける。

 皆さんにも、身に覚えがあるのではないでしょうか。以上の項目は、誰しもが持ちえる事柄です。それらの要素を一つ一つ解決する為、以下の説明をよく読んで下さい。


 
今からいくつかの投資、投機においての失敗例をご紹介致します。


 
1,まだ上がると思ったので現状維持したが、下がり始めた。それを一時的な下げだと思い現状維持したが、さらに下げた。もう限界と思い損切りしたが切り返し上がってきた。

 2,自分の予想通り上がってきた。→上をつけた後、下降してきたので利食いした。→その後、また上がって前の上値を超えてしまった。「もう少し持っておけばよかった」と後悔したので、次回同じようなケースの場合、一時的に下降した場合でも耐えることにした。→ しかし仕込み値も割りどんどん損が増えるばかりで耐え切れなくなり損切りした。トータルではかなりの損となってしまった。

 3,昨年の同じ時期の安値を下回ったので買いを入れたが更に下落してしまった。結局いずれ戻るだろう これは安すぎる これ以上は下がらないだろう 明日は切り返すなどの偏った予想を立ててさらに下落、大損害。結局下落に耐え切れず損切り。

 4,予想的中、買い玉に含み益が出て、さらにまだ上昇傾向にあり。 そこでいつも大体仕込み数が決まっているのだが、これはチャンスだと思い、今の建て玉数と同じ枚数を更に買い仕込んだ。 しかし、そこから下げが始まり結局少しの下げでトータル負け結果となった。


 5,ファンダメンタル(心理的要因)で売買するのはあまりにもうまくいかないのでテクニカル(技術的)分析で売買することにした。しかし、勝ったり負けたりするので、負けそうに思う時はやらないようにし、勝てそうに思う時には多めに建て玉した。結果、予想に反し勝つと思ったら負けたり、負けると思って取引せずに取り損ねたりして、トータルでは結局損が出ている。



 これらは誰しも1度は経験した事だと思います。また今現在、失敗原因が分からずにマーケットに参加されている方がいるかも分かりません。
 


 これらの例の一つ一つの失敗が原因じゃなく、それをやり続けることが最大の失敗の原因なのです。予想が的中することがあります。その予想が当たり続ける、またはかなりの確率で的中する方は、何の問題もありません。しかし、多くの方は思うがまま、予想のまま、時には希望的観測のままにトレードされて、
利益の大半を失うか、もしくはそれ以上に多額の損失を出してしまうケースも少なくありません。

 ここで取上げた例の原因を考えてみましょう。最大の敗因は人間の感情にあると私達は考えています。相場は上がるか下がるか確率50%のはず。しかもニュースや市況、チャートなどをチェックした上で臨んでいるはずなのに、トータルでは大きく負け越してしまう。それは
感情が売買に悪影響を及ぼすからと考えています。


負ける原因 改善策
ルール、決め事が曖昧で行き当たりばったりの売買 定めたルールの中で売買を行う
           感情的な売買

 仕込みのタイミング
・市場の雰囲気で思いつき
・資金に余裕のある時は普段より多めに仕込む
 
 手仕舞い 
・市場の雰囲気で思いつき
・目標値まで到達したが、欲を出して仕切らない
 
 損切り 
精神的、金銭的に余裕を持って売買していない
・損をしたくないという感情からや
 期待だけが膨らみ、損切りが遅れる

 値頃感
・安いと思うから買う、高いと思うから売る
         機械的な売買

・仕込み、手仕舞いタイミング,
 損切り(ストップロス)など
全て事前に
 設定。(テクニカル分析、統計学など用いて)
・ルールの中で売買枚数(投資単位)も
 同一に売買プランとして設定、心理的要因
 に惑わされず、強い信
念で坦々と積み重ね、
 トータル利益を重視する。


  上記の表の項目が我々の見解であります。この内容こそが勝てる方法だと考えております。
さて、改善策と言いましても、そうする為にはどうすれば良いのでしょう。それは、上記の事を理解した上で、後はいかに優れたルールを作るか、それが最大のポイントとなります。相場に関しては、いくつかの手法や理論など数々の参考に出来るものがありますが、それを1から勉強して自分で作っていくしかないのです。

  日本トレンドラインでは、その全てを独自で作り上げて参りました。当社プログラムでは感情的な部分をすべて排除し、勝率や利益額をあらかじめ設定した上で、勝敗に関わらず毎回同じ様に坦々と機械的にトレードをすることにより、安定的な利益を上げることに成功致しました。もちろん売買に関しては徹底的に銘柄研究、相場の癖、過去の値動き、波動など、ありとあらゆるデータ及び手法を盛り込んで、完成されたコンピュータプログラムによって出された売買サインに従ってトレードしております。問題は、それに基づき、正しいトレード方法(ルール作り)で、確実に利益を上げること。マーケットに振り回されず、確実に勝ち残ること。それが一番肝心な事です。


  その一部を公開することにより、皆様の参考になればと思います。 

           

相場攻略システムのご紹介|本日の相場観過去の成績利益を上げる方法|売買プランのご紹介|相場のお話|デモ画面
HOME 次へ→